makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、東京、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

腋窩多汗症 腋臭症 ミラドライ

8 4月

わき汗の塗り薬入りました! D-bar, D-tube

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で勤務です。

本日は眼瞼下垂症手術を行いました。
患者さまは幼少時から私のことを知っている方で、いつもより緊張しながらの手術でした。
左右の挙筋機能に差があり、調整に時間がかかりましたが、うまく出来たと思います。
 1週間後に経過を診させていただきたいと思います。

大分のクリニックにわき汗対策の塗り薬 が入りました。

D-bar(ディーバー)とD-tube(ディーチューブ) 発売元:ケイセイ
わき汗 制汗剤001

効能:皮膚の汗と臭いを抑えます。

有効成分:乾燥硫黄アルミニウムカリウム(焼ミョウバン)
      ミョウバンの収斂作用で毛穴を引き締め、汗を押さえます。
     イソプロピルメチルフェノール
      臭いの原因菌をしっかり殺菌します。

タイプは2つ

直塗りスティックタイプ
わき汗 制汗剤002

意外と柔らかく、リップスティックのような使い心地です。
乾いた肌に3〜4回ムラなく塗布します。

クリームタイプ
わき汗 制汗剤003

個人的にはこちらの方が使いやすいです。
クリームと言ってもあまり柔らかくなく、さらっとした感触です。きちんとわきの皮膚に塗り込めそうですね。爽やかなシトラス系の匂いがします。

大分のクリニックでは
D-bar(ディーバー)15g 1575円
D-tube(ディーチューブ)40g 1890円
で販売いたします。

ご興味のある方はご来院くださいね。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


7 4月

早くもミラドライ患者来院です!

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。

本日はミラドライ導入後初の診察日だったのですが、以前からミラドライの導入を待っていた患者さまが早速治療をお受けになられました。
DSC2719


私は治療は慣れているのですが、大分のクリニックは初めての手技になりますので、不慣れな点があったのですが、反省してどんどん改善していきたいと思います。

ミラドライは患者さまと接触する部分が陰圧になります。この時に局所麻酔をした針穴から血が滲んだりします。そのため先端のチップは消耗品となっております。

先端のチップ(写真はデモンストレーション用のものですが、施術用と全く同じ作りになっています。)
ミラドライ ティップ001

このチップはスグレモノで、ワキのシワシワの皮膚に陰圧をかけて、引き伸ばして、効果のムラをなくしています。
どこから陰圧をかけているかというとフィルムのワキから吸い上げます。

ミラドライ ティップ002

テクノロジーの凄さを感じます。

本日の患者さまは男性の方で、腋臭症がメインでした。
効果が出るように丁寧に治療させていただきました。
ミラドライの治療効果は即時に出ますので、今後の感想が楽しみです。

腋臭症・腋窩多汗症でお困りの方はどうぞ受診ください。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


3 4月

ミラドライ 大分初導入です!

こんにちは。牧野太郎です。
本日は鳥栖、久留米で診療です。

昨日は大分のクリニックにわきの汗、臭い(腋窩多汗症、腋臭症)の最新の治療機器であるミラドライが入りました。

miradry(lasting)

ミラドライは米国のFDA(日本でいうと厚生労働省)の腋窩多汗症の治療機器としての認可を得ています。FDAは非常に厳しい審査があり、これをパスしているということは医療先進国の米国のお墨付きを貰っているようなものです。
実はいかがわしい治療が混在している美容医療業界ではFDAの信頼度は非常に高く、そのためいろいろな治療機器、薬剤がFDAに申請しているのですが、その中で認可をもらえるのはほんの僅かです。
そういう点でミラドライは治療機器のエリートですね。

ミラドライ
miraDry Console Border

わきの汗を出す汗腺には大きく分けて2つあります。1つ目はエクリン腺といって、体温調節を行います。この汗には水やNa、Clが含まれます。もう1つはアポクリン腺といって、汗にはアミノ酸や脂肪酸が含まれます。この汗自体は無臭なのですが、皮膚の常在菌と反応して特有の刺激臭を出します。エクリン腺が活発なのを多汗症、アポクリン腺が活発なのを腋臭症といいます。俗にいうワキガです。従来は塩化アルミニウムなどの制汗剤を基本として、多汗症であればボツリヌス毒素注射治療、腋臭症は手術が行われていました。

今回新しく導入した治療ミラドライはマイクロウェーブをあてて汗腺を破壊する治療です。

miraDry Procedure Border

シェーマで示します。
Illustrations_1 LR-1


まずわきにミラドライをあてるとマイクロウェーブが出ます。マイクロウェーブとは短い周波数をもつ電波のことですが、わかりやすい例は電子レンジです。水分が電波を吸収して温度が上がります。皮膚ではやけどを防止するために表面を冷却しつつ、水分子が多く含まれる汗腺(シェーマではEccrine Gland:エクリン腺、Apcrine Gland:アポクリン腺)に熱が集中することにより汗腺を破壊することが可能になります。

Illustrations_3 LR-2


やけどのリスクは非常に低く、生じたとしても浅いものですので、軟膏で治療可能です。その他の併発症も一過性のものがほとんどです。治療後も入浴できますし、日常生活に支障は出ません。

ミラドライの研修風景です。
実際のモニターさんを使って、照射を行いました。

ミラドライ講習会001

当院のミラドライです!
ミラドライ講習会002

ミラドライ講習会003

なんと大分のクリニックのミラドライは大分初、大分で唯一になります。

もちろん、従来の治療(制汗剤、ボトックス、手術)も行っていますのでご安心下さい。
手術は保険適応で可能ですよ。

大分のわきの汗、臭い治療はどうぞご相談下さいね。

読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。


ギャラリー
  • 乳房シリコンバッグによる悪性腫瘍(未分化大細胞リンパ腫)との関連、アメリカ
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • 男性のような小さな乳頭を作る 乳輪乳頭縮小術の患者さま 術後1ヶ月 性同一性障害
  • GID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1ヶ月
  • スパで美容治療後に死亡事故、コロンビア
  • 頬骨骨切り術・下顎骨切り術(エラアゴ削り)・二重埋没法・顔脂肪注入術のフルフェイスモニターさま 術後6ヶ月
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
  • 第105回日本美容外科学会(JSAS)、東京
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索