makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

2017年03月

31 3月

牧野太郎 各クリニックでの診療スケジュール

こんにちは。牧野太郎です。
本日はお休みを頂いています。

先日、患者さまよりクリニックでの診療スケジュールについてのお問い合わせがありました。
いくつかのクリニックで勤務していますので、診療スケジュールがわかりづらくて申し訳ございません。

私のホームページの診療スケジュールから確認できます。
牧野太郎 診療スケジュール

こちらをご参照下さい。
今後とも宜しくお願い致します。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

29 3月

大きい乳房のGID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。

本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、ミラドライ、ボトックス注射、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日は乳腺切除術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:乳腺切除術 術前、右:乳腺切除術 術後1ヶ月
乳腺切除 tm 術後1ヶ月



乳房は非常に大きかったので、皮膚が縮んでくれるか心配でしたが、術後のアフターケアをしっかりとしていただいたお陰で引き締まりました。皮膚のたるみもなく、良好な胸郭形態を作ることが出来ました。
乳房のサイズからすると皮膚のたるみが生じるかどうかギリギリのラインでしたが、良好な結果を出すことができて良かったです。

2016年の5月ごろから乳腺切除術に新しい工夫をしています。

5月に学会で乳腺切除術に関するまとめを発表したのですが、その際のアイデアと、
当院での修正手術から得た反省から乳腺切除術に関するマイナーチェンジを行いました。

より男性的な胸部形態をつくるできたのではないかと思います。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

26 3月

7年ぶりの診察 隔世の感

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
経過診察、カウンセリングがあります。
がんばります。

先日、鼻の手術のカウンセリングがありました。
実はその患者さまは7年前(2010年)に一度診察させていただいたことがありました。鼻の美容手術後の合併症で高度な鼻の変形を来していました。当時、私はまだ福岡大学病院形成外科に勤務しており、環境や技術的にもお力になれなく、その後の経過を心配していました。私は診察後まもなく、大学病院を辞し、かねてから希望していた美容外科の世界に入ることになります。

その患者さまがなんと7年ぶりに私のところに修正の相談に来ていただきました。インターネットで私の存在を知り、当時を覚えていてくださり、今回の受診となりました。
当時の鼻と比べて自然な鼻形態に回復されており、非常に良い経過だと思いました。
聞いてみると大ベテランの先生に治療していただいたようでした。また社会復帰もされていて、安心致しました。修正に関しては鼻の手術は丁度よい塩梅にするのはとても難しく、1~2ミリ違えば、バランスが崩れる手術です。少し物足りないと感じるくらいがちょうどよく、それ以上加えると一気に不自然になる部位です。
 患者さまには修正をする場合に目標点をどこに置くのか、その場合のリスクを考えた上で手術を検討しましょうとお伝えしました。

一方で、 私が大学病院を辞めてからもう7年も経過したのだなと感慨深く感じました。鼻の手術については当時、どんな術式があるのかも知らないレベルでしたが、現在では得意手術の一つとなっています。現在では難しい鼻手術の相談もされたり、外国の患者さまが訪ねてくるような状況で、ずいぶん環境が変わりました。これまで目の前の診療に集中する余り、あまり振り返る時間が無かったのですが、いい機会をいただいたと感謝しました。

これからも患者さまとのつながりと大事にいきたいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

24 3月

二重全切開のパーツモニターさま 術後2ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日はお休みをいただいています。

本日は二重全切開のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、厚ぼったいまぶたで、切開による二重を希望されました。通常、初回の二重手術は埋没法を勧めることが多いのですが、ご本人の指摘通り、まぶたが厚く、切開のほうがすっきりできると判断して、二重全切開法を選択しました。

上:術前、下:術後2ヶ月
二重切開2ヶ月oy

一重を二重にすると本来の目の開きがあらわになり、目が大きくなる方がほとんどです。
 
まだ術後2ヶ月なので、赤みと腫れはまだあります。 

まぶた・目の手術は解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
目の美容外科手術(二重埋没法、二重切開法、眼瞼下垂症手術、目頭切開、目尻切開、下眼瞼下制術、下眼瞼ハムラ法、眉毛下切開など)の相談はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

21 3月

清美会クリニック 福岡のクリニック名が変わりました

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、ヒアルロン酸注入、レーザー、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

患者さまにお知らせがあります。
福岡で私が勤務しているアテナクリニックが清美会クリニック(せいびかいくりにっく)に名前が変わりました。
清美会クリニック

スタッフや内装は変わらないのですが、クリニックの方向性を一新するためにクリニック名を変更致しました。ネット検索などでは旧名も載せていますが、 患者さまには戸惑わせてしまい申し訳ございません。 

