makinoprs

美容形成外科医Dr 牧野のblog

大分、福岡で形成外科、美容外科、抗加齢医学、美容皮膚科を診療しています。医学博士、日本形成外科専門医、日本美容外科学会専門医(JSAPS)、日本抗加齢医学会専門医です。世界標準の美容健康医療を目指しています。ブログでは治療の説明、モニター患者さまの紹介、参加した学会や講習会の報告、プライベートから日々考えていることなどを書いていこうと思います。

論文・レポート

3 5月

医療ツーリズム 料金は安価?、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

先日、医療ツーリズムの料金は果たして安価なのかという記事がありました。

Chicago Tribune "Some patients pay high price for seeking cheap plastic surgery abroad"
2018年4月11日
(くわしくはこちら
ct-1523159711-1wf7j5le1e-snap-image

記事によると43歳のアメリカ人女性がドミニカ共和国に行き、腹部のたるみ取りを受けたのですが、結果的に強い痛みと耐性菌による感染症と変形した腹部が生じてしまいました。

海外での治療費は安いですが、安全性などが犠牲になっていることが多く、博打のようなものだと表現されています。

海外で手術をうけて術後に合併症をきたしBrigham and Women's Hospitalで手術をうけた患者78人(ほとんど女性)のそのうちの4分の3ドミニカ共和国で手術を受けました。

ドミニカ共和国でのいくつかの不出来な美容手術が続いたため、米国疾病管理予防センターと米国国務省は、米国の患者がその国を避けるように警告する警告を発しました。

手術を受けた約45%が腹部形成を受けていた。3分の1が乳房増大術、他の手技には、胸部吊り上げまたは減量(17%)、脂肪吸引(13%); シリコーンなどの異物注入(約20%)がありました。

手術後、約10%の患者がBrigham and Women's Hospitalで修正手術を求めた。約18%が重度の感染症であった。18%には持続的な痛みがあった。8%は瘢痕でした。15%が未治癒創傷を有していた。5%は乳房に内部の瘢痕組織を有していた。他の問題には、ヘルニア、穿孔および破裂したインプラントが含まれていたと著者らは述べた。

ボストンのBrigham and Women's Hospitalの創傷ケアセンターのOrgill医師はアメリカ形成外科医学会(ASPS)が美容外科観光の問題に取り組むためのガイドラインを開発しなければならないかもしれないと結論づけました。

アメリカの美容外科手術は他国と比べて高額であることから、このような問題が後を絶ちません。
国内の形成外科・美容外科医を中心に啓蒙活動をしていくことが重要だと思います。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
2 5月

チェーンクリニックの問題点、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。

先日、大手チェーンクリニックの問題点についての記事がありました。

The New York Times "The Disappearing Doctor: How Mega-Mergers Are Changing the Business of Medical Care"
2018年4月7日
(くわしくはこちら
merlin_135420750_7a9ba6c8-8661-4d1e-ad57-464eb0a12745-master675


アメリカでは近年、CVS Healthやドラッグストアチェーン、Walmartのような巨大な小売業者がそれぞれの店舗を利用して、医療の提供を始めています。

チェーン化するとサービスの向上が期待できます。例えば、24時間医療をうけることや待ち時間の減少、安い料金などのサービスです。
一方で、簡単に受診できますので医療費の増加や医師やスタッフが変わることによりケアの継続性が失われるリスク、医師と患者の信頼関係の欠如などが短所としてあるようです。

大手チェーンクリニックが増えると、地方にあるクリニックは潰れてしまいます。
これは巨大ショッピングモールができると周辺の小さなお店が潰れる構造と同じですね。

継続して経過をみていかないとわからない病状の異変もありますし、医療にとって信頼関係は非常に重要だと思います。チェーンクリニックに負けないように我々のような個人クリニックはさらに差別化を進めて、長所を伸ばしていく必要があると思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
30 4月

