こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
二重埋没法の抜糸、経過診察、カウンセリングなどがあります。
頑張ります。

本日は頬骨削り・下顎削り(エラアゴ削り)のフルフェイスモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、幅広二重となめらかな輪郭を希望されました。

目の二重を広げたいという希望で二重埋没法(マルチプルノット法)、
輪郭を整えるために咬筋ボツリヌストキシン注射と 頬骨削り・下顎削り(エラアゴ削り)、前額やこめかみ、頬に脂肪注入を行いました。

左:術前、右:術後6ヶ月
二重埋没法 顔脂肪注入 頬骨エラ顎削り術後 6ヶ月

顔面骨の縮小効果により、一時的に皮膚がたるんでしまいます。
今回のモニターさまは若いですが、それでも皮膚のたるみが引き締まるまで6ヶ月かかりました。

現在では、二重は広がり、左右差がなくなりました。
輪郭は小さく、かつシャープになりました。
頬は窪みがなくなりふっくらとした印象になりました。

よい経過だと思います。

輪郭手術(頬骨削り、下顎骨(エラアゴ)削り、前額形成術)をご希望の方は牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。