makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

学会 セミナー

24 9月

7th International Aesthetic Conference, Taipei, Taiwan 続き

こんにちは。牧野太郎です。
本日も台湾に来て、学会に参加しています。

昨日は学会2日目で、初日と同じように朝8時から始まり、濃厚なプレゼンテーションを拝聴しました。

初日にもありましたが、Round Tableというセッションがありました。各演者が簡単にプレゼンテーションをして、それに他の演者がコメントしていくもので、日本ではあまり見ない形式でした。初日は苦労した症例、二日目は困難症例に治療して上手くいったケースを各演者が開いて議論していたのが興味深かったです。

夜は円卓を囲んで、懇親会がありました。見晴らしの良いホテルの最上階のホールで行われ、台湾の夜景がきれいでした。

記念撮影
21985617_367468597007139_2012680500_o

中央に菅原康志先生(リラクラニオフェイシャル)、広比利次先生(リッツ美容外科)、小室裕造(帝京大学形成外科教授)を始め、いろいろな施設の先生たちが参加していました。 

本日は3日目で、この学会の最終日です。頑張っていきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


23 9月

7th International Aesthetic Conference, Taipei, Taiwan

こんにちは。牧野太郎です。
現在、台湾に来て、学会に参加しています。
 
image

昨日は8時から始まり、アメリカの有名な美容外科医・耳鼻科医のDean Toriumi先生(シカゴ、イリノイ大学)のレクチャーとビデオセッションがありました。
 
IMG_1329

Structural Rhinoplastyを提唱した高名な先生です。現在の鼻形成術のベースとなる考え方で、日本でも広く浸透しています。
以前、ニューヨークで開催されたCutting Edgeという学会で拝見して以来です。

夜のWelcome Receptionでは運良く、写真を撮ることが出来ました。

左:私、中央:Dean Toriumi先生、右:室孝明先生(ビスポーククリニック)
IMG_1331

朝8時から始まって、非常に詰まったスケジュールでとても疲れますが、頑張っていきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


8 9月

学会発表準備 その2 Fat compartment理論に基づいたフェイスリフト

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で勤務です。

今月末に日本美容外科学会(JSAPS)があります。
JSAPS 学会 ロゴ 2017年

その学会の準備で最近は忙しいです。

昨日の続きです。
演題は2つ発表予定で
二つ目はFat compartment理論に基づいたフェイスリフトの報告です。
欧米では脂肪に着目したフェイスリフトに移行していますが、日本での報告はこれまでほぼ皆無の状態でした。日本人向けに改良した方法を発表しようと思います。

以下、抄録です。

Fat compartment理論に基づいたフェイスリフト
【目的】
 これまで顔面の皮下脂肪は連続した一つの塊として考えられてきた。近年、隔膜に囲まれた脂肪(Fat compartment)の存在が報告され、加齢性変化に影響を与えることがわかってきた。当施設で行っているFat compartment理論に基づいたフェイスリフトについて報告する。
【方法】
 当施設において2015年10月から2017年4月までに行ったフェイスリフト患者11例を対象とした。もみあげから耳前部、必要に応じて耳後部まで皮膚切開を行い、皮下を鼻唇溝、オトガイ部まで剥離する。ネックリフトを行う場合は頚部も剥離する。SMASは耳下腺上を切開し、Premasseter spaceまで剥離する。必要に合わせてFat compartmentに脂肪注入、脂肪吸引、切除などを行いボリュームのコントロールを行う。
【結果】
 全例においてJowl変形やマリオネットラインの改善、フェイスラインのcontouringが改善された。過去に頬の脂肪吸引やフェイスリフトの既往のある2例はSMASの菲薄化を認め、治療結果が弱かった。
【考察】
 2008年にRohrichらの報告により、密な線維組織の壁で仕切られたFat compartmentの存在が明らかになった。これまで皮下脂肪についてはAesthetic Unitにそって考えられてきたが、浅部深部に分かれ、領域も異なり、加齢により増減することがわかってきた。主に深部のFat compartmentであるDeep medial cheek fatが減り、浅部のNasolabial fatやJowl fat、Submentalis fatは増えてくる。これらの傾向を踏まえた上でフェイスリフトを行うことが重要であると考えられた。

