こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
二重埋没法、二重切開法、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は政治の話です。

先日、民進党党首の蓮舫氏が二重国籍についてうやむやにしていたところ、党内の批判が高まったため、急遽、二重国籍について記者会見を行い、台湾籍を離脱したという発表をしました。

2016年10月まで二重国籍であることが明らかになりました。
2016年9月の党代表になった時点では二重国籍であったのです。あの時は蓮舫は二重国籍は否定していました。あの時、国民に対して説明を逃れ、うやむやにしたことは記憶に新しいところです。

そもそも二重国籍は政治家としてアウトです。
国民の税金を使って国益のために働く政治家が、他国の国籍を持っていてはダメなのは普通の感覚で理解できる話です。

最近ではオーストラリアの議員が相次いで二重国籍のため辞職しています。
BBC" 豪上院議員が辞職表明、二重国籍判明で 先週末から二人目"
2017年7月18日

蓮舫も昔から台湾のルーツがあり二重国籍であることをメディアについて述べていますから、確実に知っていたと思われます。

当時の蓮舫を特集した雑誌記事
1eb91b65-s

父親は中国人
0edcd0e0-s
国籍は台湾籍と認識している
7b10b108-s


元民主党党首の鳩山由紀夫氏も述べています。
鳩山元首相が「蓮舫は二重国籍を知っていた」と批判

記者会見で提示した資料も捏造の疑いがあります。
蓮舫の国籍喪失許可証の疑惑
org1313175

日本のマスコミはこれをしっかりと取り上げてくれるのでしょうか?

自民党の発言は偏向切り貼りし、重箱の隅をほじくり、問題でないものを問題にしますが、
民進党の蓮舫党首の犯罪級の問題は追求しないのでしょうか?

これはマスメディアが試されている問題ですね。
これを報道しなければ日本のマスメディアは死んだといっていいでしょう。

真実を知りたい方は
虎ノ門ニュース
261-ef0e65995a8747e9b9e440cad56c63a3

DHCテレビであれば面白いコンテンツが無料でたくさん見れます。
ニュース女子:専門家と一般目線での女性との意見が面白いです。
現代のコペルニクス:科学者の武田邦彦先生による歴史や政治の話は切り口が独特で面白いです。
平成の修身:日本の正直さ・規律・礼儀・おもてなしは教育勅語によるものだと思います。本が苦手な方は動画だと入りやすいです。故 渡部昇一先生による解説です。
放言BARリークス:元産経新聞記者の高山正之さんによる政治裏話が聞けます。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。