makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。
自己紹介:http://taromakino.blog.jp/self-introduciton.html
最初にお読み下さい:http://taromakino.blog.jp/archives/1063987603.html
クリニックホームページ・診療スケジュール:https://makino-cosmetic-surgery.com
Facebook:https://www.facebook.com/taromakinoprs/
オンライン診療 牧野医院ページ https://clinics.medley.life/clinics/59a4c9479441f10088ac00c5
オンライン診療について http://taromakino.blog.jp/archives/1071954679.html

学会出張などで不在の時もございますので、診察をご希望の方は下記クリニックへお問い合わせいただき、ご予約をお願い致します。
大分:牧野皮ふ科形成外科内科(大分)月曜〜水曜日勤務
・美容外科サイトhttp://biyougeka-m.com 
   ・診察スケジュールはサイトのカレンダーを参照ください。
   ・〒870-0161 大分県大分市明野東2-32-27 
   ・TEL:097-558-6588
   ・診察時間:平日 9:00~12:30 / 14:00~18:00 (部分予約制)
福岡:牧野美容クリニック(福岡)木曜〜日曜日、祝日勤務
   ・https://makino-cosmetic-surgery.com
   ・診察スケジュールはサイトのカレンダーを参照ください。
   ・〒812-0039 福岡県福岡市博多区冷泉町2番12号 
    ノアーズアーク博多祇園3F
   ・TEL:092-710-5440
   ・診察時間:10:00~18:00 (完全予約制)
23 5月

引き上げ効果の高いスレッドリフト ミントリフト

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療でした。

今回、大分のクリニックでミントリフトを開始します。
MINT LIFT001

ミントリフトは吸収する糸で頬を持ち上げるスレッドリフトの一種です。
従来のスレッドリフトと異なる点は糸の棘(とげ)の大きさです。
MINT LIFT002
左の図がミントリフトですが、棘の大きさが違うのは一目瞭然です。

具体的に図で比較すると
MINT LIFT004
上記の従来のスレッドリフトは糸に切れ目をいれてあるので、その分強度が弱かったのですが、ミントリフトは糸に棘を接着させているので糸の強度は非常に強く、棘も硬いです。

また吸収性の糸を用いていますが、とても太いために吸収に時間がかかりますので、その間に組織が癒着を起こし、後戻りが少なくなります。
下記のように60日経っても、糸は形態を維持しています。
MINT LIFT003

当院ではミントリフト(片側5本ずつ計10本)を300000円で行います。

現在、手術モニターを募集しております。
目隠しモニターで150000円で施術を行います。手術後定期的に通院していただき、写真を撮らせていただきます。ご希望の方は大分までお問い合わせ下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

22 5月

プロフェッショナルとしての責任 主治医制の大切さ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は鳥栖、福岡で診療でした。

本日は主治医制についてお話をします。

主治医とはメインで治療を行う医師のことで、主治医制とは患者一人を治療する医師は主に一人で診るという体制のことを指します。これは保険診療では、他に数人で治療に当たるチーム制などありますが、一般的に行われているやり方です。

しかし美容クリニックの場合、主治医制は意外と少なく、かと言ってチーム制はほとんどなく、日替わりドクター制といっても過言ではない外来勤務医制ともいうべき体制が結構あります。

説明するドクターと治療するドクター、経過を診るドクターが違うとやはり治療を受ける患者さまとしては不安になってしまうような気がします。

5815431626_4621b8a8ba_z
患者さまにとっては、治療経過に主治医が責任をもつという態度は安心感があると思いますし、なにかトラブルが起きた時は治療経過を知っている主治医が最も適切な対応ができると思います。
一方、主治医にとっても、治療経過から学ぶことは医師の経験として蓄積されていきます。

私の場合、前勤務先であったリッツ美容外科では主治医制できちんと教育・指導を受けてきましたので、振り返ってみて本当に良かったと感じています。

今後も主治医制を貫いていきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 第1回日本抗加齢医学会  九州地方会 学術集会、福岡
  • 質問にお答えします(▰˘◡˘▰) 鼻中隔延長術の誤解
  • 質問にお答えします(▰˘◡˘▰) 鼻中隔延長術の誤解
  • フェイスリフト、ネックリフト、脂肪吸引、鼻尖縮小術 術後6ヶ月
  • 顎のヒアルロン酸のパーツモニターさま
  • 顎のヒアルロン酸のパーツモニターさま
  • 鼻中隔延長術のパーツモニターさま 術後8ヶ月
  • 鼻中隔延長術のパーツモニターさま 術後8ヶ月
  • 後輩の先生が見学に来ました(^^)
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索