makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

2018年08月

28 8月

Sugery First Summit 2018, 仙台

こんにちは。牧野太郎です。
8月26日から本日まで仙台で開催されているSugery First Summit 2018に参加しています。

IMG_3478

顔面の輪郭形成で避けて通れないOrthognathic Surgery (顎矯正手術)
最新の知見を学びに仙台に来ました

IMG_3477

通常の顎変形症手術は術前の矯正治療が長く、顔貌の改善するまで長ーい時間が必要でした
それを克服する方法として最小限の矯正をした後に早期に手術を行うサージェリーファーストが考えられました。患者さま中心で考えられたコンセプトですが、なんと最初に世界に報告したのは日本人で、その後世界に広まっていきました。
IMG_3481

最初の報告から10年の節目に最初の報告者である菅原準二先生が会長として行われた今回の学会。
ヒジョ〜に勉強になりました。

夜は学会の懇親会。
国際学会でしたので、和のオ・モ・テ・ナ・シでした
IMG_3483

IMG_3486

学ぶことは何歳になっても楽しい

得られた知見を診療に還元してまいりたいと思います。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

#美容整形 #福岡 #大分 #aestheticsurgery  #fukuoka #oita #japan #美容外科 #顎変形症 #sugeryfirst #サージェリーファースト #ルフォー #lefort #SSRO #下顎 #牧野皮膚科形成外科内科医院 #makino #牧野太郎 #orthognathicsurgery #顎矯正手術 #おもてなし

16 8月

貧しい人々への無料手術、アメリカ

こんにちは、牧野皮膚科形成外科内科医院の牧野です。

先日、貧しい人々への無料手術という記事がありました。

FOX5 "Plastic surgeon helps young shooting survivor put past behind her"
2018年7月16日
(くわしくはこちら
スクリーンショット 2018-08-16 13.23.33(2)


記事によると21歳ジュリア・デイビスの場合、2014年のクリスマスイブでで打たれました。アゴに重症を負い、外傷センターで8時間の手術を受けました。ジュリア・デイビスは一命をとりとめ、高校へ戻り、大学へ進学しましたが、再建手術が高価なため受けられませんでした。
2017年の春、ジョーンズ博士と米国内の形成外科医グループが7歳から21歳までの子供や若い成人を対象とした再建手術を提供していることをデイビスは知りました。
2018年6月ジュリア・デイビスはアゴの再建手術を受けました。瘢痕組織を取り除き、皮膚移植と皮弁を使って再建しました。まだ完全ではありませんが、見た目はだいぶ改善しました。アメリカだと通常15000ドル(約166万円)かかるようですが、無料で受けることができました。
治療を受ける資格は再建手術が必要な7歳から21歳の子供と若者で、財政上の必要性に基づいており、応募者は一定の資格を満たさなければなりません。また治療後に地域活動の奉仕をしなければならないということです。

日本では国民皆保険制度高額療養費制度生活保護などのセーフティーネットがありますので、こういった問題は生じにくいとは思います 日本の保険制度は本当に優れていますね。
それにしてもアゴの醜状瘢痕を治療するのに166万円かかるのは高すぎる気が
それが無料にするというのは確かにすごいですが、両極端な話です。日本人の私には理解できません。 
日本とアメリカの文化の差を感じたニュースでした
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

#美容整形 #福岡 #大分 #aestheticsurgery  #fukuoka #oita #japan #顔面再建 #外傷 #治療費 #保険制度 #アメリカ #美容外科 #牧野皮膚科形成外科内科医院 #makino #牧野太郎 #極端
15 8月

東京からの患者さま( つ╹ω╹)つ

こんにちは。牧野医院の牧野です。 

先日、東京からブログをみていただいている患者さまが手術を受けに大分に来ていただきました。

私が東京に行っている時に手術を受けたかったようですが、タイミングが合わないまま、私が東京のクリニックを辞めましたので、とても残念だったとのこと

お土産をいただきましたヾ(〃∇〃)ノ
DSC_8316 (1)

DSC_8318 (1)

ベルンのミルフィーユチョコレートでした!!
美味しくいただきました(っ>ω<c)

ありがとうございました

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

#美容整形 #福岡 #大分 #aestheticsurgery  #fukuoka #oita #japan #土産 #berne #チョコレート#ベルン #ミルフィーユ  #美容外科 #牧野皮膚科形成外科内科医院 #makino #牧野太郎 
1 8月

乳房インプラント後のしこりに注意、アメリカ形成外科学会

こんにちは。牧野太郎です。

アメリカ形成外科学会よりBIA-ALCL (Breast Implant-Associated Anaplastic Large Cell Lymphoma) の続報が届きました。
2018年8月1日
unnamed

BIA-ALCL (Breast Implant-Associated Anaplastic Large Cell Lymphoma) とは乳房インプラント関連リンパ腫のことで、以前よりアメリカでは話題になっていましたが、徐々に解明されてきているようです。
乳房インプラントはシリコンバッグのことで、胸を大きくする豊胸術(乳房増大術)、乳がんで乳房を失った方の再建でも用いられていますね

まず癌ではないです。乳腺から発生するものでなく、乳房インプラント周囲の皮膜(カプセルとよばれています。)から発生し、症状はしこり乳房の腫れなどの症状が生じます。リンパ節が腫れたり、稀に遠隔転移を起こします。
ただ、世界的にはBIA-ALCLによって亡くなった方が16名報告されています。

シリコンバッグはすべてテクスチャータイプ(表面ざらざら)のもので生じています。特にバイオセルやポリウレタンコーティングされたもの、テクスチャーが粗いものでリスクが高いようです。

原因は細菌汚染、長期的アレルギー性炎症反応、インプラントのテクスチャからの刺激、および遺伝的要因が言われています。

発生頻度は1/1000 ~1/30000とばらつきがあります。
使用期間は2~28年(平均8年)
スムースタイプ(表面つるつる)では生じていないのもポイントですね。

インプラントの周りに液体が1年以上溜まっている場合貯留液を採取してCD30の検査を受ける必要があります。マンモグラフィーは診断には使えません。

気になる場合は主治医の先生にご相談してみてください
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

#美容整形 #福岡 #大分 #aestheticsurgery  #fukuoka #oita #japan #facelift #フェイスリフト#豊胸 #シリコンバッグ #シリコンバッグ #乳房 #リンパ腫 #牧野皮膚科形成外科内科医院 #makino #牧野太郎 
ギャラリー
  • 日本美容外科学会でシンポジストとして参加しました(*^_^*)
  • 日本美容外科学会でシンポジストとして参加しました(*^_^*)
  • カザフスタンに行ってきました
  • カザフスタンに行ってきました
  • カザフスタンに行ってきました
  • 顎顔面用CTを導入しました(*^_^*)
  • 顎顔面用CTを導入しました(*^_^*)
  • 顎顔面用CTを導入しました(*^_^*)
  • 二重埋没法のパーツモニターさま Multiple Knot法をして埋没糸を抜糸した症例
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索