makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

2017年05月

27 5月

乳房インプラント抜去手術が増加傾向、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
乳頭縮小術、カウンセリングなどがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、乳房インプラント抜去手術についての報告がありました。

CBS NEWS " Why some women are undergoing breast "explants" "
2017年5月10日
(くわしくはこちら

近年、アメリカでは乳房インプラント抜去手術が増加しているとのことです。

若い時(主に20代)に大きなバストを希望して手術を行いますが、40代近くになってくるとだんだんと外見とライフスタイルがつりあわなくなってきます。そこで抜去を考えるようです。

ビバリーヒルズの美容外科医のリサ・キャシリース は「30歳をすぎて、小さな乳房インプラントに入れ替えるか、取り出す手術を希望する患者が増えている。」と言っています。

有名人では、メディアのパーソナリティのシャロン・オズボーンや元スパイスガールズのヴィクトリア・ベッカムは乳房インプラント抜去手術を受けたことを公表しています。

アメリカ形成外科学会によると2016年に290000人以上の患者がバスト手術を受けて、一部の女性は健康上の理由から乳房インプラントを抜去しています。
また最近では稀な悪性腫瘍の発生により9人が亡くなっており(くわしくはこちら)乳房インプラントを受けた患者で関節痛、発疹、腫れなどの症状が出た場合は注意が必要と言ってます。

乳房インプラント手術はサイズを変えたり、抜去をする可能性などを考えると数回の手術が必要なる可能性があります。

乳房インプラントの治療を受けられる患者さまはこれらを考慮しておく必要がありますね。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
25 5月

美容外科手術は人生の質を向上する可能性がある、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
タトゥー切除、カウンセリングなどがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、美容外科の生活の質に対する影響についての報告がありました。

Newsweek " COULD A FACELIFT REALLY IMPROVE YOUR LIFE? "
2017年4月27日
(くわしくはこちら

研究では、参加者にフェイスリフトや眼瞼の美容外科手術を受けた女性患者の写真を無作為に選び、その写真をみて、魅力的かどうか、成功していそうか、健康そうかなどを判断してもらいました。写真は術前もしくは術後のどちらかをみてもらいました。

その結果、 術後写真が高く評価されました。術後の方が、より魅力的で、健康的で、成功しているように見えました。年齢も若くみられる傾向にありました。
 
多くの研究では、身体的魅力が多くの人生の利点をもたらすことが示されており、例えば
・司法制度に影響を与えること、例えば魅力的な被告は陪審員によって刑罰が低くなる
・選挙では身体的に魅力的な候補が選ばれやすい
などがあります。 

美容外科手術には単純な手術結果に加えて、上記のような利益を享受できる可能性があるようです。
また手術によりコンプレックスが無くなることで自信がつきますし、内向きな思考が減り、幸せにそうに見えるようになります。

シカゴのイリノイ大学の顔面形成外科医のSteven Dayan医師は「個人の精神を通じて自信を高めること以上に人間の魅力を引き出す方法はない」と言っています。
さらに「物理的完成度の評価のみで成功を定義するのは正しくない」と述べ、
「美容外科医や医学界は手術が精神に与える影響や社会に与える影響を知り、明確にし、未来の発展のために教育していく必要がある」としめています。

日本では以前より、美容外科は幸福医療とか、精神外科とか言っている医師もいましたが、それを裏付けるエビデンスがありませんでした。
マイナス面が注目されやすい美容外科ですが、今後は美容外科が与えるプラス面も強調していく必要があると思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
24 5月

乳房シリコンバッグによる悪性腫瘍(未分化大細胞リンパ腫)との関連、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
手術の助手およびカウンセリングなどがあります。
がんばります。

先日、乳房シリコンバッグによる悪性腫瘍の発生に関する報告がありました。

The New York Times " A Shocking Diagnosis: Breast Implants ‘Gave Me Cancer’ "
2017年5月14日
(くわしくはこちら
13implants3-inyt-superJumbo

Breast implant-associated anaplastic large-cell lymphoma (乳房インプラント関連未分化大細胞リンパ腫)は免疫系のまれな悪性腫瘍です。
シリコンバッグによる乳房増大術を受けた方は世界で1000万人以上いますが、その中のごく一部に発生したまれな悪性腫瘍で、シリコンバッグの特徴は表面がざらざらしたテクスチャータイプと呼ばれるものです。このバッグは炎症を起こし、その結果、リンパ腫が生じるようです。初期に発見されれば治療は可能であるようです。

2011年にアメリカのFDA(食品医薬品局)がバッグとそのリンパ腫の関連性を初めて報告し、製品のラベルに追加されたようですが、あまり周知されていなかったようです。そのため、最近まで、疾患について知らない医師も多く、患者への説明もなされていなかったようです。

シリコンバッグの人気はますます高まっており、アメリカでは2000年から2016年にかけてバッグは37%増加し、乳房切除後の再建では39%増加しています。毎年40万人が乳房のシリコンバッグの手術を受けています。

