makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

2016年10月

10 10月

左前腕刺青切除術のパーツモニターさま 術後1ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で勤務です。
頬骨削り術、咬筋ボツリヌストキシン注射、二重全切開術などがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

本日は左前腕刺青切除術のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、左前腕の刺青を取りたいとのご希望でした。
単純縫縮が可能と判断し、刺青切除術(1回法)で行いました。

上:術前拡大、中:術前、下:術後1ヶ月
刺青前腕術前 拡大
刺青前腕術前
刺青前腕術後1ヶ月

術後の盛り上がった傷、幅の広い傷を肥厚性瘢痕といいますが、これを予防するために中縫いをしっかりとし、盛り上げて縫っています。これは2ヶ月頃までに平らになります。
アフターケアをしっかりとしないと目立つ傷あとになってしまいます。

傷の完成は半年から1年になります。
また経過をお伝えしたいと思います。
 
刺青除去をご希望の方は牧野までご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

9 10月

鼻と口元を若々しく 鼻下長短縮術・口角挙上術・鼻翼挙上術のパーツモニターさま 術後10ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日はお休みを頂いて、子どもの運動会に参加してきます。
皆様にはご迷惑をおかけします。

本日は鼻下長短縮術・口角挙上術・鼻翼挙上術のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは30代女性で、上口唇の間延びした印象は老けを連想されるので、この部分の治療を希望されました。また口角が下がっているところも改善させたいということで口角挙上も加えて希望されました。
鼻の穴が正面からみえるのも気にされていましたが、鼻背と鼻尖部は触りたくないということで鼻翼挙上術で改善を試みました。

上:術前、下:術後10ヶ月
鼻下長短縮術 鼻翼挙上術 口角挙上

術後10ヶ月ですのでほぼ完成です。

鼻下長短縮術により上口唇の間延びした印象が改善され、若々しく見えます。
鼻翼もあがり、鼻孔の見え方がきれいになっています。
口角挙上は鼻下長短縮術により口角が下がってみえるのを予防する目的で行っていますので、控えめに行っています。傷あとも殆ど目立ちません。
しかしながら鼻下長短縮術の傷(鼻翼基部)がやや肥厚性瘢痕になっています。

この患者さまはモニターさまだったのですが、途中、来院を無断で中断され、適切なアフターケアが行なえませんでした。

通常の患者さまでも治療をより良くするために通院し適切な指導が必要なのですが、おそらくモニター写真を撮られたくないということで通院をしたくなかったのではないかと思われます。こちらの再三にわたる連絡にも出てくれず、最終手段でやっと来院していただいたのですが、信頼関係が大事な診療において大変悲しく思います。 

そういった背景もあり、傷がやや肥厚性瘢痕になっているのはアフターケアの不味さだとご理解ください。
 
術式の組み合わせとしてはそれぞれの効果が出て、バランス良く仕上がっていると思います。
 
鼻の手術は経験を要しますので、医師選びが重要です。
鼻の手術をご希望の方は牧野までご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

7 10月

左右差のある二重埋没法のパーツモニターさま Multiple Knot法

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
乳腺切除術、ダーマローラーなどがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は二重埋没法のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、もともと奥二重でしたが、他院で二重埋没法( 2点留め )を受けたようです。二重がとれてしまったので、治療を希望されました。

術前からまぶたの開きの左右差がありました。眼瞼下垂症などの治療を行わない限り、埋没法をしても左右差は完全には解消されないことを説明しました。今回は眼瞼下垂症手術などの追加治療を行わずに、最小限の治療を希望されたため、二重埋没法を行いました。

左:術前、右:術後3ヶ月
二重埋没法 眼瞼痙攣

術後3ヶ月ですので腫れはほぼ引いています。

一般的に目の開く力が弱い眼瞼下垂の傾向がある場合は腫れが引くのが遅くなります。

術後よくみてみると右目(向かって左)の眉毛が下がり、下眼瞼が上がっていますので、右目(向かって左)の眼瞼痙攣があることがわかります。
そこでこの日にボツリヌストキシン注射を行いました。
徐々に眼瞼の左右差が改善してくると思いますので、今後の経過もお伝えいたします。 

二重の手術は単純に埋没法だけでなく、眼瞼下垂や眼瞼痙攣、目頭、眉毛位置などをみて総合的に治療方法を判断する必要があります。治療は経験のある医師に相談することが重要です。

二重手術、まぶたの手術をご希望の方は牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

6 10月

治療方法の選択 

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京(クリニカ市ヶ谷)で診療です。
鼻孔縁下降術、カウンセリング、術後検診があります。
期待に応えられるように精一杯頑張ります。

本日はカウンセリングのお話です。

美容外科のカウンセリングをしていると患者さまにいろいろなタイプがあることに気づきます。

その中で私が困るのが「私は〇〇をしたいです。」といった
自己診断であらかじめ術式を決めている患者さまです。

患者さまの見立てが正しいこともありますが、そうでないこともあります。
その場合は、私はやんわりと軌道修正して、別の術式をおすすめするのですが、患者さまの中には頑なに提案を受け入れてくれないケースもあります。

その場合は、「その手術によって、一般的に好ましい状態にならないことがあります。具体的には〜。」と説明し、それでもその手術を受けたいというのであれば、以下に該当しない場合に機能的な問題が生じない範囲でお受けしています。

  1. 手術の効果と限界について理解できない
  2. 手術のリスク(傷あと、整容的悪化もしくは不変、完全には戻せない)を理解できない
  3. 話に整合性がない
  4. 主張が変化する