今後とも宜しくお願い致します。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

20 3月

GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後2ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
乳輪縮小術があります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日は乳腺切除術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:乳腺切除術 術前、右:乳腺切除術 術後2ヶ月
乳腺切除ys 術後2ヶ月

乳房は小さめでしたので、皮膚のたるみもない良好な胸郭形態を作ることが出来ました。

2016年の5月ごろから乳腺切除術に新しい工夫をしています。

5月に学会で乳腺切除術に関するまとめを発表したのですが、その際のアイデアと、
当院での修正手術から得た反省から乳腺切除術に関するマイナーチェンジを行いました。

より男性的な胸部形態をつくるできたのではないかと思います。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

19 3月

術後1ヶ月の足の経過 リハビリ頑張ります

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
二重埋没法、乳輪乳頭縮小術、乳腺切除術があります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

2017年2月10日に左足関節の骨折して、2月13日に手術して、今週の月曜日で術後1ヶ月になります。
リハビリも続けていますが、福岡のクリニックで行っていますので、週に3日だけしか行なえません。
それ以外は自分で自動と他動で関節の可動域訓練を行っています。屈曲はある程度曲がりますが、伸展は腫れのために制限が強いです。
まだ腫れが強く、足を着けるとビリビリする知覚異常と痛みがあります。

左足:患側、右足:健側
IMG_0311

足首から足背にかけて腫れが強いです。

もう足を着けても問題ないですので、診療中は足を下げて行っています。

今月はもう大きな予定は入っていませんので、早く回復できるようにリハビリを頑張っていこうと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

18 3月

二重埋没法・目頭切開術のパーツモニターさま 術後1ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で勤務です。
経過診察、カウンセリングがあります。頑張ります。
 
本日は二重埋没法・目頭切開術のパーツモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、過去に他院で埋没法をしたみたいですが、緩んでしまったということでした。
そこで取れにくい二重埋没法であるマルチプルノット法と目頭切開術を行いました。

上:術前、中:術後1週間、下:術後1ヶ月
二重埋没法 目頭切開術 術後1ヶ月

術後1ヶ月でまだ赤みがあります。
赤みが引くまで1~2ヶ月かかりますので、完成は術後3ヶ月になります。
引き続き経過をみていきたいと思います。 

まぶた・目の美容外科・形成外科について治療をご希望の方はぜひご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

17 3月

福岡大学病院で手術協力 斜鼻に対する鼻骨骨切り術 

こんにちは。牧野太郎です。
本日は母校の福岡大学の形成外科学教室からお誘いいただき、斜鼻の手術を行ってきました。
お声をかけていただいたのは形成外科の診療教授である高木誠司先生です。

今回で福岡大学に呼んでいただいたのは2回目です。前回と同じく斜鼻に対して鼻骨骨切り術、鼻中隔弯曲症手術を行いました。
(前回の記事はこちら

ある程度シミュレーションをして臨みましたので予定時間内で手術を終えることが出来ました。

手術を終えて
左:森田愛先生、中:私、右:高木誠司先生
DSC08791

今回の左足関節の骨折はありましたが、昨年から手術の依頼をいただいていましたので、頑張って伺いました。幸いにも鼻の手術は座ってできるので本当に助かりました。

今回は福岡大学形成外科の手術がたいへん混んでいましたので、残念ながら見学者はいませんでしたが、高木先生と森田先生には私の手術手技についていろいろと話させていただきました。今後の診療の参考にしていただければと思います。

今後とも微力ながら大学と診療協力していきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

15 3月

GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後3ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
二重埋没法、目頭切開術、ミラドライ、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日は乳腺切除術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:乳腺切除術 術前、右:乳腺切除術 術後3ヶ月
乳腺切除oe 術後3ヶ月



軽度の乳房下垂がありましたが、乳房は大きくありませんでしたので、皮膚のたるみもない良好な胸郭形態を作ることが出来ました。

2016年の5月ごろから乳腺切除術に新しい工夫をしています。

5月に学会で乳腺切除術に関するまとめを発表したのですが、その際のアイデアと、
当院での修正手術から得た反省から乳腺切除術に関するマイナーチェンジを行いました。

より男性的な胸部形態をつくるできたのではないかと思います。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 美容外科手術を契機に禁煙が増加、アメリカ
  • 鼻形成術ライブサージェリー、国際美容外科学会ウェブセミナー
  • 鼻形成術ライブサージェリー、国際美容外科学会ウェブセミナー
  • 鼻形成術ライブサージェリー、国際美容外科学会ウェブセミナー
  • SHARE リラクラニオフェイシャルクリニック、東京
  • SHARE リラクラニオフェイシャルクリニック、東京
  • ボディペインティングによる解剖指導、ブラジル
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • 鼻尖縮小術・鼻孔縁下降術のパーツモニターさま 術後1ヶ月
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索