鼻の美容手術の減少傾向、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

先日、鼻形成術の減少傾向という記事がありました。

The conversation"Why are fewer and fewer Americans fixing their noses?"
2018年4月5日
(くわしくはこちら
file-20180402-189795-aia0jr

アメリカでは鼻の手術がボディの手術(乳房増大術、脂肪吸引など)と同様に多いとされていますが、近年では減少傾向にあるようです。
 
昨年、180万件の手術と1600万件の非手術(ボトックスなど)が行われており、アメリカ人の20人に一人が美容治療を受けている計算になります。美容医療は80億ドルの巨大な規模となっています。

美容医療全体は増加傾向なのですが、鼻の手術は2000年と比べると43%減っています。
10年前は年間40万件あったのが、現在では22万5千件と減少しています。

原因としてはアメリカの人種分布が多様化しているためと言われています。
昔は 北ヨーロッパ系の人種が多かった時代、1800年代などはアイルランド人やユダヤ人が差別を受けない目的で鼻の手術が始められました。また梅毒が疑われることもあったためと言われています(梅毒により鼻の変形を来すことがあります)。

近年では移民(アフリカやアジア系、ヒスパニック系)が増えて、ヨーロッパ系はマイノリティに なりつつあります。民族の多様化により、ヨーロッパ系に対する憧れは薄れてくるのは自然な流れなのかもしれません。

美容手術もトレンドがありますので、美容外科医は幅広く対応できるように研鑽を積む必要がありますね。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
26 4月

子供向け美容整形アプリが物議、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。

先日、子供向け美容整形アプリが物議という記事がありました。

Popular Mechanics"These Plastic Surgery Apps Are Stirring Up Serious Controversy"
2018年4月8日
(くわしくはこちら
アプリ「Princess Plastic Surgery」
51
魔女に呪われて醜くされたお姫様を整形手術で救うといった内容で、アメリカで物議になり、署名サイトChange.orgでゲーム禁止の運動に100000以上の署名が集まっています。

このアプリは子供向けアプリのカテゴリーですが、思春期の子供たちには悪い影響を与えてしまう可能性が高いように思います。 

過去にも問題のアプリは削除されたことがあるようで、このアプリも削除されるかもしれませんね。 

美容外科は身体のコンプレックスを改善させるために非常に有用ですが、前提として患者側にある程度精神発達と精神安定性が必要だと思います。そういった意味で子供は不十分で、こういったアプリにより間違った認識を持って欲しくないと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
20 4月

拡張現実(AR)と医療の融合、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
カウンセリングがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

先日、拡張現実(AR)と医療の融合についての記事がありました。

Harverd Business Review"How Augmented Reality Will Make Surgery Safer"
2018年3月20日
(くわしくはこちら
ARillustrationsLR-medical-1200-1200x675
拡張現実(AR)(デジタル情報を物質界の上に置く一組のテクノロジー)には、これの全てを変える可能性があります。
外科医はマイクロソフト社のHoloLensのようなARヘッドセットを使って心臓が描かれたアプリケーションやデジタル画像と他のデータが患者の上に被せてみることが出来ます。
ヘッドセットでバイタルサインや患者の動脈瘤の特徴に関するデータで浮かんでいる心エコー図を表示することもできます。
外科医は、患者から目を離さずに多くの情報を得ることが出来ます。手術関連の複雑化も減らし、安全な手順から将来的なコスト削減にも有用かもしれません。

テクノロジーの進歩は素晴らしいですね。将来的に美容外科の分野でも広がってほしいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
17 4月

ボツリヌストキシンで縫合創をきれいに、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
本日は眼瞼下垂症手術、鼻孔縁下降術、ミラドライがあります。
ご期待にそえるように頑張ります。

先日、ボツリヌストキシンで縫合創に対する影響についての記事がありました。

allure"Botox Injections May Improve the Appearance of Facial Scars"
2018年3月9日
(くわしくはこちら

