こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

本日は娘のお食い初めを行いました。

お食い初めは新生児が入試が生え始める生後100日ごろに「一生涯、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をする真似をさせる儀式だそうです。
私は初めて知りました。

伝統的には鯛など尾頭(おかしら)つきの魚および、赤飯・焚き物・香の物・紅白の餅のほか、吸う力が強くなるようにとの考えから吸い物、歯が丈夫になるようにとの考えから歯固め石が供されるようです。
我が家では簡略化して鯛の尾頭付きと赤飯、吸い物を用意しました。
お食い初め001

健康で丈夫に育って欲しいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。