こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
相談と経過診察があります。
じっくりと耳を傾けてお話をお聞きしたいと思います。

本日は眼瞼下垂症手術(経結膜法)、下眼瞼経結膜ハムラ法のパーツモニターさまの経過をご紹介します。

患者さまは40代女性で、過去に他院で糸による眼瞼下垂症手術を2度受けられましたが、もう少し大きくしたいとのご希望で眼瞼下垂症手術、目の下のくまの改善希望で下眼瞼ハムラ法を選択しました。両者とも皮膚を切らない経結膜法で行っています。

左:術前、右:下眼瞼経結膜ハムラ法術後2ヶ月、経結膜眼瞼下垂症手術1.5ヶ月
眼瞼下垂ハムラ法

上眼瞼はまぶたの開きが改善されましたので、黒目(虹彩)がよく見えるようになりました。また眉毛が下がり、二重幅が狭くなりましたが、眉とまつ毛の間が狭くなり、眼力が出て、若々しい目になりました。
下眼瞼は術前のふくらみは強くないですが、術後は涙袋がはっきりして若々しくなりました。

術後2ヶ月でほぼ腫れや赤みはひき、ほぼ完成です。

目元の手術(二重、目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂、垂れ目形成、眉毛下切開など)をご希望の方はぜひご相談下さい。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。