makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

2015年02月

27 2月

顔面移植 臓器移植の難しさ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。
N-COGリフトがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、中国で顔面移植を受けた患者が死亡したというという報告がありました。
AFP BB NEWS "顔面移植手術を受けた中国人男性、今年7月に死亡"
(詳しくはこちら
img_e5564da3abea47700c58a545fae701da196745

実はこの死亡のニュースは2008年のもので、最近見つけました。手術自体は、2006年4月に北部陝西(Shaanxi)省西安(Xian)の西京医院(Xijing Hospital)で顔面移植手術を受けました。当時は大変センセーショナルであったと記憶しています。今回のように死亡したニュースはあまり伝えられないので、知って驚きました。

手術の経過自体は良好でしたが、免疫系の薬を漢方に切り替えた後、今年7月に地元で死亡したとのことです。

免疫抑制剤は感染症のリスクはよく知られていますが、他にも悪性腫瘍、骨髄抑制による血球減少のリスクも上がります。

臓器移植を行うとこういった免疫抑制剤の内服をずっと続けなければならず、患者さんにとってそれが大変な負担になっています。

顔面移植は手術の手技だけでなく、こういった薬物療法の進歩を期待したいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
26 2月

医療ツーリズム 違法なブローカー、クリニックの取り締まり

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
GIDの乳腺切除術があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、韓国で違法なブローカー、クリニックの取り締まりを行うという報告がありました。
Yahoo!NEWS "S. Korea cracks down on foreign-focused plastic surgery clinics"
(詳しくはこちら
17e3f152ed96bd431cabaebf93b39456eb723d7b

韓国の医療ツーリズムといえば、美容医療ですが、近年は悪質ブローカーや未認可のクリニックが増えているようです。
韓国では2013年には21万件以上の治療が行われており、2009年から1年につき37%ずつ増加しているということです。特に中国人の増加が著しく、25400人以上の中国人は平均3150ドル(現在のレートで37万7千円)払っているようです。韓国の物価からすると大変な額です。

しかしながら、悪質ブローカーの介入により法外な料金を取られたり、未認可のクリニックの治療中に患者が昏睡状態になるというニュースもあるとのことです。 

違法なブローカーや未認可のクリニックには最大3年間の懲役と罰金がかせられるようです。

日本では、ここまでの医療ツーリズムバブルはありませんが、円安効果や観光客の増加に伴い、少しずつ増えていくと予想されますので、他山の石として、法の整備を進める必要があると感じます。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
25 2月

CTスキャン・タッチパネル・3Dプリンタ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
二重埋没法や多くの保険診療があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、全身CTスキャンを治療に役立てるという報告がありました。
the gurdian "Virtual cadavers may help surgeons save limbs and lives"
(詳しくはこちら

eb22c280-77a5-42d8-b16c-fe0f131938ec-620x209

最初は米国の兵士向けに、戦争で負傷した場合に治療に役立てるために用いられていたもののようです。コストは一人あたり100ドル以下で全身CTを撮影できます。

たとえば爆弾で骨が欠損した場合にCTデータから人工骨を3Dプリンタですぐに作ることが出来ます。

また全身CTに合わせた等身大のタッチパネルで観察することが出来ます。
こられをDigital twins(デジタルの双子)と読んでいます。
97f315f0-63c9-4ec4-b89c-1f360072157b-620x414
 
テクノロジーの進歩でこのような有益な情報が安価で手に入る時代になったのは嬉しい事です。 
形成外科でも再建分野で非常に役立つでしょうね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
24 2月

戦争で負傷した兵士の顔面再建

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
肩の脂肪腫や頭部の脂腺母斑切除など保険診療が多くがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、戦争で負傷した兵士の顔面再建についての報告がありました。
NEW YORK DAILY NEWS "Plastic surgeon fixes wounded veterans' bodies — and their attitudes"
(詳しくはこちら
戦士01

兵士はイラク戦争で作業の途中で爆弾で負傷しました。

顔や手を負傷しました。手の方は義肢にしたのですが、顔面は形成外科的手技で再建を行いました。 
手術方法は前額皮弁で行うもので、全鼻再建でよく用いられる方法です。
戦士02

通常の美容外科ではここまで行いませんが、美容外科手術後の高度な変形に対して用いることがあるようです。
外見を整えて社会復帰ができるようにするのも形成外科、美容外科の重要な役割だと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
23 2月

患者あり遠方より来る、また嬉しからずや

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療でした。
腋臭症の反転剪除法の手術がありました。
慎重に経過を診ていきたいと思います。
 
本日、香港の患者さまの抜糸がありました。
まだ1週間ですので、腫れもありましたが、経過は順調だと思います。数日後に帰国するとのことで、気をつけて帰って欲しいです。また半年後に来院していただけるということで、お待ちしたいと思います。

私の患者さまは福岡、大分ともに7割以上が県外、市外から来られる方です。
香港の患者さまのように外国から来られる方もいらっしゃいます。

有名な論語の一文に「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」とあります。
遠方から訪ねてくる友人と酒をくみかわし、親交を深めることは人生の楽しみのひとつであるという教えです。私も学生時代にこの一文に深く感銘を受けました。

2911409334_135867efde_z

現在の状況も同じように言えると思います。
ー患者あり遠方より来る、また嬉しからずやー
これからも当院を選んできていただける患者さまに感謝を忘れないように頑張りたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
22 2月

ペットの美容整形

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療でした。
GIDの乳腺切除術がありました。
慎重に経過を診ていきたいと思います。

