こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
下眼瞼経結膜ハムラ法、レディエッセ注入、レーザー治療があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日は頬・顎下脂肪吸引のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは30代女性で、顔のたるみの改善目的に来院されました。最初はリフト系の治療(スレッドリフトやフェイスリフト)ご希望されましたが、皮膚のたるみは少なめ、皮下脂肪がやや多めでしたので、リフト治療よりも頬アゴ脂肪吸引術を提案致しました。

左:術前、右:術後3ヶ月
頬アゴ脂肪吸引

変化としてはわずかですが、顎先が丸かったのが、とがり、スッキリとしたフェイスラインになりました。マリオネットラインの外側のJowlの部分に皮膚のたるみはわずかにありますが、これは非手術療法で改善することも可能と思います。

脂肪吸引は腫れなどを心配される方も多いですが、意外に腫れませんし、1回で効果が出せるいい方法だと思います。傷もほぼわからなくなります。

顔(頬アゴ、法令線、小顔効果なども可能)脂肪吸引をご希望の方はご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。