よりよい発表になるように頑張ります。
学会で学んだ内容は今後の診療に役立てて行きたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


7 9月

学会発表準備 その1 フェイスリフト切開線の工夫

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で勤務です。
本日は乳腺切除術があります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

今月末に日本美容外科学会(JSAPS)があります。
JSAPS 学会 ロゴ 2017年

その学会の準備で最近は忙しいです。

演題は2つ発表予定で
一つ目はフェイスリフトの切開線の工夫です。
目立たない傷にすることは患者様にとって非常に重要です。

以下、抄録です。

フェイスリフトにおける耳前部切開デザイン−新型フェイスリフト耳変形に対する予防−
【目的】
 フェイスリフトは皮膚やSMASの処理を行い、顔の下1/3から頸部にかけてのたるみの改善を図る手術である。皮膚切開線は基本的には側頭部から耳前部を通り、耳後部に至るが、様々なバリエーションがある。その中で耳前部は露出しやすい部位であるため、その術後の瘢痕や耳介変形が問題となりやすい。
 今回、フェイスリフトの耳前部における我々のを報告する。
【方法】
 当施設において2014年10月から2017年4月までに行ったフェイスリフト患者21例を対象とした。耳前部デザインは耳珠、耳垂で従来のもみあげ後方から前切痕まではカーブに沿って切開し、耳珠切痕の頂点を通り、耳垂基部を切開する方法(以下、従来法)と、もみあげ後方から前切痕まで自然なカーブに沿って切開し、耳珠の立体的な立ち上がりに沿って切開する方法(以下、新法)で行っており、両者の術後瘢痕、耳介変形を評価した。
【結果】
 従来法は耳珠の突出が減じ、平坦化、肥厚化を認め、耳珠の立体的形態が失われる傾向があった。新法は耳珠の立ち上がり、薄さが保持され、瘢痕も目立たなかった。
【考察】
 フェイスリフトの耳前部切開は耳珠から離れた直線から始まり、耳珠の頂点や耳珠の後面を通る切開線へ変遷していった。手術方法も単純に皮膚を切除する方法からSMASや広頚筋を引き上げる手術方法が主流となって創部の緊張が減ってきたため、耳垂のPixie deformityや耳珠が前方に牽引されて外耳孔が露出するような耳介変形は生じにくくなってきたが、新しく耳珠の平坦化、肥厚化などが見られるようになった。耳珠の自然な形態を保持するために耳珠の前方を切開するデザインはこれらの新型変形に対して有用と思われた。

よりよい発表になるように頑張ります。
学会で学んだ内容は今後の診療に役立てて行きたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


6 9月

顎変形症の勉強会 SHARE, 東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で勤務です。
ミラドライ、カウンセリング、保険診療などがあります。
頑張ります。

先週末、東京で開催された美容外科・形成外科セミナーのSHAREに参加してきました。

SHAREはShare Heterogeneous And Revolutionary Experienceの頭文字で、いろいろな分野の人達の知識を共有しようというもので、リラクラニオフェイシャルクリニックの菅原康志先生が発起人として開催されているセミナーです。

sign

今回は顎変形症の勉強会ということで参加してまいりました。
矯正歯科の先生も参加しており、セファログラムの従来法の問題点と菅原先生の解決方法についてわかりやすく学ぶことが出来ました。
毎回、多くの知見を得られることが出来るセミナーで非常に勉強になります。

学会・セミナーなどで診療時間が短くなりご迷惑をおかけしますが、得られた知識は診療に還元してまいりたいと思います。 ご理解・ご協力のほどよろしくお願いします。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


15 6月

日本顎変形症学会 第13回教育研修会、東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で勤務です。
本日は診察などがあります。

