こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
本日は眼瞼下垂症手術、保険診療があります。
ご期待に添えるように精一杯がんばります。

本日は乳腺切除の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性で乳腺切除をご希望されました。
(乳腺切除についてのブログはこちら

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:術前、右:術後6.5ヶ月
GID 乳房切除術 02


この患者さまは術後に胸郭の左右差(右胸が左胸と比べてくぼんでいる)が出現しました。
乳腺切除により、もともとの胸郭の形態があらわになってきたということです。もしも胸郭に左右差がある場合は、術後にこのように目立ってくる可能性があります。

今回の患者さまの胸郭の左右差を認めますが、程度は軽微で左側の脂肪吸引を軽めにかけて、左胸のボリュームを少しだけ減らしました。

乳腺切除後に身体も鍛えたようで、凛々しい身体になっていますね。

この患者さまもそうですが、乳房切除術をすると皮膚と一緒に乳輪乳頭も縮みますので、乳輪乳頭縮小術が不要になるケースが多いです。

写真のご提供ありがとうございました。

乳腺切除術は福岡のクリニックで行っていますので、ご希望の方はお問い合わせください。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。