美容で使われるボツリヌストキシンですが、適応外の使い方として傷痕をきれいに治す報告がPlastic and Reconstructive Surgery Journalで報告されました。

傷の半分にボツリヌストキシンを注射して、4ヶ月後に傷痕を10点満点で判定するという内容です。
botox-for-facial-scars
下半分がボツリヌストキシンで上半分が無しです。
ボツリヌストキシン側が傷がややきれいですね。

作用機序としてはボツリヌストキシンによる筋弛緩によって傷の張力、周囲の筋肉の動きを弱めることが考えられます。

この内容は以前、サフォクリニックの白壁征夫 先生が論文で報告されていました。
 
私もこの論文を参考にボツリヌストキシンの使用を検討したいと思います。 
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
21 2月

表皮の遺伝子治療、ドイツ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は大分で診療です。
昨日は鼻中隔延長術、鼻骨骨切り術、下眼瞼経結膜ハムラ法の手術がありました。
ともに遠方からの患者さまで、わざわざ来ていただき、ありがとうございました。
本日は二重埋没法、ミラドライ、シミ治療などが有ります。
ご期待にそえるように頑張ります。

先日、表皮の遺伝子治療についての記事がありました。

abc NEWS"Doctors replace boy’s skin using breakthrough gene therapy, stem cells"
2017年11月8日
(くわしくはこちら
skin-gene-therapy-graft-ho-ps2-171108_12x5_992

遺伝子療法と幹細胞の組み合わせを用いて少年の皮膚の80%を置換する方法を発見しました。移植された皮膚は、数か月後もそれ自体を置き換え続けています。

患者(治療時7歳の少年)は、接合部型表皮水疱症と呼ばれるまれな皮膚疾患を持っていました。この状態では、皮膚の外層が下層の皮膚層から容易に剥がれ、非常に脆くなり、傷が生じやすい状態でした。全身が皮膚感染症にかかり、生命の危機に陥りました。
ドイツの外科医は、感染していない1平方インチ以下の少年の皮膚のサンプルを採取しました。研究者らは、皮膚細胞内の遺伝子コードを変更するように特別に設計されたウイルスを採取皮膚に感染させ、脆弱な皮膚の原因となる突然変異を「訂正」しました。研究者らは、皮膚を培養し、それを用いて、患者の水ぶくれと破壊された皮膚に移植しました。
skin-gene-therapy-graphic-ap-ps-171108_3x5_992
 

21ヶ月後、新しい皮膚は問題なく再生され、弾力が回復しました。それは彼の元の肌よりもはるかに良い普通の服を着ることができます。
 
「これは非常に重度で壊滅的な病気で、子供たちがたくさん苦しんでいます」と、この研究の著者の一人であるMichele De Luca博士は語っています。

この研究に関与していない専門家は、この成功した移植療法は、このような遺伝的肌の状態に苦しむ人々にとって大きな一歩だと言いました。
以上です。

日本では 培養表皮を用いてで白斑や広範囲熱傷などの治療が行われていますが、今回のように遺伝子の変更を加えた治療はまだ聞いたことがありません。しかしながら先天性の皮膚疾患などで苦しんでいる患者は多いと思いますので、はやく臨床で使えるようになって欲しいですね。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
18 2月

顔面移植の患者の体験談、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
眼瞼下垂症修正、二重切開修正、顔のアキュスカルプ、鼻プロテーゼ入替術、鼻孔縁下降術、鼻中隔延長術(肋軟骨移植)、鼻翼縮小術(フラップ法)が有ります。
ご期待にそえるように精一杯頑張ります。

先日、顔面移植術を受けた患者の講演についての記事がありました。

USA TODAY"Face transplant recipient: 'I bet it all' and won"
2017年10月22日
(くわしくはこちら
21

