makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

診療日記

28 4月

東海大学 形成外科 赤松教授の手術を見学 久しぶりのクリニカ市ヶ谷

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
胸部脂肪注入などがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

今週の水曜日に久しぶりにクリニカ市ヶ谷に行きました。最後の診療日が2017年2月9日でしたので、約2ヶ月ぶりです。
左足骨折後で初です。

来月(2017年5月)からクリニカ市ヶ谷に復帰する予定でしたが、東海大学形成外科の赤松正教授の手術があるということで、手術を見学させていただきました。
手術はSSRO(下顎矢状分割骨切り術)です。
手術手技も流儀などがあり、たいへん勉強になりました。

来週の5月3日(水曜日)から本格的に復帰します。
足の経過も問題ありませんのでご安心下さい。
 
今後とも宜しくお願い致します。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

8 4月

ロサンゼルス(Los Angele)からの患者さま

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
乳腺切除術、経過診察があります。
がんばります。

先日、ロサンゼルスの患者さまが来院されました。
2回目の治療目的に来院されましたが、昨日抜糸が終わり、無事に帰国していきました。

その患者さまからのプレゼントです(名前は消しています)。
IMG_0389 (1)

海外の患者さまにはいつも通りの治療を提供するように心がけていますが、コミュニケーションの問題があります。多くは通訳がいますので、その点は安心です。
帰国後は通院ができませんので、効果を上げるためにリスクが高くなる方法は選択できませんが、しっかりと変化を出すように丁度よい塩梅に仕上げています。
先人が作り上げた日本の医療の信頼性を損なわないように、私も微力ながら頑張りたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

26 3月

7年ぶりの診察 隔世の感

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
経過診察、カウンセリングがあります。
がんばります。

先日、鼻の手術のカウンセリングがありました。
実はその患者さまは7年前(2010年)に一度診察させていただいたことがありました。鼻の美容手術後の合併症で高度な鼻の変形を来していました。当時、私はまだ福岡大学病院形成外科に勤務しており、環境や技術的にもお力になれなく、その後の経過を心配していました。私は診察後まもなく、大学病院を辞し、かねてから希望していた美容外科の世界に入ることになります。

その患者さまがなんと7年ぶりに私のところに修正の相談に来ていただきました。インターネットで私の存在を知り、当時を覚えていてくださり、今回の受診となりました。
当時の鼻と比べて自然な鼻形態に回復されており、非常に良い経過だと思いました。
聞いてみると大ベテランの先生に治療していただいたようでした。また社会復帰もされていて、安心致しました。修正に関しては鼻の手術は丁度よい塩梅にするのはとても難しく、1~2ミリ違えば、バランスが崩れる手術です。少し物足りないと感じるくらいがちょうどよく、それ以上加えると一気に不自然になる部位です。
 患者さまには修正をする場合に目標点をどこに置くのか、その場合のリスクを考えた上で手術を検討しましょうとお伝えしました。

一方で、 私が大学病院を辞めてからもう7年も経過したのだなと感慨深く感じました。鼻の手術については当時、どんな術式があるのかも知らないレベルでしたが、現在では得意手術の一つとなっています。現在では難しい鼻手術の相談もされたり、外国の患者さまが訪ねてくるような状況で、ずいぶん環境が変わりました。これまで目の前の診療に集中する余り、あまり振り返る時間が無かったのですが、いい機会をいただいたと感謝しました。

これからも患者さまとのつながりと大事にいきたいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

14 3月

美容医療の得手不得手

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
眼瞼下垂症手術、二重切開術、ミラドライ、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、頬のたるみのご相談に患者さまがいらっしゃいました。
いくつかの施設で治療を受けましたが、満足がいかず、最終的に気になる膨らみが頬に残ったということでした。
何人かの先生から私を勧めていただいたようで、来院されました。

患者さまの希望は切らずに膨らみを取りたいというご希望でしたが、これまでの治療歴をお聞きすると一通りの治療は受けており、医師も数カ所受診し、それぞれオススメの治療を試してみたが効果がなかったということでした。

私は患者さまに、「これ以上切らない治療を行っても効果は見込めないと思います。これまで治療をした先生達はおそらく私よりも注入や糸などは得意な先生達だと思いますが、それで効果が無かったのですから、私がしても同じ結果だと思います。私は切る手術を得意としている医師ですので、手術であれば効果を出せる自信があります。」とお伝えいたしました。

