こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
がんばります。

先日、アメリカで薬を不正に処方して医師が免許停止になったというニュースがありました。

Florida Record" Appeals court affirms decision not to renew license of Tampa plastic surgeon convicted of drug offense"
2017年6月16日
(くわしくはこちら
general_court_02

タンパの美容外科医であるChristina Paylan医師が2011年から自分が使用するためにデメロール(モルヒネと同じような麻薬性鎮痛薬)を不正に処方していたということで有罪となり、2017年に医師免許が停止されました。

実際には彼女とボーイフレンドが逮捕された時に不正にデメロールを所持していたことがきっかけです。その際には hydrocodone(麻薬性鎮痛剤)、Valium とXanax(精神安定剤)を所持していました。

2014年に懲役364日が課せられ2015年には規制薬物の取扱免許資格が剥奪され、5000ドルの罰金が課せられました。

医師免許を停止されてしまうと、医療行為ができませんので、Christina Paylan医師は控訴していますが、アメリカはこういった犯罪に厳しいので、翻すのは難しいでしょうね。

精神作用を及ぼす薬物は依存性がありますので、身近にいる医師も気をつけなければ身を滅ぼしてしまいます。より一層の倫理感が医師には求められると思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。