こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分勤務です。
下眼瞼ハムラ法、レディエッセ、ヒアルロン酸注入、レーザー、保険診療などがあります。
ご期待に添えるようにがんばります。

衆議院選挙の公示が10月10日、投票日が10月22日です。

今回は北朝鮮有事、憲法改正など多くの争点があり、日本の将来を決める大事な選挙です。
(くわしくはこちらのブログ

私は民進党政権の暗黒の3年間を知っていますから、政治の重要さが骨身にしみて知っています。
またバブル崩壊(1991年)後の失われた20年(くわしくは失われた20年 - Wikipedia)も経験していますので、経済の重要さも感じています。
上記経験から言わせてもらうと、政策理念の異なる人達が集まった選挙互助会(当時の民主党)では政治が停滞し、有事には全く対応できず、国際的には存在感がなくなり、他国からなめられてしまうということです。
麻生太郎 副総理の言葉を借りると「かつての民主党(現・民進党)について「手段のはずの政権交代が目的だったので(政権を)取った後に何をしていいか分からず、結果的に極めて悲惨な結果になった。」
まさにそのとおりだと思います。
産経ニュース:麻生太郎副総理「北朝鮮には危なそうな人がいる」
2017年10月8日

また経済政策では緊縮政策でなく、デフレ脱却する財政出動が重要になってきます。プライマリーバランスばかり気に取られると達成が難しくなってしまいます。経済が停滞すると若者の新規雇用、中高年層の再雇用が難しくなります。就職が困難になると自立できませんし、家庭を持ち、子供を育てるのが難しくなって、少子高齢化という悪循環に陥ってしまいます。民主党が終わり、安倍政権になり、失業率は最低レベル、景気はいざなぎ景気に次ぐ好調を維持しています。

マスコミは全く信用できませんので、ネットで情報を得ていくことが重要になります。
平成25年5月26日からネット上では自由に選挙運動が解禁されています。政党等及び候補者だけでなく、一般の有権者もインターネット上で選挙運動ができます。 
日本インターネットプロバイダー協会:選挙運動にインターネットを利用される皆様へ

選挙運動とは、「特定の選挙について、特定の候補者の当選を目的として投票を得又は得させるために直接又は間接に必要かつ有利な行為」とされています。当選を得させないための活動(落選運動)は他の候補者の当選を目的として行う場合は選挙運動に当たります。

選挙運動は、公示日(告示日)に立候補の届出をしてから投票日の前日まで(選挙運動期間)に限りすることができますので今回の衆議院選挙は10月10日から10月21日まで行うことが出来ます。

ネット選挙運動

そこで私もネット選挙運動を行いたいと思います。
落選運動もメールアドレスでなくとも、ブログの返信用フォームのURLやSNSのアカウント等でもよいことになっています。

皆様もネット選挙運動をして、政治を考えるいい機会にしてください。

真実を知りたい方は
虎ノ門ニュース
261-ef0e65995a8747e9b9e440cad56c63a3

DHCテレビであれば面白いコンテンツが無料でたくさん見れます。
ニュース女子:専門家と一般目線での女性との意見が面白いです。
現代のコペルニクス:科学者の武田邦彦先生による歴史や政治の話は切り口が独特で面白いです。
平成の修身:日本の正直さ・規律・礼儀・おもてなしは教育勅語によるものだと思います。本が苦手な方は動画だと入りやすいです。故 渡部昇一先生による解説です。
放言BARリークス:元産経新聞記者の高山正之さんによる政治裏話が聞けます。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。