こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で勤務です。

先日(2016年5月17~18日)に東京で開催された第104回日本美容外科学会(JSAS)のエキスパートセッションという枠で発表した内容をお伝えします。

北里大学島倉康人先生とナグモクリニック南雲吉則先生といった尊敬する先生達と一緒でした。
JSASプログラム


エキスパートセッション 
DSC08615

タイトルは「性同一性障害における乳腺切除術 整容的工夫と高難度症例・修正症例への対応」です。

001

性同一性障害(gender identity disorder : GID)の乳腺切除術について私の工夫、ピットフォール、最近の知見について述べさせていただきました。

乳頭への血流について
001

乳輪乳頭の位置について

001


準備した甲斐があって乳腺切除について網羅的な内容になったと思います。

参加者の先生たちのご意見などたくさんいただき(ナグモクリニック南雲吉則先生、高須クリニック高須幹弥先生、北里大学島倉康人先生、タウン形成外科石原信浩先生ご意見ありがとうございました。)、今後の治療の参考にしていきたいと思いました。 

発表をすると知識が深まり、新たな課題が見つかりますので、学会発表は定期的に続けていこうと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。