こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療でした。

先日、大分のクリニックにレディエッセを導入しました。

h2_radiesse


レディエッセは主成分がハイドロキシアパタイトの組織充填剤(フィラー)です。10年以上の歴史があります。

一般的に使われているヒアルロン酸と比べて
利点:組織に広がり馴染みやすい
   ヒアルロン酸を皮膚の薄いところに注入すると黒っぽくなる現象(チンダル現象)が見られない
   盛り上げる効果が強い
   タンパク質を含まないのでアレルギーが生じにくい
   線維芽細胞を刺激してコラーゲン生成を促進します。

欠点:皮膚の浅いところや透明感のあるところに注入すると白く浮いて見える
   形が気に入らなくても溶かすことが出来ない
  (ヒアルロン酸はヒアルロニダーゼで溶かすことが出来ます。)

頬やアゴの形を作るのに非常に向いていて、海外では顔の輪郭形成(頬を高くしたり、アゴエラを作ったりする)で用いられています。

品質は医療材料の安全基準であるFDA(アメリカ),CEマーク(ヨーロッパ)の認可も取得しています。

レディエッセは過去に使用した経験(自分にも打ったことがあります。)から非常に優れた組織充填剤と思います。実際、リピーターもたくさんいらっしゃいました。

組織充填剤、フィラー、注入剤の治療をご希望の方はご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。