こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
保険診療、眼瞼下垂症手術、ミラドライがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

本日は二重埋没法のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、奥二重で二重がはっきりしないため、二重埋没法を希望に来院されました。

左:術前、右:術直後
埋没法術後

まぶたの腫れは左右対称ではありません。
左目はほとんど内出血は無いのですが、局所麻酔液の注入の影響で腫れています。
右目はやや内出血が強いです。そのため、まぶたを開くと左目と比べて右目の二重が広く見えます。

腫れの経過は2〜3日が強く、1週間で気にならなくなることがほとんどです。その後もわずかな腫れは続き、2〜3ヶ月くらいで完成です。

Multiple Knot法(マルチプルノット法)はラインを長く留めるため、他の方法に比べて麻酔液も多くなりますし、内出血のリスクも上がりますが、ラインの完成度が高く二重の維持力は非常に強い方法です。

今回のモニターさまの写真の右目は内出血が出た時、左目は内出血が出なかった時の平均的な腫れと思って頂いてかまいません。二重埋没法をご検討の方は参考にして下さい。
 
二重埋没法をご希望の方はご相談下さい。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。