こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診察です。

本日はいろいろな手術の相談が入っています。
顔から身体まで幅広いニーズが求められています。頑張ります。

先日、形成外科・美容外科系の学術誌であるPEPARS(ペパーズ)の2014年3月の特集号に私の論文が掲載されました。

PEPARS 眼瞼の美容外科手術手技アトラス
PEPARS SMK001

そうそうたる執筆陣の中に混ぜていただきました。
PEPARS SMK002

今回は眼瞼の美容外科手術の特集です。
私は固定力が強く、緩みにくい埋没法について述べました。

PEPARS SMK003

この方法はリッツ美容外科の広比利次先生が考案した方法で、すでに論文になっています。
今回は写真を用いて方法を解説しています。
この方法は難易度が高い方法で、他の美容外科医から敬遠されがちですが、ラインが緩みにくく、左右差が出にくい方法で、私は現在、この方法以外の埋没法はやりたくないくらい気に入っています。

この方法の利点はいろいろあります。
1.緩みにくい:3年間で外れる可能性は1%以下です。ラインがとれやすいという埋没法の最大の欠点を克服しています。
2.左右差が出にくい:4ヶ所の穴をあけるのですが、それぞれで左右の幅を合わせるので、ラインも左右対称になります。特に目頭部分は重要で、平行型や末広型の形を合わせることができます。ただし、蒙古襞の左右差が強い人は目頭切開を併用する必要があります。
3.目頭から目尻まで均一にラインが出る:長くとめるので、二重が均一に食い込んで自然です。中央だけとめる方法は目頭と目尻のラインが浅くなることがあり、不自然と思います。

欠点は
1.直後の腫れ:巷の腫れない埋没法は、簡単な留め方をしているため緩みやすいです。本法の直後は少し腫れますが、4〜5日後からはあまり気にならなくなります。緩みやすい方法を何回もするより、多少腫れる方法で1回で終わらせる方が患者さまにとって負担が少ないと思います。
2.糸を取り出しにくい:多少、時間はかかりますが、取り出すことは可能ですのでご安心下さい。ただし、時間がたってしまうと二重ラインと埋没糸の位置が一致しないことがあり、取り出すのは困難になります。

緩みにくい、取れにくい、外れにくい、切らない、ラインがきれいに出る、左右対称な二重埋没法をご希望でしたら、どうぞご相談下さいね。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診察です。

本日はいろいろな手術の相談が入っています。
顔から身体まで幅広いニーズが求められています。頑張ります。

先日、形成外科・美容外科系の学術誌であるPEPARS(ペパーズ)の2014年3月の特集号に私の論文が掲載されました。

PEPARS 眼瞼の美容外科手術手技アトラス
PEPARS SMK001

そうそうたる執筆陣の中に混ぜていただきました。

PEPARS SMK002

今回は眼瞼の手術の特集です。
私は固定力が強く、緩みにくい埋没法を述べました。

PEPARS SMK003

この方法はリッツ美容外科の広比利次先生が考案した方法で、すでに論文になっています。
今回は写真を用いて方法を解説しています。
この方法は難易度が高い方法で、他の美容外科医から敬遠されがちですが、ラインが緩みにくく、左右差が出にくい方法で、私は現在、この方法以外の埋没法はやりたくないくらい気に入っています。

この方法の利点はいろいろあります。
1.緩みにくい:3年間で外れる可能性は1%以下です。埋没法の最大の欠点を克服しています。
2.左右差が出にくい:4ヶ所の穴をあけるのですが、それぞれで左右の幅を合わせるので、ラインも左右対称になります。特に目頭部分は重要で、平行型や末広型の形を合わせることができます。ただし、蒙古襞の左右差が強い人は目頭切開を併用する必要があります。
3.目頭から目尻まで均一にラインが出る:長くとめるので、二重が均一に食い込んで自然です。中央だけとめる方法は目頭と目尻のラインが浅くなることがあり、不自然です。

欠点は
1.直後の腫れ:巷の腫れない埋没法は、簡単な留め方をしているため緩みやすいです。直後は少し腫れますが、4〜5日後からは気にならなくなります。緩みやすい方法でも何回もするより、多少腫れる方法でも1回で終わらせる方が私はいいと思います。
2.糸を取り出しにくい:多少、時間はかかりますが、取り出すことは可能ですのでご安心下さい。ただし、時間がたってしまうと難しくなります。

緩みにくい、取れにくい、外れにくい、切らない、ラインがきれいに出る、左右対称な埋没法をご希望でしたら、どうぞご相談下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。