makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。
自己紹介:http://taromakino.blog.jp/self-introduciton.html
最初にお読み下さい:http://taromakino.blog.jp/archives/1063987603.html
ホームページ:http://www.aesthetic-surgery.tokyo
診療スケジュール:http://www.aesthetic-surgery.tokyo/taro-makino-schedule
Facebook:https://www.facebook.com/taromakinoprs/

学会出張などで不在の時もございますので、診察をご希望の方は下記クリニックへお問い合わせいただき、ご予約をお願い致します。
大分:主に月曜日と火曜日に診察しています。
   診察スケジュールはhttp://biyougeka-m.comの下部のカレンダーを参照ください。
   牧野皮ふ科形成外科内科(大分市) 美容外科サイトhttp://biyougeka-m.com 診察スケジュールはサイトの下部のカレンダーを参照ください。
   〒870-0161 大分県大分市明野東2-32-27 TEL:097-558-6588
   診察時間:平日 9:00~12:30 / 14:00~18:00 (部分予約制)
東京:主に水曜日と木曜日に診療しています。
   水曜日は手術日で木曜日が外来日になります。
   クリニカ市ヶ谷(東京都千代田区) http://clinica-ichigaya.com
   〒102-0074 東京都千代田区九段南4-3-9  TEL 03-3237-8661
   診療時間: 9:30~17:00 (完全予約制) 
福岡:主に木曜日から日曜日に診察しています。
   清美会クリニック(福岡市)http://athena-fukuoka.com
   〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-1-18 BROOM Fukuokaビル 3階 
   TEL:0120-969-263 診察時間:11:00~20:00 (完全予約制)
   ゆめビューティークリニック(久留米市)http://www.yumebeauty.com
   〒839-0865 福岡県久留米市新合川1-3-30 ゆめタウン久留米内 
   TEL:0120-313-170 診察時間:11:00~19:00 (完全予約制) 
2 6月

鼻中隔延長術・隆鼻術・鼻翼縮小術・鼻翼挙上術・頬アゴ脂肪吸引のパーツモニターさま 術後5ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。

本日は鼻中隔延長術・隆鼻術・鼻翼縮小術・鼻翼挙上術・頬アゴ脂肪吸引のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは20代女性で、鼻の低さ、鼻先の丸み、アップノーズを気にされていました。
鼻筋を少し高くするために隆鼻術、鼻先を細く高くするために鼻中隔延長術、小鼻の調整目的に鼻翼縮小術・鼻翼挙上術、加えてフェイスラインの脂肪吸引を行いました。

今回の患者さまの術後1ヶ月は以前ご紹介しました。
(くわしくはこちら

左:術前、右:術後5ヶ月 全体像
鼻中隔延長 鼻翼挙上 鼻翼縮小 鼻プロ 全体5ヶ月

左:術前、右:術後5ヶ月 拡大像
鼻中隔延長 鼻翼挙上 鼻翼縮小 鼻プロ 拡大5ヶ月

 
術後5ヶ月なのでほぼ完成です。
脂肪吸引は少し効果が弱かったので、ご本人と相談して再手術を行っています。
その結果はまた次回お伝えいたします。

鼻中隔延長術を始め、鼻の手術は経験が重要です。
私は鼻中隔延長術を始め、鼻尖縮小、鼻翼縮小、鼻骨骨切り術などたくさん経験していますので、ご希望の方はぜひご相談ください。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

31 5月

性同一性障害の手術増加傾向、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
保険診療、カウンセリングなどがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、性同一性障害の手術についての報告がありました。

USA today " Gender confirmation surgeries on the rise shows report by American Society of Plastic Surgeons "
2017年5月22日
(くわしくはこちら
636310350298521199-GettyImages-71205638

アメリカ形成外科学会によると、近年、アメリカでは性同一性障害の手術が増加しているとのことです。
具体的には2015年から2016年にかけて手術件数は20%増加して、およそ2300件になりました。

シカゴの形成外科専門医のLoren Schechterは全ての性同一性障害の手術、顔、乳房、胸壁、性別手術が増加しているということです。
治療には一つの科ではすべては解決できず、例えば内分泌科、泌尿器科、精神科医など情緒面でのサポートも必要です。

アッカーマン研究所の臨床心理士のFandi Kaufmanによると、性同一性障害の手術が増加している背景は、メディアにトランスジェンダーの出演が増えたことや保険でのカバーが増えたことが影響していると述べています。
「過去にトランスジェンダーに対して多くの差別や暴力、ヘイトクライムが行われてきましたが、たくさんの前向きなロールモデルが現れたことにより、徐々に社会的に認められるようになりました。」

臨床心理士のMichael Hendricksは性別適合手術をカバーするための保険ポリシーが必要だと指摘します。
「保険の限られた財源の中で、現在では基本的な手術しかカバーされていません。そのため、性同一性障害の患者は前もって基金などを募って手術をしています。」

一方でトランスジェンダーが性別適合手術を受けたかどうかについては注意を払わなければなりません。たとえ手術を受けたとしても、彼らの友人や家族に聞いてはいけません。中には手術を受けたくない者もいますので、手術を受けたかどうかで彼らを判断することになるからです。

Schechterは今後、性別適合手術が増えていくかどうかわからないが、思春期前に治療を開始することで手術を減らしていくことは可能だと述べています。
「思春期前に性ホルモンを抑える薬を投与するなど、早期治療を開始することによって、二次性徴による身体的変化を防ぐことが出き、手術を減らすことができる。」と言っています。

福岡・久留米のクリニックでは全国から性同一性障害(GID)のFemale to Male (FtM)の患者さまがいらっしゃいます。多くは20代の患者さまで、若いときから身体的変化に悩んで、手術を決心された気持ちが伝わってきます。

多くの方が性同一性障害について理解を深め、早期診断、早期治療につながればと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
ギャラリー
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後7ヶ月
  • 日本顎変形症学会 第13回教育研修会、東京
  • 日本顎変形症学会 第13回教育研修会、東京
  • 日本顎変形症学会 第13回教育研修会、東京
  • 鼻のライブサージャリー、SHARE、東京
  • 鼻のライブサージャリー、SHARE、東京
  • 乳房切断、乳輪乳頭移植術の患者さま 術後5ヶ月 性同一性障害
  • 乳房インプラントと癌の発見との関係、アメリカ
  • 乳房インプラントと癌の発見との関係、アメリカ
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索