こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、ミラドライ、保険診療があります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、大分と福岡のクリニックにシミュレーション機器を導入しました。
それについてのブログはこちら 

シミュレーションは過去に2Dのものはありましたが、最近では3Dが出て来ました。

これまでのシミュレーションの問題点は
医療機関でスタッフが作成するもの
患者自身がアプリなどで作成するもの
などで、実際に手術困難なイメージになることもあり、まさに「絵に描いた餅」でした。

2Dシミュレーションも3Dシミュレーションも大事なのは実際に手術を行う美容外科医が診察の上で、きちんと作成することです。
そして、患者の希望を反映し、調整できなければなりません。
その上で、診察時に話しながら作成するのが最良と考えます。

美容外科にとって難しいのは治療目標の共有です。
医師と患者が会話によって意思疎通を図ろうとしても、言葉の限界があります。
その点では画像シミュレーションには及びません。

以上の理由から美容外科の盛んな韓国から先進的な3Dシミュレーション機器を購入しました。

この機器は設置式のスキャナーで正確な3Dモデルを作成できます。

私の顔をスキャンしてみました。
シミュレーション モーフィアス 01

鼻先を少し高く細くしてみました。
シミュレーション モーフィアス 02

レントゲンやCTとの連動もできます。
シミュレーション モーフィアス 04

これまでシミュレーションしづらかった輪郭のシミュレーションも可能です。

治療の可能性や限界を手術前に知ることができるのは医師や患者の両者にとてもメリットのあることだと思います。

現在、3Dシミュレーションは大分と福岡で行なっています。
ご興味のある方はぜひご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。