こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

本日は埋没法のパーツモニターさまをご紹介します。

以前にも述べましたが、二重埋没法はクリニック毎にやり方が異なります。当然、腫れやラインの完成度、二重を維持する固定力などは方法によって変わってきます。

私は以前にも述べましたがMultiple Knot法を行っています。
(くわしくはこちらのブログ
利点欠点など記載していますのでご参考下さい。

まずは術直後の腫れの状態をご紹介します。
上:術前、下:術直後
埋没法 術直後

幅広めの平行型をご希望されました。
長くしっかりと留めるので、目頭目尻までしっかりとラインが出て、左右差が生じにくいです。

腫れについては長くとめるため、麻酔量が少し多いのと、循環が妨げられるため、簡単な留め方に比べると腫れます。しかしながら、運悪く内出血が起きなければ写真ぐらいの腫れです。

今回のモニターさまは他院の糸が皮膚から透けて見えていたので全部とったのでその分少し腫れが加わっていますが、この程度の腫れです。腫れは直後か翌朝がピークですので、過剰に心配する必要はありません。

実はこのモニターさまは福岡のクリニックのスタッフです。
一般的にスタッフが受ける治療というのは本当に良い治療であることが多く、Multiple Knot法もお勧めですよ。

二重埋没法をご希望の方はどちらのクリニックでもやっていますのでお問い合わせください。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。