makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

2017年03月

14 3月

美容医療の得手不得手

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、二重切開術、ミラドライ、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、頬のたるみのご相談に患者さまがいらっしゃいました。
いくつかの施設で治療を受けましたが、満足がいかず、最終的に気になる膨らみが頬に残ったということでした。
何人かの先生から私を勧めていただいたようで、来院されました。

患者さまの希望は切らずに膨らみを取りたいというご希望でしたが、これまでの治療歴をお聞きすると一通りの治療は受けており、医師も数カ所受診し、それぞれオススメの治療を試してみたが効果がなかったということでした。

私は患者さまに、「これ以上切らない治療を行っても効果は見込めないと思います。これまで治療をした先生達はおそらく私よりも注入や糸などは得意な先生達だと思いますが、それで効果が無かったのですから、私がしても同じ結果だと思います。私は切る手術を得意としている医師ですので、手術であれば効果を出せる自信があります。」とお伝えいたしました。

美容医療は幅広く、大きく分けて手術と非手術に分かれます。私は非手術を含め、一通りの美容医療はできます。しかしながら、やはり得意なのは手術になります。
手術はヒアルロン酸注入よりも一般的には高度な手技ですので、患者さまからみると「手術がうまいのなら、ヒアルロン酸もうまいに違いない。」と思うかもしれませんが、必ずしもそうではなく、私よりもヒアルロン酸注入がうまい先生は数多くいらっしゃいます。

外科手術は形態・機能解剖、手術の基本手技、手術法の理論、教科書・論文からの体系的知識などが必要で、一朝一夕で身につくものではありません。そのため、そこそこのレベルの手術ができる先生はたくさんいますが、手術自体を極めようという先生は実は少なく、真の美容外科医というのはニッチな領域になりつつあると思います。私は医師になってから一途に手術の研鑽をしてきた経緯がありますので、手術に対して並々ならぬこだわりがありますし、安全な範囲で良好な結果を出す自信はあります。
 
美容医療と言っても幅広く、美容外科を標榜していても医師によって得手不得手な領域があることを知っておいた方が良いと思います。医師選びにはご参考下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

13 3月

フェイスリフト・ネックリフトのパーツモニターさま 術後の傷の経過 術後1ヶ月、6ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
耳介ピアスケロイドの手術、二重埋没法、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

本日はフェイスリフト・ネックリフトのパーツモニターさまの傷の経過を紹介します。

上:術前、中:術後1ヶ月、下:術後6ヶ月
フェイスリフト経過ts 半年


術後1ヶ月の際には傷はほんのり赤みがありますが、術後6ヶ月では赤みが消失し、傷あともほとんどわからないくらいになりました。

私はフェイスリフトでは症例により切開線を変えております。今回の患者さまのパターンだと生え際切開して、耳から少し離しています。

フェイスリフトの傷あとで問題になるのが
1.幅広い傷あと
2.もみあげの後退・消失
3.耳珠の平坦化・肥厚・拘縮
4.耳垂変形
になります。

私の過去の経験から皮膚を取り過ぎると上記を生じやすくなります。
できるだけ皮膚切除は最小限にして、皮下組織で牽引を行わければなりません。そのためには層構造を十分に理解して戦略的に引っ張らないといけません。

これは先日の学会で発表させていただいた内容に通じるところです。
(くわしくはこちら

私のフェイスリフトはやや腫れますが、効果につきましては学会で非常に高い評価をいただきましたので、国内トップクラスと自負しております。

フェイスリフトは解剖学的知識、豊富な経験が必要です。
お顔のたるみの相談、フェイスリフトご希望の方はぜひ牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

12 3月

「オール沖縄」は偽り、外国人・極左暴力団による侵略から沖縄を守れ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
二重埋没法、鼻尖縮小術、ネックリフト、脂肪吸引術などがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は政治の話です。

