makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

学会 セミナー

18 5月

第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
経過診察、カウンセリングなどが入っています。
頑張ります。 

先日、第105回日本美容外科学会(JSAS)に参加してまいりました。
場所は昨年と同じく、東京のANAインターコンチネンタル東京です。
IMG_0588
 
IMG_0593

会長は城本クリニックの森上先生です。
IMG_0590

今回の学会では形成外科系の先生達も多く発表しておりました。
加えて、日本美容皮膚科学会や韓国美容外科学会(KAAS)の共催セッションなどもあり、形成外科にとらわれず、いろいろな考えが聞けて、興味深かったです。

学会で学んだ内容は今後の診療に役立てて行きたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


5 5月

アメリカ形成外科学会(ASPS)のInternational memberになりました

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
下眼瞼経結膜ハムラ法、顔の脂肪注入、経過診察があります。
がんばります。

先日、大阪で開催された第60回日本形成外科学会でアメリカ形成外科学会(ASPS: American society of Plastic surgeons)から理事長のDebra Johnson先生を始め、たくさんのスタッフが来日され、日本形成外科学会との交流がありました。その際に入会のキャンペーンがあり、通常は入会に際して推薦状などが必要なのですが、学会に参加している会員は推薦状が免除され、すぐに入会できる措置が行われました。
またとない機会ですので、私も入会させていただきました。

ASPS: American society of Plastic surgeons
(ホームページはこちら
ASPSlogo


学会誌のPlastic and Reconstructive Surgery (PRS)もオンラインで購読できるようになります。
p3_PlasticReconstructive


今回の学会の大きな収穫の一つとなりました。
今後も世界の知識を吸収していきたいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

13 4月

第60回日本形成外科学会総会・学術集会、大阪

こんにちは。牧野太郎です。
昨日からお休みをいただいて学会に参加しています。

大阪で日本形成外科学会の総会が開催されています。
54

大阪での開催されるので昨日の早朝の新幹線に乗って会場に入りました。
IMG_0459

IMG_0458

大阪国際会議場は以前、日本抗加齢医学会以来です。
会場が多すぎて、別フロアに移動するのが大変です。足も怪我しているので尚更ですね。
たくさんの先生達と情報交換できたので、有意義でした。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


6 3月

第6回Fresh cadaver解剖実習セミナー、ハワイ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
大きめの色素性母斑切除、ヒアルロン酸注入、ミラドライなどがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。 

先日はお休みをいただいて、ハワイのハワイ大学医学部解剖学教室で行われた第6回Fresh cadaver解剖実習セミナーに参加してきました。
今回の講師はリッツ美容外科の広比利次先生で、私は2010年から4年間リッツ美容外科で勤務しておりました。美容外科の基礎から応用まで習った恩師になります。
ハワイセミナー2017年表紙

左足の骨折もありましたので、参加するか悩んだのですが、恩師との約束もありましたので、頑張って参加してきました。
初日は広比先生による献体を用いた鼻のライブサージェリー、二日目は参加者による献体解剖を行いました。内容は非常に濃く、新しい手技の習得も行えました。

参加者一同(参加者は50名で非常に多くの美容外科医が参加しておりました。)
003


全体のセミナーの翌日は恩師であるリッツ美容外科の広比利次先生と一緒に解剖を行いました。
ハワイ解剖セミナー2017年 007 (1)

実は今回のハワイの目的は恩師の解剖のサポートでした。昨年からのお約束でしたので、今回の骨折でお断りすることは不義理だと思い、参加致しました。結果、少しでも恩返しができたのではないかと思います。

ハワイ大学医学部の学食でランチしました。
ハワイ解剖セミナー2017年 009 (1)


解剖を行うと普段の手術手技の裏付け、新しい手術へのアイデアを得ることが出来ます。
解剖セミナーで得た知識を治療に還元していきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


19 1月

日本美容外科学会(JSAPS)第128回学術集会、東京

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京(クリニカ市ヶ谷)で診療です。
頑張ります。 

先日はお休みをいただいて、東京で行われた日本美容外科学会(JSAPS)第128回学術集会に参加してきました。
IMG_0151

今回の学会は午前中から開始でしたので、朝イチで東京に来ました。
英語のプレゼンテーションの仕方のプログラムから始まり、未来の美の基準、ピコレーザーの比較、美容医療で使用される製品の適正化、症例検討会など盛りだくさんの内容でした。

大分ではシミに対するレーザー治療も多いので、シミ治療後の塗布シールのハンズオンセミナーにも参加しました。かづきれいこ先生の実際の施術を見れて大変参考になりました。

会長の青木律先生、講師のかづきれいこ先生
IMG_0156

たくさんの先輩、友人医師と情報交換ができて有意義な会でした。

学会で得た知識を治療に還元していきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


11 1月

英語論文アクセプト! European Journal of Plastic Surgery 

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京(クリニカ市ヶ谷)で診療です。
カウンセリングがあります。
ご期待にそえるようにがんばります。

先日、ヨーロッパの形成外科の学術誌に私の論文がアクセプトされました。

Fatty degeneration of mammary glands in female-to-male transsexuals.
Taro Makino

58
雑誌はEuropean Journal of Plastic Surgery
238_39_2_CoverFigure_Print-3 (2)

内容は性同一性障害のFTMの乳腺切除に関する報告で、ホルモン治療や肥満などにより乳腺の状態が大きく異なり、手術に影響を与える可能性があるということです。乳腺切除をしている先生たちには共感を得られる内容になっていると思います。

