こんにちは。牧野太郎です。
本日はビスポーククリニック(福岡)で診療です。
 
本日は二重埋没法・目頭切開術のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、元々は一重で、目をぱっちりさせたいというご希望でした。
今回、まぶたを診察すると厚みは軽度で、幅広い二重は希望されませんでしたので、二重埋没法を選択しました。また目を大きく見せたいということでしたので、蒙古ひだが発達していましたので、目頭切開を行うこととしました。

上:術前、中:術後1ヶ月、下:術後4ヶ月
二重埋没法 目頭切開 術後1ヶ月 術後4ヶ月

術後1ヶ月でも内出血が少量残っていて、ダウンタイムが長くなってしまいました。
内出血には腫れを引き起こす成分が含まれていますので、内出血が引くまでは腫れがやや強くなります。
傷は1週間後からメイクできますので、メイクでカバーして貰う必要があります。

術後4ヶ月は腫れは消失し、完成となりました。最終的な仕上がりは食い込みも自然で、傷も殆どわからなくなっています。左右対称で良い経過だと思います。

二重埋没法のリスク(合併症)
・左右差
・二重が緩む(ラインが浅くなる)
・埋没糸が透けて見える
・異物肉芽腫(異物反応)
・糸の露出
・結膜炎
・角膜障害
・傷あと

目頭切開のリスク(合併症)
・左右差
・瘢痕(傷あと)
・印象が変わりやすい手術です(大人っぽく見える、老けて見える、キツく見える)

料金はクリニックのホームページを参照下さい。  

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
#二重埋没法 #目頭切開 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。