Pat Hardison氏はセナトビアの消防士で、顔面に重度の熱傷を受傷してしまいました。2015年に世界で最も広範囲の顔面移植を受けました。彼は神と主治医を信じ、手術を受け、新しい人生を受け取りました。
手術は彼の顔面骨や首を覆う軟部組織を取り替えました。
手術時間は26時間、スタッフは医師のEduardo Rodriguezを筆頭に100名を越えました。 
ドナーはブルックリンでバイク事故で脳死になった患者でした 

彼はMid-South Transplant FoundationとMid-South Eyebank’s Celebration of Lifeの臓器移植コーディネーターがドナーやご家族向けに行っているの年次会合のゲストスピーカーとして講演を行いました。
彼はドナーとその家族に対して、感謝の意を述べました。

彼は顔面移植を受ける際に主治医から止められたそうです。なぜならフランスで同様の手術を行った患者は死亡しました。しかしながらすべてを知った上で、顔面移植に賭けたのです。そして私はその賭けに勝ったと述べました。
06

顔面移植は複数の組織・器官をまとめて移植する高度な手術ですが、加えて術後の合併症(感染症や悪性腫瘍の発生率、臓器の壊死など)や精神的受け入れも問題です。

まだまだ課題の多い手術ですが、手術を行った患者が前向きな気持を持っていることは意義があることだと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
16 2月

医療事故防止へ遺体で手術研修、福岡

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
隆鼻術(鼻ゴアテックス)、鼻中隔延長術などがあります。
頑張ります。

先日、遺体で手術研修の記事がありました。

西日本新聞:医療事故防止へ遺体で手術研修 産業医大など14大学実施 厚労省後押し 新年度予算は6.5倍
2018年2月5日
(くわしくはこちら

以下、記事
内視鏡や顕微鏡を使った手術で医療事故が相次ぐ中、外科医らが大学に献体された遺体を使って手術技術を向上させる「サージカルトレーニング」を導入する大学が増えている。厚生労働省は2018年度当初予算案に前年度比6・5倍の助成金を盛り込んで普及を後押しする。九州で唯一導入している産業医大(北九州市)は全国から医師を受け入れ、手応えを感じているという。

 内視鏡などを使った手術は傷痕が小さく、短期間の入院で済むなど患者負担が小さい一方、医師には高度な技術が要求される。ただ、日本では遺体は医学生や歯学生の解剖学実習でしか使用されておらず、医師は海外で手術技術の研修を受けたり、模型や動物で練習したりしている。

 日本外科学会と日本解剖学会が遺体使用のガイドラインを策定したのを受け、厚労省が12年度からサージカルトレーニングを導入した大学に人件費や薬剤費の助成を開始。当初は6大学だったが、群馬大病院で腹腔(ふくくう)鏡手術を受けた患者が相次いで亡くなるなど医療事故が続き、17年度は14大学に広がった。18年度に2億9500万円の予算を組み込んだ厚労省は「手術台改装費などを助成し、導入大学を大幅に増やしたい」としている。

 産業医大では、顕微鏡手術を手掛ける脳神経外科からの要望を受け、学内の倫理委員会に諮った上で、生前同意が得られた献体者の遺体を使って10年度から学内で独自にトレーニングを実施。学外からの参加を募ろうと、14年度から国の助成金を受けて開催規模を拡大した。

 昨年1~3月の週末ごとに同大の解剖実習室で行われたトレーニングは、同大の脳神経外科、整形外科、泌尿器科、産婦人科、消化器・内分泌外科など八つの診療科がそれぞれ主宰し、延べ250人が参加。約半数は学外の医師で、北海道からも訪れた。今年も今月20日から始まっている。

 一方で課題もある。遺体保存のための薬剤や手術機器のリースなどに多額の費用がかかるが、産業医大を含む多くの大学は参加費無料で、国の助成金だけでは賄えていない。死体解剖保存法に基づき、トレーニングへの教授か准教授の立ち会いが必須だったり、特別な方法で遺体を保管する必要があったりと解剖学教室の負担が大きく、導入に二の足を踏む大学もある。

