こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。
乳腺切除術、下眼瞼経結膜ハムラ法があります。
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は二重全切開法のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、もともと一重でしたが、他院で二重切開法を受けたようです。二重が緩みラインが狭くなってきたので、幅広い平行型の二重を希望されました。

前回のラインよりも幅を広く設定し、二重全切開を行いました。 

左:術前、右:術後6ヶ月
二重全切開m

最初は腫れて食い込みが強く見えますが、時間の経過とともに改善してきます。

二重の手術はできるだけ傷の目立たない、かつ二重ラインの緩みにくいマルチプルノット法をおすすめしますが、まぶたの厚い方などは食い込みを強くするために二重切開法をすることもあります。

普段からメイクなどをしっかりする方は術後の腫れや傷の赤みをカバーすることができますので、二重切開法も良い方法だと思います。 

二重手術、まぶたの手術をご希望の方は牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。