こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
保険診療、眼瞼下垂症手術などがあります。
ご期待に添えるように精一杯がんばります。

本日は頬のN-COG(ニュートンコグ)、ヒアルロン酸のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは40代女性で、目の下から頬にかけてのたるみ、いわゆるゴルゴ線(ミッドチークライン)の改善を主訴に来院されました。
拝見するとゴルゴ線の上の膨らみが目立ち、ヒアルロン酸で治療するだけでは目の下からゴルゴ線の間の膨らみが改善しないため、この部分にN-COG(ニュートンコグ)を行い、ゴルゴ線には硬めのヒアルロン酸を用いました。

左:術前、右:術後3ヶ月
頬NCOG

ちょっとした変化ですが、斜め、側面からみると変化がわかると思います。
ヒアルロン酸だけでは膨らむだけなので、頬が腫れたように見える可能性があります。
このようなボリュームコントロールは増やすだけでなく、減らす方法も行わないとバランスが悪くなります。

N-COG(ニュートンコグ)、ヒアルロン酸注入、目の下・頬のたるみの改善を希望の方はご相談下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。