こんにちは。牧野太郎です。

近年、慰安婦問題は日韓の政治に影を落としている大問題です。
実はこの問題の発端は朝日新聞の報道がきっかけとなっています。
dd59119b
すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」– 2014/1/15 山際澄夫 (著)
 
驚くべきことに韓国から慰安婦問題について避難される事態となっている根拠は朝日新聞の記事だけなのです。

その大問題の記事について朝日新聞は30年も頑なにまで肯定してたにもかかわらず(検証しようともしなかった)、8月5日の朝刊で突然「根拠はありませんでした。」と否定をしたのでした。

◯慰安婦問題の根拠となっている吉田証言について
朝日「吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だとして取り消します。再調査でも裏付けを得られませんでした。」
この裏付けのない吉田証言については16回も報道しています。これが同時の唯一の根拠だったのです。

◯強制連行の根拠とした女子挺身隊について
朝日「慰安婦とまったく別でしたが、研究が進んでおらず、混同しておりました。」
挺身隊は軍需工場に動員されたもので、慰安婦とは別なのですが、数十万人の挺身隊を慰安婦と混同した形で報道し、海外では慰安婦像の設立まで行われています。

そのような重要な記事に対する朝日新聞の謝罪記事のタイトルは
「慰安婦問題の本質 直視を」
ずいぶんと上からの発言ですね。

・・・・開いた口がふさがりません。
30年も検証せずに、日本人の尊厳を踏みにじった罪は重いと思います。

すぐに謝罪記事を英語で世界に発信し、朝日新聞の廃刊を求めます。
私は学校でも朝日新聞の記事を教材にすることは反対です。

朝日新聞の不買、朝日放送の非視聴行動を起こさなければなりません。
(毎日新聞も同調しているので同罪ですね。私はTBS放送も見ません。) 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。