makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

2014年08月

31 8月

ALLERGAN ACADEMY Total Facial Assessment & Live injection, 東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診察です。

昨日はお休みで東京で行われたセミナーに参加してきました。
場所は東京水道橋です。
DSC07713

水道橋の名前の由来なども見つけました。
水道橋由来

空は今にも雨が降りそうな曇り空です。
DSC07718

数日後に開催される東京ドームホテルでありました。
DSC07719

DSC07724

今回のセミナーは
 ALLERGAN ACADEMY Total Facial Assessment & Live injectionです。
アラガンアカデミー
アラガンアカデミー01

友人ドクターの紹介で参加出来ました。

今回の講師は ブラジルのDr.Mauricio de Maioでした。

レクチャーから始まり、患者アセスメント、ライブインジェクションと盛りだくさんの内容でした。

感想は、ヒアルロン酸の打ち方が西洋人向けのテクニックと思い、これまで私自身は行っていなかった打ち方がなんと骨格の異なるアジア人にも効果があることがわかり衝撃的でした。かつ注入量も少量で効果がでることが分かり、目からウロコの注入法でした。

早速、取り入れたいと思います。

ヒアルロン酸注入をご希望の方はご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

30 8月

修正手術の相談

こんにちは。牧野太郎です。
昨日はお休みでしたが、患者さまの抜糸で少しだけクリニックに顔を出しました。
経過が順調で安心しました。

最近は他院の手術の修正相談が多く来られます。

手術結果の修正については難易度が高くなりますので、リスクとベネフィットのバランスがとれた場合に手術を行うべきだと考えています。そのためこれまでの手術歴や患者さまの希望をお聞きし、診察の上、治療方法をご提示させて頂いています。

修正の相談自体は歓迎なのですが、困ったことに治療後早期の患者さまが非常に多いような気がします。
例えば、鼻の手術をして2ヶ月とか、目の手術をして1ヶ月などの相談です。 

6104068209_d134b246f5_b

手術は3〜6ヶ月以降でないと状態が落ち着かないので、それまでは待つ必要があります。
手術の良い面だけ説明を受けてしまうと、ダウンタイムや副作用などの悪い面を認識せずまま、治療を受けてしまいます。

最近の修正の相談を受けていると前医で手術の悪い面などの説明がなされているか疑問を感じます。

また、基本的に治療結果に疑問を持った場合は、まず治療を行った医師に相談するべきです。

治療を行った医師が一番患者さまのことを知っていますし、患者さまに治療内容や経過について説明する責任があります。
治療を行っていない医師は確実なことはなにも言えないので、患者さまの疑問に対してしっかりとお答えすることが難しいことがあります。

修正手術はいつでも歓迎ですが、上記の内容を確認していただきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

29 8月

偽性眼瞼下垂 見せかけの眼瞼下垂に気をつけましょう

こんにちは。牧野太郎です。

最近、相談に来る方の中に
他院で二重の相談に行ったら、眼瞼下垂と診断されて、眼瞼下垂症の手術をしないといけないと言われた方がちらほらいらっしゃいます。患者さまの中には、眼瞼下垂の治療を受けると値段が高くなるし、できるだけ皮膚を切りたくないので二重埋没法でお願いしますと言ったら相手にされなかったということでした。

診察すると一重もしくは奥二重の皮膚のかぶさりによる見かけ上の眼瞼下垂でいわゆる偽性眼瞼下垂の状態でした。ブジーテストでしっかりと大きな目になりました。

実際例を紹介します。
埋没法偽性眼瞼下垂
(牧野太郎ほか:重瞼埋没法Multiple Knot 法. PEPARS No87 全日本病院出版会より抜粋)

この方も偽性眼瞼下垂で、埋没法のみ行っています。
別のクリニックに行ったら、眼瞼下垂症と二重切開法と脱脂術を勧められるかもしれませんね。

もちろん、治療法は医師によって技術が異なりますので、全員が同じ治療法を選択する必要はないのですが、より低侵襲で低価格で治療が行えるならそちらの方がいいですよね。

二重をご希望の方はぜひご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

28 8月

フェイスリフトの皮膚切除

こんにちは。牧野太郎です。

先日、60代後半の女性のフェイスリフトを行いました。
頬から首にかけての年齢相応のタルミがあり、痩せのためのボリューム減少がありました。そのため耳前部から耳後部にかけて切開し、顎の直下にも追加切開しました。

