こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
保険診療、ミラドライがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、大分のクリニックにBNLS注射を導入しました。
BNLS注射

BNLS注射は2014年から日本に入ってきているのですが、大分のクリニックではフォスファチジルコリンを主成分とした脂肪溶解注射を使用していましたので、特に導入を考えておりませんでした。

今回、当ブログの読者様(大分在住)からのリクエストにお応えして導入致しました。

通常の脂肪溶解注射に含まれるフォスファチジルコリンは入っておらず
浮腫を抑えるセイヨウトチノキやペルシアグルミ、脂質代謝を促進するチロシンやヒバマタ、炎症を抑えるオキナグサ、カラクサケマンなどが入っています。

特徴としては腫れが少ないため効果を実感しやすいこと、注入時の痛みが少ないことがあります。

1回でも効果は出るとのことですが、確実な効果を期待する場合は3回以上の治療をお勧めいたします。
治療間隔は1週間あければ可能です。

BNLS注射 組織像

BNLS注射は腫れが少ないので顔の輪郭形成に向いていると思います。
体幹部や四肢は脂肪量が多いので、おすすめしませんが、従来の脂肪溶解注射の痛みが苦手な人は良いかもしれません。

大分のクリニックではBNLS注射は1cc 6000円で行います。
(料金は変更する可能性もありますので、治療前にクリニックにお問い合わせください。)
 
痩身の治療、脂肪溶解注射をご希望の方はご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。