2016年末にアメリカの癌ネットワーク(National Comprehensive Cancer Network)が治療のガイドラインを発表しました。それにはインプラントおよびその周囲の被膜カプセルをすべて取り除くことが必要で、残存すれば再発のリスクが高まるということです。

現在、世界では359件のリンパ腫の報告があり、FDAによると9人がリンパ腫によってなくなっています。
(くわしくはこちら
現在までの報告では 1000~30000人に1人の発症率で、手術から2~28年(中央値8年)で発見されます。多くはテクスチャータイプの乳房シリコンバッグでした。
この疾患は多くは治療可能であり、85%は手術のみで大丈夫のようです。広がっていれば化学療法と放射線療法が必要になるようです。

発症機序は①慢性炎症説 ②シリコンバッグによる遺伝子発現説があるみたいですが、今後の研究が待たれます。

日本ではまだ発症の報告が無く、おそらく発症頻度は大変低いと思われますが、テクスチャータイプのシリコンバッグの治療を受けた方、今後検討している方は参考にして下さいね。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
23 5月

男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
保険診療があります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。 

本日は乳輪縮小術・乳頭縮小術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除
乳腺切除術後3ヶ月に乳輪乳頭に対して乳輪縮小術、乳頭縮小術を行いました。

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:術前、右:乳輪乳頭縮小術 術後1ヶ月
乳輪乳頭縮小術 術後1ヶ月


拡大像
上:術前、下:乳輪乳頭縮小術 術後1ヶ月
乳輪乳頭縮小術 拡大 術後1ヶ月

たるんだ乳輪と大きな乳頭がありましたが、乳輪のたるみが消失し、乳頭の突出感が消失しました。
傷あともあまり目立ちません。
乳輪はもう少し小さくしたかったですが、皮膚のシワ(ギャザー)が目立つのでこの程度に留めました。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

22 5月

母親の若返り手術 Mommy make over、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
下眼瞼経結膜ハムラ法(下眼瞼のくま手術)、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、母親の若返り手術と言われるMommy make overに関する報告がありました。

mlive " MOTHER LODE: Motherhood got you bent out of shape? Let little ones take your measurements "
2017年5月4日
(くわしくはこちら

Mommy makeoverとはMommy(ママ)Makeover( イメージチェンジ、修復)という意味があります。

妊娠や授乳により
乳房のボリュームが減り、下垂します。また乳輪が拡大し、乳頭が伸びます。
腹部は妊娠線や腹壁の緩みなどがみれらます。
加えて、 肥満による体型の崩れなどが生じます。

これらの変化に対して
乳房増大術:萎んだ乳房を大きくする手術
乳房固定術:垂れた乳房を持ち上げる手術
タミータック(Tummy tuck) :腹部のたるんだ皮膚を取り除く手術
脂肪吸引:身体の輪郭を調える手術
などの需要が増えてきているようです。

日本では馴染みの少ない手術ですが、ボディに対する関心の高い欧米では需要が増えてきているようです。今後日本でも増えてくるかもしれませんので、知っておく必要がありますね。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
21 5月

GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
顎削り、口角挙上術があります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。 

本日は乳腺切除術の患者さまを紹介します。

患者さまは性同一性障害(Gender Identity Disorder:GID)の患者さまで身体は女性ですが、心は男性( Female-to-male transsexuals ( FTM ) )で乳腺切除をを行いました。
性同一性障害の治療 乳腺切除

今回の患者さまはモニターではないのですが、写真の使用について快く承諾してくださいました。
同じように悩まれている患者さまにとって大変参考になると思います。

左:乳腺切除術 術前、右:乳腺切除術 術後1ヶ月
乳腺切除ky 1ヶ月


乳房は大きめでしたのが、若く皮膚の弾力性が良かったため、たるみ無く引き締まりました。
日焼けしてるため、傷あとが白くやや目立っていますが、時間が経てば馴染んでくると思います。
良い経過だと思います。
 
2016年の5月ごろから乳腺切除術に新しい工夫をしています。

5月に学会で乳腺切除術に関するまとめを発表したのですが、その際のアイデアと、
当院での修正手術から得た反省から乳腺切除術に関するマイナーチェンジを行いました。

より男性的な胸部形態をつくるできたのではないかと思います。 

GID(FTM)の乳腺切除症例数が国内トップクラスですので、ノウハウが蓄積されており、最小限の瘢痕で治療可能です。

写真のご提供ありがとうございました。

性同一性障害(GID) の乳腺切除術をご希望の方は牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

20 5月

スパで美容治療後に死亡事故、コロンビア

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
カウンセリング、経過診察などがあります。
 
npr “Quest For Beauty In Colombia Sometimes Ends In Tragedy”
2017年5月7日
(くわしくはこちら
jcc2-716a782662a2ef26abb6fe7f7ee4d584e1ec240c-s1600-c85
(亡くなった女性の遺影)

