makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。
自己紹介:http://taromakino.blog.jp/self-introduciton.html
最初にお読み下さい:http://taromakino.blog.jp/archives/1063987603.html
ホームページ:http://www.aesthetic-surgery.tokyo
診療スケジュール:http://www.aesthetic-surgery.tokyo/taro-makino-schedule
Facebook:https://www.facebook.com/taromakinoprs/

学会出張などで不在の時もございますので、診察をご希望の方は下記クリニックへお問い合わせいただき、ご予約をお願い致します。
大分:主に月〜水曜日に診察しています。
   牧野皮ふ科形成外科内科(大分市) 美容外科サイトhttp://biyougeka-m.com 
診察スケジュールはサイトの下部のカレンダーを参照ください。
   〒870-0161 大分県大分市明野東2-32-27 TEL:097-558-6588
   診察時間:平日 9:00~12:30 / 14:00~18:00 (部分予約制)
福岡:主に木〜日曜日に診察しています。
   清美会クリニック(福岡市)http://athena-fukuoka.com
   〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-18 BROOM Fukuokaビル 3階 
   TEL:0120-969-263 診察時間:11:00~20:00 (完全予約制)
   ゆめビューティークリニック(久留米市)http://www.yumebeauty.com
   〒839-0865 福岡県久留米市新合川1-3-30 ゆめタウン久留米内 
   TEL:0120-313-170 診察時間:11:00~19:00 (完全予約制) 
27 9月

人工甘味料は肥満に寄与する

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診察です。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

最近、人工甘味料が肥満の原因となり得るという報告がなされました。
(くわしくはこちら
人工甘味料サッカリン等には腸内細菌のバランスを乱し、血糖値が下がり難い状態をつくる原因になり得り、糖尿病や肥満の原因になる可能性があるということで、実際に人工甘味料を日常的に使っている人の方が使用していない人に比べ、体重も重く血糖値も高いことが判明したということです。

9397036456_ba8f721184_z

ダイエットには腸の働きは非常に大切ですので、腸内細菌叢が乱れてしまうのは好ましくありません。

実は最近私も体重が増えてしまいまして、頑張ってダイエット中です。
思い返してみると太り始めた時期からカロリーゼロのダイエット飲料を飲み始めており、関連性があるかもしれません。早速飲むのを辞めようと思います。

どうしても痩せにくいとお悩みになっている方は思い切って、カロリーゼロの人工甘味料入り飲料を辞めて、人工甘味料フリーの飲料に変えてみたらいかがでしょうか。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

26 9月

たくさんとっても良い脂質

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診察です。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

最近の抗加齢医学では糖質制限食、低炭水化物食が注目を集めています。
NHKでも特集されています。
(詳しくはこちら
糖質制限食の理論は、インスリンを抑えることにより、脂肪が増えにくくなります。また、たんぱく質を多く食べると、早く満腹感が得られたり、エネルギー消費が上がるので痩せやすくなるのです。

糖質制限食の方法は1回の食事の糖質の量は20~40グラム以内にします。お茶わん半分のごはんの糖質が約27グラムなので、残りはおかずから摂取するようにします。
 
糖質が高いものはごはんやパン、麺類などの主食、砂糖やチョコレートなどの糖類は糖質が高く、肉や魚、乳製品は糖質が低いため、安心して食べる事が出来ます。

野菜の多くは糖質が低いです。しかし、見落としがちなのが、根菜類(れんこん、人参、じゃがいも、玉ねぎ)、カボチャや甘いトマトなども糖質が高いので注意です。

お酒ではビール、日本酒などの醸造酒が糖質が多いのでダメです。焼酎、ウィスキーなどの蒸留酒は糖質を含みません。ワインは醸造酒ですが、比較的糖質が少ないので、1~2杯楽しむ程度に飲む分には問題ありません。

最近、低炭水化物食では、カロリーを脂質から採取しますが、脂質の種類が大事だと述べています。
間違った脂質を取ると、血中脂質を悪化させ、死亡リスクを増加させる高脂肪食につながる恐れがあるということです。

炭水化物10gを総脂質または飽和脂肪酸へ置き換えると、全死因死亡リスクが増加を認めました。一方、一価不飽和脂肪酸に置き換えるとリスクは低下しました。心血管系疾患の死亡リスクは、炭水化物を飽和脂肪酸または多価不飽和脂肪酸に置換した場合に増加しました。炭水化物を総脂質または一価不飽和脂肪酸に置換した場合、5年間で体重が減少していた。一価不飽和脂肪酸は有意な減少を示しました。
一価不飽和脂肪酸はオリーブ油(オレイン酸)、ナタネ油(エルカ酸)に多く含まれます。
多価不飽和脂肪酸は魚の油に多く含まれるIPA(イコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)が代表的で、えごま油やなたね油などに含まれるα-リノレン酸もこの仲間です。

これまで多価不飽和脂肪酸も身体に良いと思っていたのですが、取り過ぎは良くないのことが分かりました。たくさん油を取る場合はオリーブ油などで取りましょう。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 美容外科手術を契機に禁煙が増加、アメリカ
  • 鼻形成術ライブサージェリー、国際美容外科学会ウェブセミナー
  • 鼻形成術ライブサージェリー、国際美容外科学会ウェブセミナー
  • 鼻形成術ライブサージェリー、国際美容外科学会ウェブセミナー
  • SHARE リラクラニオフェイシャルクリニック、東京
  • SHARE リラクラニオフェイシャルクリニック、東京
  • ボディペインティングによる解剖指導、ブラジル
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • 鼻尖縮小術・鼻孔縁下降術のパーツモニターさま 術後1ヶ月
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索