makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。
自己紹介:http://taromakino.blog.jp/self-introduciton.html
最初にお読み下さい:http://taromakino.blog.jp/archives/1063987603.html
ホームページ:http://www.aesthetic-surgery.tokyo
診療スケジュール:http://www.aesthetic-surgery.tokyo/taro-makino-schedule
Facebook:https://www.facebook.com/taromakinoprs/

学会出張などで不在の時もございますので、診察をご希望の方は下記クリニックへお問い合わせいただき、ご予約をお願い致します。
大分:主に月〜水曜日に診察しています。
   牧野皮ふ科形成外科内科(大分市) 美容外科サイトhttp://biyougeka-m.com 
診察スケジュールはサイトの下部のカレンダーを参照ください。
   〒870-0161 大分県大分市明野東2-32-27 TEL:097-558-6588
   診察時間:平日 9:00~12:30 / 14:00~18:00 (部分予約制)
福岡:主に木〜日曜日に診察しています。
   清美会クリニック(福岡市)http://athena-fukuoka.com
   〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-18 BROOM Fukuokaビル 3階 
   TEL:0120-969-263 診察時間:11:00~20:00 (完全予約制)
15 1月

乳輪乳頭をタトゥーで作成、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
ミラドライ、シミ治療、保険診療などが有ります。
頑張ります。

先日、乳輪乳頭をタトゥーで作成するというニュースがありました。

Delaware online "'Penn tattoo artist creates 3D nipples, closure for survivors"
2017年10月9日
(くわしくはこちら

11
(注:この写真は動画でありません。まぎらわしくてすいませんm(_ _)m)

フィラデルフィアのPerelman Centerでは院内にタトゥーアーティストを雇っていて、アイラインや眉毛、傷跡を目立たなくするタトゥーを行っています。

最近では乳がん術後の再建乳房に乳輪乳頭をタトゥーで作成されています。
そこで使われる技術がだまし絵のもので、平面の絵を立体的に錯覚させます。これを3D タトゥーと呼ばれているようです。

記事出ているタトゥーアーティストのMandy Saulerはペンシルベニア州ダウニングタウンの母親のタトゥーショップで育ち、14歳で彼女は最初のタトゥーの施術を行いました。その後、タトゥーアーティストの資格を取り、20代半ばで、彼女は彼女のお金のすべてを使ってフロリダに飛び、美容タトゥーアーティストと一緒に訓練しました。その後、彼女は2つの診療所でアイライナー、眉毛、唇、傷跡のカモフラージュ、乳頭と乳首の刺青を始めました。

3Dタトゥーは最初に最も暗い色で円を塗りつぶし、明るい色のレイヤーを追加して3D効果を得ます。色々な色を混ぜ合わせ、陰影をつけていきます。時間は30分で、再建乳房は知覚がないので、痛みなく終えることが出来ます。

Saulerの治療費は350ドルから700ドルになります。保険の支払いも徐々に認められてきているようです。
 
アメリカでも医学タトゥーの多くはエステシャンが行うことが多いようですが、今回の記事のようにタトゥーアーティストが行うのは珍しいようです。

日本でも先日の日本美容外科学会(JSAPS)で、同様の発表があり、少しずつ始まってきているようです。
患者さまの選択肢が広がることは良いことですので、今後の広まってくれば良いですね。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
14 1月

第131回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会、東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
経過診察、カウンセリングがあります。
ご期待に添えるように頑張ります。

昨日は東京で行われた日本美容外科学会(JSAPS)に参加してきました。
IMG_1837

今回の学術集会の会長は自治医科大学の吉村浩太郎先生です。
脂肪幹細胞移植で世界的権威ですので、今回の学会の招待演者がとても豪華でした。

中でもアメリカのTimothy Marten先生は現在のフェイスリフトのNo1美容外科医と呼ばれています。
IMG_1839

Timothy Marten先生
IMG_1838

非常にわかりやすい講演で、Martenの教科書を読んだ時の疑問が全て解決されました。
私もフェイスリフトについてはこだわりがありますので、さらにこだわっていきたいと思います。

2016年11月16日 学会発表:フェイスリフトにおける脂肪処理の有用性
2017年9月7日 学会発表準備 その1 フェイスリフト切開線の工夫
2017年9月8日 学会発表準備 その2 Fat compartment理論に基づいたフェイスリフト

鼻のセッションも
リラクラニオフェイシャルの菅原康志先生、リッツ美容外科の広比利次先生、韓国のJae-Yong Jeong先生など豪華なラインナップでした。とても勉強になりました。

夜は国際美容外科学会(ISAPS)日本支部の新年会です。4年前から毎年参加しています。
IMG_1840

重鎮の先生たちからいろいろなお話が聞けて勉強になりました。
 
得られた知見を診療に還元してまいりたいと思います。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


ギャラリー
  • 妊娠中の美容治療に対する見解、アメリカ
  • 大学の後輩が麻酔をかけに来てくれました
  • 個人ホームページのブログも時々更新します。そちらもチェックしてみて下さい(^^)
  • 頬骨骨切り術(アーチインフラクチャー)のパーツモニターさま 術後6ヶ月
  • 乳輪乳頭をタトゥーで作成、アメリカ
  • 第131回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会、東京
  • 第131回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会、東京
  • 第131回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会、東京
  • 第131回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会、東京
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索