概要は
コロンビアのメデリンで21歳の女性がスパでお尻を大きくする治療を受け、治療後に呼吸苦が生じ、治療後6日目に亡くなってしまったというものです。

スパでの治療は女性の友人も受けて、その友人は治療結果を気に入っており、勧められたのがきっかけで、治療を決断したようです。彼女達はスパの施術者を医師だと思っていたようですが、実は医師でなく、スパも美容院で登録されていたようです。注入したものも液体とゲルの混合液で、どういったものか不明です。おそらくはシリコンや植物油などではないかと言われています。その注入物が血管内に入り、肺静脈をつまらせて肺塞栓症を来したのが死因だと思われます。

コロンビアは357000件以上の美容手術・非手術が行われ、世界で8番目の規模になります。
規模が大きいと、値段や質もピンキリになってしまいます。

認定施設で美容外科専門医による治療をうけるのが真っ当なのですが、一方で今回のように医師で無い人や美容外科医以外の医師による治療も多く行われているようです。美容外科医以外の医師による治療も全体の2~3割あるようです。

コロンビアでは、毎年何人もの患者が治療で死亡するかどうかを知ることは困難です。
新聞の報道によると、メデリンでは2016年に美容外科による死者9人が報告され、2006年から2017年にかけて、地方検察庁はメデリンでは60件の死亡事件を記録しています。しかし、多くの患者が治療したことがバレたくないので、公にならないものもあると言われています。

市場規模が大きくなるとどうしても質がばらけてくるのはしょうがありませんが、あまりに安い、うまい話には気をつけなければなりません。ある程度、安全な治療を行うためには一定のコストは必要になります。皆様、気をつけましょうね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
19 5月

頬骨骨切り術・下顎骨切り術(エラアゴ削り)・二重埋没法・顔脂肪注入術のフルフェイスモニターさま 術後6ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
二重埋没法の抜糸、経過診察、カウンセリングなどがあります。
頑張ります。

本日は頬骨削り・下顎削り(エラアゴ削り)のフルフェイスモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、幅広二重となめらかな輪郭を希望されました。

目の二重を広げたいという希望で二重埋没法(マルチプルノット法)、
輪郭を整えるために咬筋ボツリヌストキシン注射と 頬骨削り・下顎削り(エラアゴ削り)、前額やこめかみ、頬に脂肪注入を行いました。

左:術前、右:術後6ヶ月
二重埋没法 顔脂肪注入 頬骨エラ顎削り術後 6ヶ月

顔面骨の縮小効果により、一時的に皮膚がたるんでしまいます。
今回のモニターさまは若いですが、それでも皮膚のたるみが引き締まるまで6ヶ月かかりました。

現在では、二重は広がり、左右差がなくなりました。
輪郭は小さく、かつシャープになりました。
頬は窪みがなくなりふっくらとした印象になりました。

よい経過だと思います。

輪郭手術(頬骨削り、下顎骨(エラアゴ)削り、前額形成術)をご希望の方は牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

18 5月

第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
経過診察、カウンセリングなどが入っています。
頑張ります。 

先日、第105回日本美容外科学会(JSAS)に参加してまいりました。
場所は昨年と同じく、東京のANAインターコンチネンタル東京です。
IMG_0588
 
IMG_0593

会長は城本クリニックの森上先生です。
IMG_0590

今回の学会では形成外科系の先生達も多く発表しておりました。
加えて、日本美容皮膚科学会や韓国美容外科学会(KAAS)の共催セッションなどもあり、形成外科にとらわれず、いろいろな考えが聞けて、興味深かったです。

学会で学んだ内容は今後の診療に役立てて行きたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


17 5月

動画で見る 頬骨骨切り術・下顎骨切り術(エラアゴ削り)のフルフェイスモニターさま 術後6ヶ月

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
ルフォー骨きり、下顎矢状分割骨きり、
ご期待にそえるように頑張ります。

本日は頬骨削り・下顎削り(エラアゴ削り)のフルフェイスモニターさまを紹介します。

患者さまは20代女性で、なめらかな輪郭を希望されました。
咬筋ボツリヌストキシン注射と 頬骨削り・下顎削り(エラアゴ削り)を行いました。

術前後の比較が動画で確認できますので、非常にわかりやすいと思います。

脂肪吸引や皮膚の引き締め治療を行えば、さらに小顔になれると思います。

輪郭手術(頬骨削り、下顎骨(エラアゴ)削り、前額形成術)をご希望の方は牧野までご相談下さい。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 乳房シリコンバッグによる悪性腫瘍(未分化大細胞リンパ腫)との関連、アメリカ
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • スパで美容治療後に死亡事故、コロンビア
  • 頬骨骨切り術・下顎骨切り術(エラアゴ削り)・二重埋没法・顔脂肪注入術のフルフェイスモニターさま 術後6ヶ月
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索