こんにちは。牧野太郎です。
 
本日は眼瞼下垂症手術・下眼瞼下制術(グラマラスライン)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、 他院で上眼瞼脱脂術、二重埋没法を受けたのですが、二重が狭く、目が小さいのを気にされていました。目を大きくする目的で眼瞼下垂症手術、下眼瞼下制術(グラマラスライン)を選択しました。

上:術前、中:術後1週間、下:術後3ヶ月
眼瞼下垂 下眼瞼下制術後3ヶ月

少し奥目(Deep set eye)ですので、広がりにくいタイプの目です。また少し眼輪筋優位ですので、効果が弱く出る傾向があります。しかしながら無理をすると兎眼(目が閉じれなくなる状態)になりますので、機能的な問題が生じない程度に抑えることが重要です。

目は少しの変化でも印象が変わりやすいです。このモニターさまも目が大きい印象になり、喜んでいただきました。

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。