こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術などがあります。
ご期待に添えるように精一杯頑張ります。

本日はミントリフトのパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは40代女性で、頬のたるみを気にされていました。
ダウンタイムがあまり取れないということで糸によるリフトであるミントリフトをご希望されました。

左:術前、右:術後3ヶ月
ミントリフト 3ヶ月

もともとたるみは強くないので変化がわかりにくいですが

左:術前、右:術後3ヶ月 拡大像
ミントリフト 3ヶ月 拡大

ジョウルが改善し、頬がふっくらしました。

スレッドリフト(糸リフト)は一見効果が弱そうに見えても、糸の周囲にコラーゲンを主体とした線維組織が支持組織となって、たるみの進行を遅くします。

ミントリフトは引き上げ効果もさることながら、吸収性素材ですので、組織反応が生じます。これが細胞の活性化を起こし、新陳代謝が促進します。これがリバイタライジング効果です。

患者さまもとても喜んでいただきました。

顔のたるみ治療のご希望の方はご受診くださいね。
できるだけ切らない方法をご提案いたします。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。