こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
カウンセリング、経過診察などがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、アメリカで美容治療における男性患者が増加傾向という報告がありました。

CNBC.com" More men turn to surgery in bid to stay competitive"
2017年5月31日
(くわしくはこちら

アメリカでのビジネスにおいて、見た目が良いというのは仕事にとって良い効果を得られるということから、男性の美容医療治療が20%増加しているようです。特にボツリヌストキシン治療は27%増加しています。
530x298

増加している背景として
①若く見られることにより、精力的で仕事のできる人に見られる
②同僚の若い世代の人達と競争しなければならないので、見た目でも負けたくない
③若い顧客から親近感を持ってもらえる
と言ったことが理由としてあるようです。

アメリカ形成外科学会理事長のDebra Johnson医師は
「女性が長年、見た目で判断される時代でしたが、今後は男性もそのような傾向が出てくるのかもしれない。」と述べています。

男性では髪の毛の関係で、大きな傷は目立ちますので、まぶたのたるみ取りや脂肪吸引が人気があるとのことです。

景気後退と寿命が伸びている影響で、定年後も働く高齢者が増えているようです。
アメリカの労働局によると65歳でフルタイムもしくはパートで働く人の割合は2000年で12.8%に対して、2016年では18.8%と増えています。高齢者が若い人と競争しなければいけない状況のため、アンチエイジングの需要が増えているとのことです。
 
私の外来でも男性の患者さまはたまにいらっしゃいます。眼瞼下垂など保険適応の治療やシミ取りレーザーなどの需要があります。
やはり女性と比べるとお金をかけたくないという方がほとんどです。

今後はもっと男性のアンチエイジングが浸透してくれば、治療メニューも増加してくるかもしれませんね。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。