先日、沖縄基地問題について述べましたが、
(詳しくはこちらのブログ:沖縄における左翼の横暴 背景に中国共産党と朝鮮半島の影
             言論弾圧に負けない 反日・左翼による差別発言・不買運動は誤り

1月24日に行われた宮古島市長選では身近に迫っている中国の脅威に対して自衛隊配備を指示している市長が再選を果たしました。
2月12日の浦添市長選は自民党公明党推薦の前市長・松本哲治氏が当選しました。
いまや沖縄の翁長知事、沖縄タイムス、琉球新報が広めてきた「オール沖縄」がニセモノで、反日左翼によるプロパガンダということが明らかになってきています。

さらに沖縄の有志による「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会 」の我那覇真子さんが沖縄タイムスや琉球新報による偏向報道(真実を放送しない、政治思想による誘導的な報道)に対して批判を行っています。
「沖縄県民も我慢の限界」 我那覇真子氏、偏向報道や独立論を批判
(産経ニュース 2017年3月10日)

また沖縄の反基地軍団の中に暴力団も関係していることが明らかになってきました。
(産経ニュース 2017年3月10日)

沖縄県の人達が立ち上がって中国共産党・暴力団に対抗しようとしています。しかしながら、マスコミ(朝日新聞・毎日新聞・東京新聞を筆頭として)は依然として真実を報道しようとしません。むしろ「沖縄ヘイト」と無理やり差別的なレッテルを貼って都合の悪い事実をもみ消す方向に全力を傾けています。

私達も全力で沖縄を中国共産党から守る努力をするべきです。世論を動かしていく必要があります。

真実のニュースはこちらをみると勉強になりますよ。
DHCシアター
虎ノ門ニュース
ニュース女子

沖縄関連のニュースはこちらを参考にして下さい。
【DHC】3/8(水) 井上和彦・ケントギルバート・居島一平【虎ノ門ニュース】
58分ごろから御覧ください。
沖縄での反基地集団の犯罪行為を知ることが出来ます。

朝の通勤時間に通る米軍関連の車を一方的に止めて
49

車を叩いて、威嚇行為を行います。
02

罵詈雑言を浴びせ始めます。中には死ねと連呼するシーンもあります。 
47
48

英語でYou die, die, die, die! と浴びせ、脅迫威嚇行為と考えられます。まさに暴力団でしょう。 
43

こういった沖縄の真実を報道しないマスコミはもう死んでいると言わざるを得ません。
日本国民は沖縄を左翼・反日団体から取り戻すため、声を上げていきましょう。

真実を報道し議論するDHCシアターを今後も応援していきます。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

11 3月

GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。

本日は乳腺切除術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:乳腺切除術 術前、右:乳腺切除術 術後1ヶ月
乳腺切除術tm 術後1ヶ月


乳房は大きくありませんでしたので、皮膚のたるみもなく、良好な胸郭形態を作ることが出来ました。
乳輪乳頭縮小術は将来的に行う予定です。

2016年の5月ごろから乳腺切除術に新しい工夫をしています。

5月に学会で乳腺切除術に関するまとめを発表したのですが、その際のアイデアと、
当院での修正手術から得た反省から乳腺切除術に関するマイナーチェンジを行いました。

より男性的な胸部形態をつくるできたのではないかと思います。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

9 3月

GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1年1ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。

本日は乳腺切除術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:乳腺切除術 術前、右:乳腺切除術 術後1年1ヶ月
乳腺切除nh1年1ヶ月


乳房は大きくありませんでしたので、皮膚のたるみもなく、良好な胸郭形態を作ることが出来ました。
乳輪乳頭縮小術は現在希望されておらず、このまま経過をみていく予定です。

2016年の5月ごろから乳腺切除術に新しい工夫をしています。

5月に学会で乳腺切除術に関するまとめを発表したのですが、その際のアイデアと、
当院での修正手術から得た反省から乳腺切除術に関するマイナーチェンジを行いました。

より男性的な胸部形態をつくるできたのではないかと思います。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

