こんにちは。牧野太郎です。
本日はビスポーククリニック(福岡)で診療です。
がんばります。

本日は下眼瞼たるみ取り(経結膜ハムラ法)・脂肪注入のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは40代女性で、下眼瞼のふくらみ、顔の痩けを気にされていました。
下眼瞼の皮膚のたるみは軽度なので経結膜ハムラ法を、顔の痩けには脂肪注入を行いました。

左:術前、右:術後15ヶ月
下眼瞼経結膜ハムラ法 脂肪注入 術後15ヶ月

術前は骨ばった輪郭でしたが、術後はふっくらとして柔和で女性的になりました。
下眼瞼のクマ、たるみも目立たなくなりました。

下眼瞼ハムラ法のリスク(合併症)は
・下まぶたの外反、下垂
・たるみ・膨らみの残存
・内出血
・感染
・腫れ
・痛み
・傷痕

脂肪注入のリスク(合併症)は
・ボリュームが多い、少ない
・デコボコが出来る
・しこりが生じる
・左右差
・体重の増減でボリュームが変化する
・脂肪塞栓症
・石灰化
・内出血
・感染
・腫れ
・痛み 

費用は各クリニックにお問い合わせください。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

#美容整形 #鼻 #福岡 #大分 #aestheticsurgery  #fukuoka #oita #japan #ビスポーク #Bespokeclinic #牧野皮膚科形成外科内科医院 #makino #牧野太郎  #牧野 #まぶた #クマ #ハムラ #トラコンハムラ #裏ハムラ #脂肪注入 #痩け #若返り #アンチエイジング