こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。
頬アゴ脂肪吸引などがあります。ご期待にそえるように頑張ります。

本日は上口唇ヒアルロン酸注入のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは30代女性で、上下顎の顎変形症の治療中で、一時的に咬合が反対咬合(受け口)になっている状態でした。将来的に外科的手術を受ける予定でしたが、それまで上口唇のボリュームアップで受け口を目立たなく出来無いかという相談でした。
限界はありますが、上口唇のヒアルロン酸注入をやってみることとしました。

左:治療前、右:治療直後
 
上口唇ヒアルロン酸

上口唇に少し硬めのヒアルロン酸を1ml注入しました。
治療前よりも上口唇と下口唇の位置関係が改善し、上口唇のボリュームアップで若々しい印象になりました。

ヒアルロン酸のような低侵襲治療でも、使い方で印象は大きく変わります。 

ヒアルロン酸、ハイドロキシアパタイト、フィラーの注入をご希望の方はぜひご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。