こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、シミ治療などがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。
 
本日は頬骨骨切り術(アーチインフラクチャー)のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは30代女性で、頬骨の出っ張りを気にされていました。
お顔が痩せており、頬骨の輪郭が強調されていましたので、 頬骨骨切り術(アーチインフラクチャー)を行いました。

左:術前、右:術後3ヶ月
頬骨削り アーチインフラクチャー 術後3ヶ月

頬の突出が改善されて、適度に頬の膨らみが作られて、柔和な印象になりました。
女性的なフェイスラインになったと思います。 
ご本人にも喜んでいただきました。

輪郭の完成は術後6ヶ月かかりますので、また引き続き経過を診ていきたいと思います。 

頬骨は主に側方の張り出しが問題となりますが、この部位は主に頬骨弓という薄い骨が原因です。骨を削るだけだと骨が無くなって、輪郭が崩れてしまいますので、 頬骨を切って、内側転位させるアーチインフラクチャーという方法を用います。
引き寄せ方によって頬の側方の張り出し方を調整します。 

輪郭手術(頬骨削り、下顎骨(エラアゴ)削り、前額形成術)をご希望の方は牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。