こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。

本日はフェイスリフト・ネックリフトのパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは50代女性で、カウンセリングでは夫婦でいらっしゃって、非常に仲が良い印象でした。これまであまり美容医療に関心がなかったようですが、夫からプレゼントとして抗加齢医療として美容外科手術を提案されました。欧米ではこういったプレゼントがよく知られています。
私からはフェイスラインのたるみ、首のたるみに年齢の変化が強く出ていますので、フェイスリフトとネックリフトをおすすめ致しました。まずは目立つところを治療し、今回の手術を終えて、痩けが気になる場合は注入治療、目元が気になるようであればまぶたの手術をすることもできますとお伝えし、手術を行いました。

左:術前、右:術後6ヶ月
フェイスリフト ネックリフト 術後半年

術後6ヶ月ですので、完成です。
私のフェイスリフトは術後3ヶ月ではまだ途中経過で軽度むくんでいます。術後半年はよりすっきりして小顔になります。

私のフェイスリフトは術後1〜2週間は腫れが生じるのですが、結果は時間の経過とともに良くなってきます。
くわしくはこちらのブログを参考にして下さい。
フェイスリフト・ネックリフト・脂肪吸引のパーツモニターさま 術後6ヶ月

効果の無いフェイスリフト直後もしくは術後1ヶ月ぐらいまで引き上がっていますが、時間とともに元に戻ることが多いです。傷あとだけ残って、効果はないというものです。 

私のフェイスリフトはダウンタイムが多少かかっても、しっかりと引き上げたい方はお勧めです。

一方、腫れが少ない、ダウンタイムが少ない方法をご希望であれば糸リフト照射系治療器(レーザー、IPL,RF,HIFU)などもありますので、ご相談下さい。

フェイスリフトは解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
お顔のたるみの相談、フェイスリフトご希望の方はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。