しっかりとタルミを取ることができたと満足の出来でした。腫れがしばらく続くと思いますが、患者さまもきっと喜んでいただけると思います。

では実際に切り取った皮膚、SMASはどれくらいかというと
フェイスリフトの皮膚切除

ものさしが無いのでわかりにくいと思いますが、大した量ではありません。
多少時間の経過で皮膚が乾燥し、縮んだということもあります。

フェイスリフトは皮膚切除し過ぎると傷が目立つ、ハゲ、耳介の変形(耳珠、耳垂)を来してしまいます。フェイスリフトの手技のメインは皮下の処理(SMAS、リガメント)になりますので、皮膚をたくさん取ったイコールフェイスリフトの手術の成功ではありません。

皮膚をたくさん取ることを強調するフェイスリフトは時代遅れといえるでしょう。

フェイスリフトについて興味のある方はぜひご受診くださいね。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

27 8月

注射時の痛みを軽減 バイブレーションデバイス

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。

昨日も北九州や別府など大分市外からもたくさんの患者さまがいらっしゃいました。
本日は隆鼻術、鼻中隔延長術、ミラドライなどが入っています。ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、大分のクリニックで注射時の痛みを軽減する新しい機器を導入しました。

バイブレーションデバイス
バイブレーションデバイス01

形成外科、美容外科治療において注射は無くてはならない治療方法なのですが、針を刺す痛みは皆さま苦手だと思います。
そこでなんとか痛みを軽減させる方法はないかと以前より考えていました。
針を細くしたり、皮膚をつねりながら針を刺したり、麻酔テープをしたり・・いろいろ試していました。

今回、学会で新しい器具を見つけてきました。
理論としてはGate control theoryというもので
バイブレーションデバイス説明

感覚というのは痛み以外に温冷覚、圧覚、触角、深部感覚などがあります。
 
知覚神経は感じる総量が決まっているので痛み以外の感覚を強くすれば、相対的に痛みを感じにくくします。これまで氷などで冷覚を有意にすることは行っていましたが、時間がかかることや、冷やし過ぎで凍傷になるリスクがありました。

今回のバイブレーションデバイスは振動覚を強くして、痛みを感じにくくする器具です。

スイッチオンすると青く光ります。
血管が見つけやすくする狙いがあるようです。
バイブレーションデバイス02
バイブレーションデバイス03

既に診療で使っています。
痛みは完全にゼロになるわけではありませんが、だいぶ軽減されるようです。

今後もできるだけ痛みの少ない治療を目指していきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

26 8月

新しいスレッドリフト ニュートンコグ(N−COG)

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術など保険診療が多く入っています。ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

以前、紹介したスレッドリフト ニュートンコグ(N-COG)が届きましたので、治療が可能です。
DSC_1756

ニュートンコグ

従来のスレッドリフトと比べて、先端が丸いカニューラなので内出血が少なく、
引き上げる強さ、緩みにくさが特徴です。

適応はほうれい線、マリオネットライン付近のタルミ、首のタルミで、腫れや内出血などのダウンタイムを少なくしたい方に向いています。

1本20000円で行っています。

ご希望の方はご相談下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

24 8月

朝日新聞はいらない

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療でした
昨日はフェイスリフト、眼瞼下垂、下眼瞼ハムラ法、トータルフェイスリフト、脂肪注入があり、夜まで手術していました。へとへとになりました。
本日も福岡で勤務でしたが、たくさんのご相談を頂き、ありがとうございました。

先日、朝日新聞の捏造報道について報告しましたが、決してこの重要な懸案を風化させてはいけません。
親交のある東京銀座の又吉先生が朝日新聞の暴挙についてブログを書いてくれています。
(くわしくはこちらのブログ

社会の公器である新聞が偏った報道をすることで国益を大きく残ったことを我々はしっかりと認識し、行動を起こすべきです。
「No more 朝日新聞」
img_0

読書の皆さまもできるだけ情報を拡散していただきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

19 8月

フェイスリフトのパーツモニターさま Short Scar Face Lift 術後3ヶ月目

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

本日はShort scar face lift法によるフェイスリフトのパーツモニターさまを紹介します。
以前の経過の続きです。

患者さまは50代女性で、頬のタルミを主訴に来院されました。
最初はスレッドリフトをご希望でしたが、フェイスリフトでも構わないということで、腫れの少ないShort scar face liftを行いました。

