こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
カウンセリング、経過診察などがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、アメリカで手術室以外で手術を行い、医業停止の報告がありました。

Cosmopolitan" Liposuction Surgeon Is Being Slammed for Practicing in a Barn"
2017年5月19日
(くわしくはこちら

アメリカのミシガン州で、骨粗鬆症医であるBradley Bastow医師がポール納屋と呼ばれる場所で非衛生的環境下に脂肪吸引の手術を行い、医業停止になりました。
同医師は医療廃棄物も不適切に処理を行っていたようです。
barn-liposuction-1495124199

記事ではこのような行為は無責任で道徳性を欠いたものだと非難されています。

脂肪吸引では皮下脂肪層にカニューレという器具を広い範囲で挿入するため、万が一器具が汚染されてしまうと、術後に感染症を起こしてしまい、敗血症となり死に至る可能性もあります。

医療先進国と言われるアメリカでもいかがわしい治療が行われていることに驚きです。
発展途上国でも同様のことが行われているかもしれません。

われわれ日本の医師も他山の石として、倫理観をもって診療に臨む必要がありますね。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。