こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
乳腺切除術、二重埋没法、目頭切開術、鼻尖縮小術があります。
ご期待にそえるように頑張ります。

先日の福岡大学形成外科学教室の同門会・新年会
(ブログ:2018年福岡大学形成外科同門会・新年会、ヒルトン福岡シーホークホテル
で久しぶりに大学院時代のチームで写真を撮りました。

後輩の大山拓人先生(福岡大学形成外科講師)、私、指導教官の自見至郎先生(福岡大学医学部講師)
IMG_1821

私は社会人大学院という枠で、福岡大学形成外科で臨床(外来・手術)を行いながら、夕方〜夜にかけて実験をしていました。本当にハードな日々でしたが、指導教官の自見先生、後輩の大山先生に支えられて無事に研究を終え、論文を投稿することが出来ました。

医学博士も大学院で研究しなくても論文で簡単に取ることが出来る「論文博士」と呼ばれる方法もあるのですが、私はマウスを用いた基礎研究を行い、自分で組織切片を作成し、免疫染色なども行いました。
基礎研究はきちんとした理論の積立てが必要で、その理論の積立ても客観的説得力がなければなりません。研究者の主観的(希望的?)なストーリーは説得力がありません。

私が感じた大学院の真の価値というのは、科学者の考え方(科学的思考法)を学ぶことにあるというものです。これは臨床だけやっているとなかなか身につかないもので、学会発表を聞いていると論理の飛躍が往々にしてみられます。医師人生において重要なものだと改めて思います。

後輩の先生たちも自分への投資だと思って、積極的に大学院へ挑戦していってもらいたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。