こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、ミラドライなどがあります。
ご期待にそえるようにがんばります。

本日は鼻の瘢痕修正(美容外科後遺症)のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは40代女性で外国の患者さまです。
3年前に他院で鼻プロテーゼを受けたようですが、感染を来し、シリコンプロテーゼを抜去したようです。その後鼻の拘縮変形を来し、執刀医に相談したところ、治療できないと断られたようです。

鼻尖部の陥凹瘢痕、鼻孔縁の引き上がり、アップノーズなどの変形がありました。
アップノーズについては鼻中隔延長術などが適応になりますが、軟部組織が変形が目立ちますので、まずは鼻尖部瘢痕修正、鼻孔縁形成術を行いました。

左:術前、右:術後2ヶ月
鼻瘢痕修正

術後2ヶ月なので、まだ傷が赤く目立ちます。
手術によって凹凸は改善していますので、色が無くなれば、きれいになると思います。

鼻の手術は経験が重要になります。
鼻の手術はご相談下さい。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。