こんにちは。牧野太郎です。
本日は名古屋出張です。

本日は眼瞼下垂症手術、下眼瞼経結膜ハムラ法のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは40代女性で、目元の若返りをご希望でした。
目元の印象は変えたくないとのことで、目元のアンチエイジング手術である上眼瞼の眼瞼下垂症手術と下眼瞼経結膜ハムラ法を提案させていただきました。

本日は術後3ヶ月の経過をご紹介します。

左:術前、右:術後3ヶ月
眼瞼下垂 下眼瞼ハムラ法


非常に自然な経過だと思います。

術後の写真では上眼瞼の二重幅がやや控えめのように見えます。もう少し二重幅を広げたい気がしますが、眼瞼下垂症手術で二重作成を行う場合、術後の二重幅を厳密に予想することが難しいので、控えめになることがあります。

下眼瞼はもともとたるみは目立たないですが、上方視で下眼瞼の膨らみは目立たなくなっています。
写真ではわかりにくいレベルですが、患者さまには喜んでいただきました。 

目の手術をご希望の方はご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。