美容医療は幅広く、大きく分けて手術と非手術に分かれます。私は非手術を含め、一通りの美容医療はできます。しかしながら、やはり得意なのは手術になります。
手術はヒアルロン酸注入よりも一般的には高度な手技ですので、患者さまからみると「手術がうまいのなら、ヒアルロン酸もうまいに違いない。」と思うかもしれませんが、必ずしもそうではなく、私よりもヒアルロン酸注入がうまい先生は数多くいらっしゃいます。

外科手術は形態・機能解剖、手術の基本手技、手術法の理論、教科書・論文からの体系的知識などが必要で、一朝一夕で身につくものではありません。そのため、そこそこのレベルの手術ができる先生はたくさんいますが、手術自体を極めようという先生は実は少なく、真の美容外科医というのはニッチな領域になりつつあると思います。私は医師になってから一途に手術の研鑽をしてきた経緯がありますので、手術に対して並々ならぬこだわりがありますし、安全な範囲で良好な結果を出す自信はあります。
 
美容医療と言っても幅広く、美容外科を標榜していても医師によって得手不得手な領域があることを知っておいた方が良いと思います。医師選びにはご参考下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

3 3月

患者さまからお花をいただきました

こんにちは。牧野太郎です。
本日は久留米で診療です。
乳腺切除術、ミントリフト、下眼瞼ミッドチークリフト、上眼瞼たるみ取りがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

一昨日までハワイの解剖セミナーに参加しておりまして、松葉杖移動の制約などからパソコンを持っていけませんでしたので、ブログの更新やメールの返事など滞っていました。申し訳ございませんでした。

昨日は大分に移動して、診療を行いました。
ブログをみてこられる患者さまも多く、「先生大丈夫ですか?」とお声掛けいただくこともあります。

東京の旧知の患者さまからお花をいただきました。
IMG_0250

とても立派なお花ありがとうございました。元気づけられます。
早く回復できるように1日1日を気をつけて過ごしていきたいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

7 12月

修正手術の相談 医師と患者心理

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京(クリニカ市ヶ谷)で診療です。
下顎矢状分割骨切り術(SSRO)、乳房インプラント抜去術、眉毛下切開術の助手をします。
頑張ります。

先日、まぶたの手術の修正手術がありました。
過去に他院で数回の修正を行っていて、まだ最後の手術から1ヶ月ちょっとの状態でしたが、希望のまぶたになっていないため、いろいろなクリニックを受診して、修正手術の相談をしているようでした。

修正手術の際に患者さまがしばしばおっしゃるのが「今回の手術で終わりにしたいんです。希望の形にしてください。」という言葉です。何回か手術を繰り返して希望に達していないため、お気持ちはわかります。

以下は修正手術における私の考えです。
私としても「今回の手術で終わりにしたい。」ですが、過去の手術でどのような操作を加われているか診察と患者さまのお話で推測を行いますが、開けてみるとあるはずの組織が取られて無いとか、構造がはっきりしないこともあります。また、ダウンタイムを短くするために最小限の手術操作で終わらせたいですが、構造をしっかりと確認するためや癒着剥離などで広く操作を加える必要が出てくることもあります。そのため術後に腫れが強くなり、予定外の癒着が生じたりすることもあります。そのため修正手術、加えて他院で行われた手術であれば尚更、1回の手術で終わる可能性が少なくなります。
加えて、希望の形態が高度であれば微調整手術が再度必要になる可能性があります。修正手術に来られる患者さまの多くは不自然な形態になっています。まずは現在の不自然な形態を自然な形態に戻して原状復帰すれば成功と考えるべきで、その上で希望の形に近づけばベターというように考えていただくのが適切だと思います。そうでなければ、また手術を繰り返して、取り返しの付かないことになってしまいます。

本来であれば手術をした医師が責任を持って再手術をするのが、患者さまにとって最も効率的で低侵襲なのですが、他の医師を選ぶ場合は上記の内容を理解すべきと思います。

修正手術にはこういった医師心理と患者心理の乖離があるように思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

27 11月

美容外科 手術モニター募集してます(^^)

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡(清美会アテナクリニック)で診療です。
乳腺切除術、乳頭縮小術などがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

現在、ブログを行っていますが、症例写真(モニター写真)を掲載しています。
ヒアルロン酸やボトックス、レーザーなどはモニターを募集しておりませんが、
手術モニターはほぼすべての術式を募集しております。