左:術前、右:術後1.5ヶ月
新開フェイスリフトパーツモニター症例写真

左:術前、右:術後3ヶ月
新開フェイスリフト3ヶ月経過

以前報告した1.5ヶ月の時点ではマリオネットライン、ジョウル変形の改善が弱かったので、
「個人的にはもう少し広めに剥離して、首のたるみを解消するためにネックリフトも併用したかったのですが、ダウンタイムがあまり取れないということで、傷の短いこの術式を選択しました。」
とブログに記載していました。

ところが今回の3ヶ月経過の写真をみると、1.5ヶ月の時よりもフェイスラインはスムーズになっており、小顔になっていました。1.5ヶ月の時点ではまだ下顔面の腫れが残っていたのかもしれませんね。

Short scar face liftは皮膚を積極的に切り取らないため、術後早期は腫れでタルミが改善していないように見えるのですが、時間が経てばむくみが取れるのかもしれませんね。

フェイスリフトは術後早期のほうが一般的に効果が高いと言われています。これは腫れが出て皮膚が張って、シワが消失することが原因なのですが、Short scar face liftは必ずしもそうでないということですね。自分にとっても発見でした。

頬のたるみの改善を希望の方はどちらのクリニックでも可能ですので、ご相談下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

18 8月

朝日新聞 慰安婦捏造記事 謝罪を英語で世界に発信する義務がある

こんにちは。牧野太郎です。

近年、慰安婦問題は日韓の政治に影を落としている大問題です。
実はこの問題の発端は朝日新聞の報道がきっかけとなっています。
dd59119b
すべては朝日新聞から始まった「慰安婦問題」– 2014/1/15 山際澄夫 (著)
 
驚くべきことに韓国から慰安婦問題について避難される事態となっている根拠は朝日新聞の記事だけなのです。

その大問題の記事について朝日新聞は30年も頑なにまで肯定してたにもかかわらず(検証しようともしなかった)、8月5日の朝刊で突然「根拠はありませんでした。」と否定をしたのでした。

◯慰安婦問題の根拠となっている吉田証言について
朝日「吉田氏が済州島で慰安婦を強制連行したとする証言は虚偽だとして取り消します。再調査でも裏付けを得られませんでした。」
この裏付けのない吉田証言については16回も報道しています。これが同時の唯一の根拠だったのです。

◯強制連行の根拠とした女子挺身隊について
朝日「慰安婦とまったく別でしたが、研究が進んでおらず、混同しておりました。」
挺身隊は軍需工場に動員されたもので、慰安婦とは別なのですが、数十万人の挺身隊を慰安婦と混同した形で報道し、海外では慰安婦像の設立まで行われています。

そのような重要な記事に対する朝日新聞の謝罪記事のタイトルは
「慰安婦問題の本質 直視を」
ずいぶんと上からの発言ですね。

・・・・開いた口がふさがりません。
30年も検証せずに、日本人の尊厳を踏みにじった罪は重いと思います。

すぐに謝罪記事を英語で世界に発信し、朝日新聞の廃刊を求めます。
私は学校でも朝日新聞の記事を教材にすることは反対です。

朝日新聞の不買、朝日放送の非視聴行動を起こさなければなりません。
(毎日新聞も同調しているので同罪ですね。私はTBS放送も見ません。) 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

17 8月

二重埋没法のパーツモニターさま Multiple Knot法

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。

本日は先日ご紹介した埋没法のパーツモニターさまの経過をご紹介します。

以前にも述べましたが、二重埋没法はクリニック毎にやり方が異なります。当然、腫れやラインの完成度、二重を維持する固定力などは方法によって変わってきます。

私は以前にも述べましたがMultiple Knot法を行っています。
(くわしくはこちらのブログ
利点欠点など記載していますのでご参考下さい。

本日は術後2ヶ月の経過をご紹介します。
1番目:術前、2番目:術直後、3番目:術後5日、4番目:術後2ヶ月
古賀さん2ヶ月

幅広めの平行型をご希望されました。
長くしっかりと留めるので、目頭目尻までしっかりとラインが出て、左右差が生じにくいです。

術後2ヶ月目は二重幅は落ち着いて、艶やかな平行型(並行型)になりました。

二重埋没法をご希望の方はどちらのクリニックでもやっていますのでお問い合わせください。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 乳房シリコンバッグによる悪性腫瘍(未分化大細胞リンパ腫)との関連、アメリカ
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • スパで美容治療後に死亡事故、コロンビア
  • 頬骨骨切り術・下顎骨切り術(エラアゴ削り)・二重埋没法・顔脂肪注入術のフルフェイスモニターさま 術後6ヶ月
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索