こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
二重埋没法、鼻尖縮小術、ネックリフト、脂肪吸引術などがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は政治の話です。

先日、沖縄基地問題について述べましたが、
(詳しくはこちらのブログ:沖縄における左翼の横暴 背景に中国共産党と朝鮮半島の影
             言論弾圧に負けない 反日・左翼による差別発言・不買運動は誤り

1月24日に行われた宮古島市長選では身近に迫っている中国の脅威に対して自衛隊配備を指示している市長が再選を果たしました。
2月12日の浦添市長選は自民党公明党推薦の前市長・松本哲治氏が当選しました。
いまや沖縄の翁長知事、沖縄タイムス、琉球新報が広めてきた「オール沖縄」がニセモノで、反日左翼によるプロパガンダということが明らかになってきています。

さらに沖縄の有志による「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会 」の我那覇真子さんが沖縄タイムスや琉球新報による偏向報道(真実を放送しない、政治思想による誘導的な報道)に対して批判を行っています。
「沖縄県民も我慢の限界」 我那覇真子氏、偏向報道や独立論を批判
(産経ニュース 2017年3月10日)

また沖縄の反基地軍団の中に暴力団も関係していることが明らかになってきました。
(産経ニュース 2017年3月10日)

沖縄県の人達が立ち上がって中国共産党・暴力団に対抗しようとしています。しかしながら、マスコミ(朝日新聞・毎日新聞・東京新聞を筆頭として)は依然として真実を報道しようとしません。むしろ「沖縄ヘイト」と無理やり差別的なレッテルを貼って都合の悪い事実をもみ消す方向に全力を傾けています。

私達も全力で沖縄を中国共産党から守る努力をするべきです。世論を動かしていく必要があります。

真実のニュースはこちらをみると勉強になりますよ。
DHCシアター
虎ノ門ニュース
ニュース女子

沖縄関連のニュースはこちらを参考にして下さい。
【DHC】3/8(水) 井上和彦・ケントギルバート・居島一平【虎ノ門ニュース】
58分ごろから御覧ください。
沖縄での反基地集団の犯罪行為を知ることが出来ます。

朝の通勤時間に通る米軍関連の車を一方的に止めて
49

車を叩いて、威嚇行為を行います。
02

罵詈雑言を浴びせ始めます。中には死ねと連呼するシーンもあります。 
47
48

英語でYou die, die, die, die! と浴びせ、脅迫威嚇行為と考えられます。まさに暴力団でしょう。 
43

こういった沖縄の真実を報道しないマスコミはもう死んでいると言わざるを得ません。
日本国民は沖縄を左翼・反日団体から取り戻すため、声を上げていきましょう。

真実を報道し議論するDHCシアターを今後も応援していきます。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。