これからも世界標準の治療を実践していくために、英語論文を書いていきたいと思います。

牧野太郎症例写真集を立ち上げました
少しずつ整備していきますので、ご興味があればこちらもよろしくお願いします。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


4 12月

臨床形成美容外科医会 秋の勉強会、長崎 ハウステンボス

こんにちは。牧野太郎です。

昨日は長崎のハウステンボスで臨床形成美容外科医会に参加しました。
IMG_9967

ハウステンボスの中での学会でしたので、久しぶりに来訪しました。
場所はハウステンボス内のタワーシティ。
IMG_9969

今回勉強したのは
①機器による痩身治療:各メーカーの痩身機器を徹底比較で、普段は手術一辺倒の私にとっては勉強になりました。それぞれの機器の原理が異なり、レーザー、RF、超音波(屈曲波)、超音波(HIFU)、冷却などそれぞれの利点欠点をわかりやすく知ることが出来ました。ノンサージカルの世界では痩身が一つのトレンドということがわかりました。
②法医学:一般でも知られる検屍を取り扱う法医学ですが、実は医師は死亡診断書を記載するにあたり、法医学の知識をある程度持っておかなければなりません。学生時代ぶりの勉強で懐かしかったです。加えて児童虐待の見分け方、最近新聞などでも取り上げられる医療事故調査制度についてもわかりやすく学ぶことが出来ました。
③たるみのノンサージカル治療:たるみ治療は手術以外のアプローチでどこまで治すことができるようになったのか、その道の名医の先生の発表で学ぶことが出来ました。また手術よりは効果が少ないのですが、どのように患者に説明するのが良いのか勉強になりました。

夜はイルミネーションがきれいでした。
IMG_9971

IMG_9977

忙しい中、参加して良かったです。
 
得た知識を診療に還元していきたいと思います。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


22 11月

医学誌からの投稿依頼

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分(牧野皮膚科形成外科内科)で診療です。
刺青切除術、二重埋没法、保険診療などがあります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、日本美容外科学会でフェイスリフトに関する発表をしたのですが、
それに関して、形成外科の医学誌である「形成外科」から投稿依頼をいただきました。
投稿依頼
発表を御覧頂いた某先生から推薦をいただいたということで大変名誉なことです。

論文作成は自分の知識を深め、診療に還元できますし、医学の発展に貢献できるという点からも積極的に行っています。

年末で忙しくなりますが、時間を作って、投稿したいと思います。
 
※牧野太郎個人ホームページもよろしくお願いします。
美容外科医 牧野太郎ホームページ

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ

押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。

16 11月

学会発表:フェイスリフトにおける脂肪処理の有用性

こんにちは。牧野太郎です。
本日は東京で診療です。
二重切開術、隆鼻術、鼻中隔延長術があります。
ご期待にそえるようにがんばります。

先日の2016年10月24日、25日に京都で開催された日本美容外科学会で二つの発表を行ったのですが、昨日の続きで、それについて少し報告したします。

二つ目の発表は「フェイスリフトにおけるInferior jowl compartmentの処理の有用性」
001

近年、照射系医療機器(RFやHIFU)の進歩により顔のたるみ治療は低侵襲な治療が増えてきていますが、やはり効果においては手術が優れています。
当院でも数は減っているもののフェイスリフトの手術は行っています。高い効果を目指して、私の工夫を述べさせていただきました。

今回のテーマはJowl(ジョウル)と呼ばれる部分で、ここの治療法について私見を述べさせていただきました。
003

発表後の反響は大きく、ホッとしました。
私の考えが同業者(美容外科医)に認められたということで、やり方が間違っていなかったと確信しました。

フェイスリフトはある程度時間をかけて丁寧にすると素晴らしく良い結果が期待できると思っています。ダウンタイムは多少かかりますが、結果重視といった手術です。

顔のたるみ治療、フェイスリフトをご希望の方はぜひ牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


15 11月

学会発表:性同一性障害における皮下乳腺全摘術後の乳頭乳輪縮小効果

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
二重埋没法、下眼瞼ハムラ法、眼瞼下垂症手術など保険診療などがあります。
ご期待にそえるようにがんばります。

先日の2016年10月24日、25日に京都で開催された日本美容外科学会で二つの発表を行ったのですが、それについて少し報告したします。

一つ目の発表は「性同一性障害における皮下乳腺全摘術後の乳頭乳輪縮小効果」
 
001
パネルディスカッションという一般口演よりも名誉のある発表をさせていただきました。

当院では性同一性障害のFTMの患者さまに対して乳腺切除術を行っているのですが、当院の方法及び乳房、特に乳輪乳頭に対する影響を述べました。

003
乳腺切除術の術式には乳房の大きさ、下垂度、皮膚の弾力性、乳輪乳頭のサイズによってたくさんのバリエーションがあるのですが、日本人に適した乳腺切除術について考察しました。
いろいろな先生から評価をいただき、嬉しかったです。

当院は性同一性障害の乳腺切除術は日本有数のクリニックです(おそらく西日本で最多、日本全国でも最多かもしれません)。
ご希望の方はぜひ牧野までご相談下さい。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


ギャラリー
  • 乳房シリコンバッグによる悪性腫瘍(未分化大細胞リンパ腫)との関連、アメリカ
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • スパで美容治療後に死亡事故、コロンビア
  • 頬骨骨切り術・下顎骨切り術(エラアゴ削り)・二重埋没法・顔脂肪注入術のフルフェイスモニターさま 術後6ヶ月
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索