こんにちは。牧野太郎です。

本日は鼻中隔延長術・隆鼻術・鼻孔縁下降術のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは20代女性で鼻の低さ、アップノーズを気にされていて、他院で隆鼻術(鼻プロテーゼ)、鼻尖耳介軟骨移植を受けていました。もう少し鼻尖を下げたいというご希望でしたが、前医の術後、時間の経過とともに耳介軟骨が透見して、形が目立ってきたため、当院で耳介軟骨除去(突出部のみ)、皮膚がやや薄くなっていましたので、鼻尖軟部組織移植を行いました。その後、創部が安定したのを確認し、今回鼻中隔延長術、隆鼻術(鼻プロテーゼ入替え)を行いました。
鼻中隔延長術をして、鼻先が下がるので、鼻プロテーゼの長さが足りなくなりますので、入替えが必要になります。

左:術前、右:術後3ヶ月
鼻中隔延長 隆鼻術 術後3ヶ月


術後3ヶ月なので形態はほぼ完成です。
患者さまの希望で鼻の印象は大きく変えたくないとのことでしたので、自然な変化の範囲で手術を行っています。アップノーズは本人の顔に合ってしましたので、アップノーズの印象は残しつつ、鼻先を高くしています。

鼻中隔延長術を始め、鼻の手術は経験が重要です。
私は鼻中隔延長術を始め、鼻尖縮小、鼻翼縮小、鼻骨骨切り術などたくさん経験していますので、ご希望の方はぜひご相談ください。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。