モニターはすべてパーツモニターですので、人物の特定しにくい状況ですので安心です。具体的にはブログのモニター写真をご参考下さい。
手術料金が安くなりますので、大きな金額の手術の場合はとてもお得になると思います。ご興味のある方はぜひご相談ください。 
 
※牧野太郎個人ホームページもよろしくお願いします。
美容外科医 牧野太郎ホームページ

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

24 11月

患者さまから学ぶこと

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京(クリニカ市ヶ谷)で診療です。
口角挙上術修正、経過診察などがあります。
頑張ります。

本日の東京は雪で、11月に雪がつもるのは観測史上初のことみたいです。
九州仕様の軽装で来てしまったので、少し寒いです。風邪がぶり返さないように注意して過ごしたいと思います。

本日は自分で行った口角挙上の修正を行いました。
少し外側まで挙上しようとしたため、膨らみが生じてしまい、その修正を行いました。
手術デザインの再検討を行う必要があると感じました。

手術は個々の形態と目標によって、デザインを変更する必要があります。よくある手術であれば、そのコツがわかりやすいのですが、口角挙上術は頻度の少ない手術ですので、まだコツが完全にわかっていないことがわかりました。

患者さまは医師にとって「最良の師」であると思います。患者さまと真摯に向き合って、より良い治療を目指していこうと思います。 
 
※牧野太郎個人ホームページもよろしくお願いします。
美容外科医 牧野太郎ホームページ

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

23 11月

ルフォー骨切り術( Le Fort )、下顎矢状分割骨切り術(SSRO)輪郭手術の最高峰

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京(クリニカ市ヶ谷)で診療です。
ルフォー骨きり術、下顎矢状分割骨切り術、オトガイ形成術の助手をします。
頑張ります。

ルフォー骨切り術や下顎矢状分割骨切り術は輪郭形成術の最高峰の手術です。
保険診療でも行われているのですが、主に咬合(歯のかみ合わせ) の改善を目的にしていて、補足的に顔貌も改善するのですが、上下顎の歯牙の位置の適正化が優先されます。
一方、顔貌の改善を目的にこれらの手術を行うクリニックは日本国内では少なく、自由診療で美容目的を謳っているクリニックは片手で数えられるくらいのクリニックしかありません。

クリニカ市ヶ谷はその中でも最も歴史が古く現在のトップランナーのクリニックです。そのような場所で勉強できる機会に恵まれ、大変感謝しています。

輪郭手術をご希望の方はぜひご相談下さい。 
 
※牧野太郎個人ホームページもよろしくお願いします。
美容外科医 牧野太郎ホームページ

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

21 11月

スタッフの手術 精神面での成長

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分(牧野皮膚科形成外科内科)で診療です。
陥没乳頭手術、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、福岡のクリニックでスタッフの手術を行いました。
結構、大きな手術(輪郭手術)でしたので、クリニックをあげて取り組ました。

スタッフにとって身内の大きな手術は初めてだったと思いますので、精神面でとても勉強になったと思います。

昔から外科の世界では手術は身内・家族にしてはいけないという言葉があります。気持ちが動揺してしまい、冷静な判断や集中力の維持が難しいのが理由です。今回はそのような習わしから外れた行為ですが、天皇陛下の心臓手術を担当された順天堂大学の天野篤教授の言葉を借りれば、「特別な環境で普段通りの手術ができるかどうか。」「奇をてらわずに、真摯に自分を信じてやるべきことをやることです。」だと思います。

私は常日頃から患者さまは家族、身内と思って大事に丁寧に手術をすることを心がけていますが、今回の手術を契機に、より一層気持ちが引き締まった気がしました。スタッフも同様の気持ちだと思います。

このような貴重な経験を診療の改善につなげていきたいと思います。
 
※牧野太郎個人ホームページもよろしくお願いします。
美容外科医 牧野太郎ホームページ

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後3ヶ月
  • フェイスリフト(Short Scar Facelift)・ネックリフトのパーツモニターさま 術後の傷の経過 術後8ヶ月
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後7ヶ月
  • 卓球女子、平野美宇の凄さ
  • 卓球女子、平野美宇の凄さ
  • 鼻中隔延長術・隆鼻術(鼻プロ入替え)のパーツモニターさま 術後3ヶ月
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • 第60回日本形成外科学会総会・学術集会、大阪
  • 第60回日本形成外科学会総会・学術集会、大阪
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索