先日、ペットの美容整形についての報告がありました。
HNGN "Plastic Surgery: It's Not Just For Humans"
(詳しくはこちら
dog-at-vet

美容整形は人間だけでなく、ペットにも対象が広がっているようです。

たとえば、ペットは去勢手術を受けることが多いのですが、その後の睾丸をシリコンで代替したり、犬などでよく見られるまぶたが外反して眼球が充血している状態に対して、眼瞼のつり上げをしたりなどが行われているようです。

犬の手術は4000〜5000ドルが相場のようです。中にはフェイスリフトも行われているのはびっくりしました。

私はペットを飼ったことがないのでよくわかりませんが、ペット好きな人はペットを家族同然に扱うと聞いたことがあります。今後もこういった手術は増えていくかもしれませんが、ペットの権利も考えなければいけませんね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
21 2月

下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)のパーツモニターさま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。
二重埋没法、相談多数があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日は下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)のパーツモニターさまの経過をご紹介します。

患者さまは20代女性で、つり目で目が小さいのを気にされて来院されました。
下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)を行いました。

上:術前、下:術後1ヶ月
下眼瞼下制術01

少し虹彩と下眼瞼縁が離れて、三白眼ですが、ご本人のご希望でそのようにしています。

下眼瞼縁を切開していますが、傷はほとんどわかりません。 

下眼瞼下制術(たれ目形成術、グラマラスライン形成術)をご希望の方はぜひご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

20 2月

急激なダイエット後の皮膚のたるみ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療でした。
早朝に昨日手術をした方のドレーンを抜いて、大分を出発し、福岡の診療時間に間に合いました。
経過診察、カウンセリング中心の一日で久しぶりに手術がない1日でした。

先日、100キロ近い体重減少後の皮膚のたるみの治療の報告がありました。
Weekly Life & Style "Plastic Surgeon Offers Free Skin Removal Surgery to Teen Who Lost 208 Pounds!"
(詳しくはこちら

急激なダイエット後の皮膚のたるみ
ダイエット後皮膚のたるみ

日本では急激なダイエット後の皮膚のたるみの相談は少ないですが、海外ではこの皮膚のたるみの手術の特集があるくらいよくあるもののようです。

しかしながら脂肪吸引をした後にしっかりと圧迫しないと同様の状態になる可能性はあります。
脂肪吸引をご検討の方はご検討くださいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
19 2月

入国審査用の美容外科治療証明書 Medical Certificate for foreign patiant

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療でした。
早朝に昨日手術をした方のドレーンを抜いて、大分を出発し、福岡の診療時間に間に合いました。
経過診察、カウンセリング中心の一日で久しぶりに手術がない1日でした。
 
本日、香港の患者さまの要望で美容医療の診断書を作成致しました。

近年、医療ツーリズムが盛んになり、国際間で患者さまの行き来が多くなってきています。
美容医療も同様なのですが、顔の手術をした場合、入国審査に引っかかる可能性があります。

中国では数年前より問題になっていて、韓国で手術をして入国する際に顔が別人になっていることが多々あり、入国審査が混雑するといった問題が生じていました。
そこで各クリニックで美容外科の治療証明書を発行するようになってきました。

13382811593_e4d5b03485_z


今後も海外の患者さまを積極的に受け入れていこうと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
18 2月

南米ブラジルの美容外科事情

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療でした。
脂肪注入、フェイスリフト(頬、頸部)、顎下脂肪吸引がありました。
慎重に経過を診ていきたいと思います。

先日、ブラジルで美容外科によるリスクの報告がありました。
TIME " TV Star’s Plastic-Surgery Disaster Tests Brazil"
(詳しくはこちら
Brazil Plastic Surgery

ブラジルといえば、南米の美容外科のメッカで、国際美容外科学会の2013年の統計によると150万件の美容治療が行われおり、アメリカに匹敵する技術を持っています。特に乳房(乳房増大術、乳房縮小術)、脂肪吸引、殿部(殿部増大術)、急激な体重減少後の身体の皺取り手術などボディが有名です。

今回、ブラジルのモデルであるAndressa Urachさんが大腿の増量術(南米では四肢の増量手術も盛んに行われています。)を受けた後に感染症の合併症を来してしまい、美容外科手術のリスクについて警鐘を鳴らしているようです。

増量方法はいくつかあるのですが、UrachさんはFDA(アメリカ版厚生省)で認可されていないシリコンジェルを大量に注入されたようです。

最近でもブラジルのゴイアナで39歳の女性がおしりにハイドロゲルを注入して肺塞栓で死亡したばかりのようです。

ブラジルには形成外科専門医が5500人いるようですが、一方で美容外科のトレーニングをちゃんと受けていない非専門医が12000人いるようで、こういったトラブルが後を絶たないと報告されています。

個人的には非専門医でも勉強熱心な先生がたくさんいると思っていますが、一部の非常識な先生はどこの国にもいるのでしょうね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
ギャラリー
  • SHARE リラクラニオフェイシャルクリニック、東京
  • SHARE リラクラニオフェイシャルクリニック、東京
  • ボディペインティングによる解剖指導、ブラジル
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • 鼻尖縮小術・鼻孔縁下降術のパーツモニターさま 術後1ヶ月
  • 鼻尖縮小術・鼻孔縁下降術のパーツモニターさま 術後1ヶ月
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後3ヶ月
  • 東京診療 2017年12月で終了のお知らせ
  • 東京診療 2017年12月で終了のお知らせ
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索