こんにちは。牧野太郎です。
 
本日は目頭切開術のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは10代女性で、もともと二重です。
蒙古ひだを取り除き、二重を平行型にしたいということで目頭切開術のみを希望されました。

上:術前、中:術後1週間、下:術後3ヶ月
目頭切開nk術後3ヶ月

術後は体質の影響か、傷が赤く盛り上がる傾向がありました。
傷を落ち着かせる軟膏と注射を行い、 なんとか傷を目立たなくすることが出来ました。

傷の赤みが強かった左目頭が傷の拘縮が生じ、わずかに後戻りがあります。その影響でやや左目の目頭側の二重がやや狭くなっています。もし気になる場合は二重埋没法で修正が可能です。

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。