こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂手術などがあります。ご期待にそえるように精一杯がんばります。

本日は埋没法のパーツモニターさまの経過をご紹介します。

以前にも述べましたが、二重埋没法はクリニック毎にやり方が異なります。当然、腫れやラインの完成度、二重を維持する固定力などは方法によって変わってきます。

私は以前にも述べましたがMultiple Knot法を行っています。
(くわしくはこちらのブログ
利点欠点など記載していますのでご参考下さい。

本日は術後2週の経過をご紹介します。
1番目:術前、2番目:術後2週、3番目:術後2週 閉瞼
金子ゆめ埋没2w経過

術前の二重ラインは浅く、右眼はほとんど消失しています。

今回のモニターさまは、まぶたがやや厚めなので、あまり広い二重にすると眠たそうな眼になってしまうタイプでした。術前にブジーを当てて、細かくシミュレーションをしながら、無理のない範囲で広めな二重を作成しました。

術後は、蒙古ヒダの左右差の影響で左眼の二重幅が目頭付近で狭くなっていますが、気にならない左右差だと思います。両眼とも二重幅が広くなり、目元が艶やかになりました。

マルチプルノット法はラインを長くしっかりと留めるので、目頭目尻までしっかりとラインが出ています。
また、まぶたを閉じた状態でも食い込みは気になりません。

二重埋没法をご希望の方はどちらのクリニックでもやっていますのでお問い合わせください。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。