8 3月

下眼瞼たるみ取り(経結膜ハムラ法)のパーツモニターさま 術後1ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
二重埋没法、眼瞼下垂症手術、ミントリフト、ミラドライなどがあります。
ご期待に添えるように精一杯頑張ります。

本日は下眼瞼たるみ取り(経結膜ハムラ法)のパーツモニターさまをご紹介します。

患者さまは30代女性で、下眼瞼のふくらみ、たるみを気にされていました。
黒クマ(影クマ)治療として、皮膚のたるみがありませんでしたので、経結膜ハムラ法をおすすめ致しました。

左:術前、右:術後1ヶ月
下眼瞼経結膜ハムラ法


目の下のたるみ、膨らみは消失し、涙袋が強調されました。
若々しく、優しい目元になったと思います。 

下眼瞼のたるみ取り、下眼瞼のふくらみを取りたいとのご希望の方はご受診くださいね。
できるだけ切らない方法をご提案いたします。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

6 3月

第6回Fresh cadaver解剖実習セミナー、ハワイ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
大きめの色素性母斑切除、ヒアルロン酸注入、ミラドライなどがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。 

先日はお休みをいただいて、ハワイのハワイ大学医学部解剖学教室で行われた第6回Fresh cadaver解剖実習セミナーに参加してきました。
今回の講師はリッツ美容外科の広比利次先生で、私は2010年から4年間リッツ美容外科で勤務しておりました。美容外科の基礎から応用まで習った恩師になります。
ハワイセミナー2017年表紙

左足の骨折もありましたので、参加するか悩んだのですが、恩師との約束もありましたので、頑張って参加してきました。
初日は広比先生による献体を用いた鼻のライブサージェリー、二日目は参加者による献体解剖を行いました。内容は非常に濃く、新しい手技の習得も行えました。

参加者一同(参加者は50名で非常に多くの美容外科医が参加しておりました。)
003


全体のセミナーの翌日は恩師であるリッツ美容外科の広比利次先生と一緒に解剖を行いました。
ハワイ解剖セミナー2017年 007 (1)

実は今回のハワイの目的は恩師の解剖のサポートでした。昨年からのお約束でしたので、今回の骨折でお断りすることは不義理だと思い、参加致しました。結果、少しでも恩返しができたのではないかと思います。

ハワイ大学医学部の学食でランチしました。
ハワイ解剖セミナー2017年 009 (1)


解剖を行うと普段の手術手技の裏付け、新しい手術へのアイデアを得ることが出来ます。
解剖セミナーで得た知識を治療に還元していきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


3 3月

患者さまからお花をいただきました

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。
乳腺切除術、ミントリフト、下眼瞼ミッドチークリフト、上眼瞼たるみ取りがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

一昨日までハワイの解剖セミナーに参加しておりまして、松葉杖移動の制約などからパソコンを持っていけませんでしたので、ブログの更新やメールの返事など滞っていました。申し訳ございませんでした。

昨日は大分に移動して、診療を行いました。
ブログをみてこられる患者さまも多く、「先生大丈夫ですか?」とお声掛けいただくこともあります。

東京の旧知の患者さまからお花をいただきました。
IMG_0250

とても立派なお花ありがとうございました。元気づけられます。
早く回復できるように1日1日を気をつけて過ごしていきたいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • フェイスライン脂肪溶解注射(FatX)、頬ヒアルロン酸、ウルトラセル、額脂肪注入のパーツモニターさま
  • アゴ削り(Vライン形成)、隆鼻術(シリコンプロテーゼ)、ショートフェイスリフト、ネックリフトのパーツモニターさま
  • 日本美容外科学会でシンポジストとして参加しました(*^_^*)
  • 日本美容外科学会でシンポジストとして参加しました(*^_^*)
  • カザフスタンに行ってきました
  • カザフスタンに行ってきました
  • カザフスタンに行ってきました
  • 顎顔面用CTを導入しました(*^_^*)
  • 顎顔面用CTを導入しました(*^_^*)
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索