 産業医大の東華岳(かがく)教授(解剖学)は「患者負担の少ない手術のニーズが高まる中、医療の安全に貢献する取り組みとして多くの献体登録者や遺族に理解してもらっている。ただ、さらに普及させるためには制度の改善が必要だ」としている。
以上です。

これまで献体は医学部の教育目的でしか触ることができなかったのですが、昨今の手術は目立たない傷からのアプローチによる低侵襲な手術が増えてきています。その結果、若手医師が手術手技を見て覚えることが難しくなってきました。また新しい手術方法を考えても、実際の臨床で試すことはリスクがあります。そういった観点から遺体を用いた手術研修は非常に有用だと思います。
実際、私も国内外で同様の講習会に参加したことがありますが、学生で解剖をやっていたときに比べて得るものが非常に大きかったです。すぐに臨床にフィードバックすることが出来ますので、目に見えて研修効果が実感できます。
AdobeStock_25219002


医療の発展のために、医師に対しても広く門戸が開かれることを期待したいと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
15 2月

手術前の禁煙、ダイエットの厳守、アメリカ

こんにちは。牧野太郎です。
本日は福岡で診療です。
乳腺切除術、カウンセリングなどが有ります。
頑張ります。

先日、アメリカで手術前の患者に対する喫煙、ダイエットについての記事がありました。

Mail Online "'Smokers face breath tests before surgery: Patients will have to prove they have quit before being referred for an operation"
2017年10月17日
(くわしくはこちら
喫煙



記事によると
アメリカの120万人が登録している2つのHealth trust 健康信託(HertfordshireとHerts Valleys Clinical Commissioning Group)が肥満と喫煙患者に対して徹底した指針を発表しました。結果として今年、6800万ポンドを節約しようとしています。

肥満BMIが30をこえる肥満患者は緊急でない手術の場合は体重の10%を落とす必要があり、
喫煙:手術のために禁煙したことを証明するために呼気検査、血液中の一酸化炭素レベルをモニターする必要があります。

緊急性のある疾患に関しては例外を認めているようです。

アメリカでも健康信託が登録者にこのような要請を行ったのは初めてのことで、臨床の現場では少しやり過ぎではないかという声が上がっているようです。

Royal College of Surgeonsによると前年に実施した場合だとおよそ300万人が喫煙や肥満の影響で手術が受けられない事になっていたと報告しています。手術を延期することで患者の疼痛や不快感が長引くことが危惧されてます。

日本では国民皆保険制度などで議論されないテーマですが、予防医学を強化する上でも考えていかないといけないテーマだと思います。
 
読者の皆さま ブログをいつも読んでくれてありがとうございます。
ぜひ1日1回のクリックをお願いします。(下の「美容外科」を押して下さい。)
にほんブログ村 美容ブログ 美容外科へ
押してくれるとブログを続ける元気になります。よろしくお願いします。
ギャラリー
  • The 10th Daegu Oriental Blepharoplasty and Periocular Cosmetic Surgery Symposium, Daegu, Korea
  • The 10th Daegu Oriental Blepharoplasty and Periocular Cosmetic Surgery Symposium, Daegu, Korea
  • The 10th Daegu Oriental Blepharoplasty and Periocular Cosmetic Surgery Symposium, Daegu, Korea
  • The 10th Daegu Oriental Blepharoplasty and Periocular Cosmetic Surgery Symposium, Daegu, Korea
  • The 10th Daegu Oriental Blepharoplasty and Periocular Cosmetic Surgery Symposium, Daegu, Korea
  • The 10th Daegu Oriental Blepharoplasty and Periocular Cosmetic Surgery Symposium, Daegu, Korea
  • 医療ツーリズム 料金は安価?、アメリカ
  • チェーンクリニックの問題点、アメリカ
  • 大きめサイズのGID(性同一性障害)の乳腺切除術の患者さま 術後1.5ヶ月
最新記事(画像付)
タグ絞り込み検索
記事検索