できれば患者さまにはいろいろな手術方法を考慮するこころのゆとりが欲しいものです。

しかしながら、カウンセリングの短い時間では心の整理がつかないこともあるかもしれません。
その場合はご自宅に帰ってから、じっくりと考えることをお勧めしています。

治療方法の選択は非常に大切ですので、ご理解の程、よろしくお願いします。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

5 10月

民族間の鼻の違い? 生まれつき鼻が小さい(先天性鼻低形成)

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京(クリニカ市ヶ谷)で診療です。
ルフォー骨切り、下顎矢状分割骨切り術、頬骨削り、鼻骨骨切り術の助手をします。
頑張ります。

最近、外国人の患者さまの鼻の手術を行う機会が続きました。
ひとりはフィリピン、もうひとりは中国の方です。

内容は二人とも、低い鼻を高くしたいというご希望でしたので、隆鼻術、鼻中隔延長術を行いました。

手術前の診察時から気になっていましたが、顔の大きさに対して、鼻が小さく、低いという形態的特徴がありました。顔が幅広く、大きめなのですが、鼻が小さめで、非常に低いというものです。

日本人の手術でこのようなケースはほとんどありませんので、民族の違いによるものなのかもしれません。

二人とも手術で鼻を目標まで高くしたのですが、皮膚の緊張が強く、これ以上の延長は難しいような印象でした。
同じアジア人といっても当たり前なのですが、日本と諸外国は見た目の特徴も違いがありますので、今回のように日本人にとって非常に稀なケースが外国人であり得ることは、今後の手術をする上での心構えとして必要だと感じました。

鼻形成術をご希望の方はぜひご相談下さい。

※牧野太郎個人ホームページもよろしくお願いします。
美容外科医 牧野太郎ホームページ

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

4 10月

新しい工夫をしたGID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
本日は眼瞼下垂症手術があります。
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は乳腺切除術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:乳腺切除術 術前、右:乳腺切除術 術後1ヶ月
乳腺切除dm

胸の大きさは小さめですが、皮膚のたるみが相対的に多い患者さまでした。
皮膚のたるみもなく、術後経過は順調でした。
傷は最小限で、患者さまも満足されました。 

今年の5月ごろから乳腺切除術に新しい工夫をしています。

5月に学会で乳腺切除術に関するまとめを発表したのですが、その際のアイデアと、
当院での修正手術から得た反省から乳腺切除術に関するマイナーチェンジを行いました。

より男性的な胸部形態をつくるできたのではないかと思います。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

1 10月

難しい大きな鼻をすっきりとさせる 鼻中隔延長術・鼻骨骨切り術・鼻翼縮小術・頬アゴアキュスカルプのパーツモニターさま 術後3ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
昨日は久留米で勤務でしたが、乳房縮小術という日本では珍しい手術がありました。
本日は福岡で診療です。
二重埋没法、カウンセリング、術後検診などがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は鼻中隔延長術・鼻骨骨切り術・鼻翼縮小術・頬あごアキュスカルプのパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、太い鼻をすっきりとさせたいというご希望でした。
鼻尖(鼻先)の太さ、鼻翼(小鼻)の張り出し、幅の広い鼻筋(広鼻)がありました。
鼻を全体を小さくするために鼻骨骨切り術、鼻尖と鼻翼をすっきりさせるために鼻中隔延長術、鼻翼縮小術を行いました。頬とアゴに脂肪を溶解するアキュスカルプも同時にしています。

上:術前、下:術後3ヶ月
鼻中隔延長術 鼻骨骨切り術 鼻翼縮小術

鼻先を小さくして、鼻尖と鼻翼の境界が明確になりました。
鼻尖も下がり、正面からの鼻翼と鼻柱の位置関係(ACR)も改善しました。
斜めからみると、眉間から鼻筋にかけてきれいなカーブラインを描いています。

鼻先を細くした影響で、鼻尖部上方が膨らむポーリービーク変形 ( Polly beak deformity )を来していますが、時間とともに改善してくると思います。 
 
かなり大きな鼻でしたので、手術方法を駆使して鼻を小さく、鼻スジを通しました。
鼻を小さくする手術は鼻骨骨切り術、鼻尖縮小術や鼻翼縮小術、鼻翼挙上術などがあります。
一般的なクリニックは大きくする手術 ( augmentation ) は行われていますが、減量術 ( reduction ) は技術を要しますので、余り行われていません。
「せっかく手術を受けたのに、料金を支払い、傷を作っただけであまり効果がみられなかった。」ということも実は珍しい話ではありません。
 
鼻の手術は経験を要しますので、医師選びが重要です。
鼻の手術をご希望の方は牧野までご相談ください。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • フェイスライン脂肪溶解注射(FatX)、頬ヒアルロン酸、ウルトラセル、額脂肪注入のパーツモニターさま
  • アゴ削り(Vライン形成)、隆鼻術(シリコンプロテーゼ)、ショートフェイスリフト、ネックリフトのパーツモニターさま
  • 日本美容外科学会でシンポジストとして参加しました(*^_^*)
  • 日本美容外科学会でシンポジストとして参加しました(*^_^*)
  • カザフスタンに行ってきました
  • カザフスタンに行ってきました
  • カザフスタンに行ってきました
  • 顎顔面用CTを導入しました(*^_^*)
  • 顎顔面用CTを導入しました(*^_^*)
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索