こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。

本日は下眼瞼下制術(垂れ目形成術、グラマラスライン形成術)の戻し修正のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまはつり目が嫌で、前医で垂れ目形成術を受けたのですが、ご家族の反対によって戻したいと訴えて来院されました。簡単に戻せないことをお伝えしたのですが、少しでもいいから戻したいと強く希望されました。

下眼瞼は支持が弱く、下げるのは簡単ですが、上げるは難しい部位になります。

左右対称に戻らないかもしれないこと、満足なレベルまで戻せないかもしれないことを了承頂き手術を行いました。

上:術前、下:術後1ヶ月
下眼瞼下制術


術前よりも引き上げることはできましたが、元の状態までは戻りませんでした。

下眼瞼下制術(垂れ目形成術)の修正は難しいので、初回手術で適度なレベルに留めておくことが重要です。

下眼瞼下制術(垂れ目形成術)、またはその修正をご希望の方はご受診下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。