昨日、仕事終了後に東京の有明で開催された日本顎変形症学会の教育研修会に参加してきました。
IMG_0785



若手向けの教育セミナーですが、形成外科医の私にとって非常に勉強になりますので、参加しています。

IMG_0784
 
今回のテーマは3次元のシミュレーションの実際と問題点などです。
国内の第一人者による解説は非常に分かりやすかったです。

私も近々シミュレーションシステムを購入する予定なので、大変参考になりました。

IMG_0786


別分野の考え方は非常に興味深いです。
新しい視点をもらえます。

シミュレーションについての告知は近々お知らせしようと思いますので、皆様しばしお待ち下さい。
よろしくお願いします。 

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


13 6月

鼻のライブサージャリー、SHARE、東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で勤務です。
本日は下眼瞼経結膜ハムラ法、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯がんばります。

先日、東京銀座で菅原 康志先生の鼻のライブサージャリーが開催され、参加してきました。

IMG_0649

隆鼻術の既往のある患者さまに対して、修正手術が行われました。

モデレーターは自治医大の宇田 宏一先生です。
IMG_0648

リラックスした環境で、大画面で、クリアな手術を勉強できました。

最終的な術式:鼻中隔延長術、鼻プロテーゼ入替え、鼻翼軟骨・鼻尖耳介軟骨移植、鼻翼縮小術

手術手技についてよく理解できましたし、自分の中で整理できました。

セミナーで学んだ内容は今後の診療に役立てて行きたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


3 6月

第17回日本抗加齢医学会総会、東京

こんにちは。牧野太郎です。
昨日と本日は東京の有楽町、東京国際フォーラムで開催されている日本抗加齢医学会に参加しています。

IMG_0623


学会で学んだ内容は今後の診療に役立てて行きたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


18 5月

第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
経過診察、カウンセリングなどが入っています。
頑張ります。 

先日、第105回日本美容外科学会(JSAS)に参加してまいりました。
場所は昨年と同じく、東京のANAインターコンチネンタル東京です。
IMG_0588
 
IMG_0593

会長は城本クリニックの森上先生です。
IMG_0590

今回の学会では形成外科系の先生達も多く発表しておりました。
加えて、日本美容皮膚科学会や韓国美容外科学会(KAAS)の共催セッションなどもあり、形成外科にとらわれず、いろいろな考えが聞けて、興味深かったです。

学会で学んだ内容は今後の診療に役立てて行きたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


5 5月

アメリカ形成外科学会(ASPS)のInternational memberになりました

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
下眼瞼経結膜ハムラ法、顔の脂肪注入、経過診察があります。
がんばります。

先日、大阪で開催された第60回日本形成外科学会でアメリカ形成外科学会(ASPS: American society of Plastic surgeons)から理事長のDebra Johnson先生を始め、たくさんのスタッフが来日され、日本形成外科学会との交流がありました。その際に入会のキャンペーンがあり、通常は入会に際して推薦状などが必要なのですが、学会に参加している会員は推薦状が免除され、すぐに入会できる措置が行われました。
またとない機会ですので、私も入会させていただきました。

ASPS: American society of Plastic surgeons
(ホームページはこちら
ASPSlogo


学会誌のPlastic and Reconstructive Surgery (PRS)もオンラインで購読できるようになります。
p3_PlasticReconstructive


今回の学会の大きな収穫の一つとなりました。
今後も世界の知識を吸収していきたいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

ギャラリー
  • 7th International Aesthetic Conference, Taipei, Taiwan 続き
  • 7th International Aesthetic Conference, Taipei, Taiwan
  • 7th International Aesthetic Conference, Taipei, Taiwan
  • 7th International Aesthetic Conference, Taipei, Taiwan
  • 衆議院解散総選挙 今こそ若者・サイレントマジョリティは声を上げるべき
  • 衆議院解散総選挙 今こそ若者・サイレントマジョリティは声を上げるべき
  • 衆議院解散総選挙 今こそ若者・サイレントマジョリティは声を上げるべき
  • 本日より10日間の診療&学会出張に行ってきます
  • 本日より10日間の診療&学会出張に行ってきます
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索